岡山駅でしか買えないレアさが気になる。岡山弁がおしゃれにデザインされたTシャツを駅構内の自販機でゲット!

各地方で話される“方言”は、特有のイントネーションや単語が、とっても魅力的に聞こえますよね。

今回は、岡山弁にフューチャーした「OKAYAMA ACCENT T-SHIRT」をご紹介。思わず真似したくなっちゃうような、かわいい岡山弁がおしゃれにデザインされていますよ。

販売は岡山駅構内だけでおこなわれるから、これはもう現地に行くしかないかも!?

金安亮さんのかわいいイラストが描かれた、「OKAYAMA ACCENT T-SHIRT」にキュン



1度聞いたらクセになる岡山弁をデザインした「OKAYAMA ACCENT T-SHIRT」(税込3500円)は、岡山デスティネーションキャンペーンの一環として、岡山の文化を楽しんでほしいとの思いから誕生したといいます。

岡山県出身の人気イラストレーター・金安亮さんが書き下ろした、岡山弁で“かわいいね”を意味する『かうぇーらしーのぉ!』など、5つのデザインがラインナップ。

購入できるのは、岡山駅構内の『岡山市ももたろう観光センター』に配置された、自動販売機のみというレア度高めなアイテムなんですよ。気になる“クセT”を買いに、岡山まで行っちゃうのもありかも!?

どのクセTもかわいいから、どれにするか迷っちゃう!



ここでは、その他の「OKAYAMA ACCENT T-SHIRT」デザインをご紹介します。一緒に岡山弁も学んじゃお!

まず1つ目は、“帰るね”を意味する『いぬらー』デザインです。岡山弁で帰る・去るを意味する「いぬ」と「犬」を掛けた、ウィットに富んだ仕上がり。  



岡山出身のミュージシャン・藤井風さんのヒット曲にもある『なんなん』も、岡山弁だったのをご存知でしたか?

“何ですか?”という意味合いで、怒って問いかける時や、人にものを尋ねる時などマルチに役立ってくれるフレーズだそう。



“おいで”を表す『こられー』は、岡山の特産品でもあるデニムのブルーがアクセントになっています。



お団子頭の女の子と、岡山を代表する果物マスカットが描かれたTシャツには、“すごい”を意味する『でーれーな!』をデザイン。今アイテムを着て、岡山のフルーツ巡りを楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。

Tシャツはそれぞれ、ユニセックスでS/M/Lの3サイズが展開されています。

宿泊券や商品券が入った、当たり付きTシャツもあるんだって



クセTを販売する自動販売機は、キャンペーン期間7月1日(金)~9月30日(金)まで、JR岡山駅構内2階・岡山市ももたろう観光センターに配置されています。

同時に、岡山県内宿泊施設のペア宿泊券や、岡山県の特産品ショップで使える商品券が当たるキャンペーンも開催。当たりのお知らせは、クセTのパッケージ内に入っているそうなので、ワクワクしながらあけてみてくださいね!

「OKAYAMA ACCENT T-SHIRT」の詳細はこちら

https://okayama-accent-tshirt.com/

関連記事