ミルクの泡まで表現した“チャイラテの香水”って?独創的なのに身につけやすいオランダ発フレグランスが日本上陸

オランダ発のフレグランスブランド「Baruti(バルチ)」が、日本初上陸。

東京・伊勢丹新宿店 メンズ館で開催中の「サロン ド パルファン 2023 @ISETAN MEN'S」にて、10月11日(水)より先行販売がスタートしています。

チャイラテのスチームミルクの泡まで表現した「チャイ」など、革新的なのに身につけやすい香りに注目です!

オランダ発フレグランスブランド「Baruti」が日本に登場



「Baruti」は、調香師のスピロス・ドロソプロスさんによって、2015年にオランダで誕生したニッチフレグランスブランドです。

元ヒューマンバイオロジーの博士という、異色の経歴を持つスピロス・ドロソプロスさん。研究の一環で受講した香水作りの入門クラスに衝撃を受け、香水の世界に没入することを決意したそうなんです。

「Baruti」は、ギリシャ語で“火薬”という意味。“爆発的に革新的で創造的な香りでありながらも、身に着けやすい”というのが、このブランドの大きな特徴だといいます。

独創的な7種類の香り、どんなものか気になる!



「Baruti」から登場するのは、全7種類の香水(各 税込1万9800円/50ml)と、ミニディスカバリーセット。ここからは、いくつかピックアップしてご紹介します。

スピロス・ドロソプロスさんが、研究に勤しんだ博士課程の頃に出合い、最も愛する飲み物だという“チャイ”。

その香りを表現した「チャイ」は、スパイスに興味を持ち、香水で再構築することを思い立ったことで誕生したといいます。

注目ポイントは、見事に表現されたミルクの泡の香り。いつでもティータイムのように、リラックスしたムードに導いてくれそうです。



「ベルリン イエム ウィンター」は、官能的でフルーティな、まるでお酒のような香水。

ウッド、プラム、カシスの葉、ウィスキーが絶妙に調和し、暖炉のそばで過ごす居心地の良い夜を彷彿させます。



オランダの画家・フェルメールの描いた『牛乳を注ぐ女』と、オランダの田舎の風景からインスピレーションを得た、「オンダー ド リンデ」も要チェック。

ライラックとシナノキの花を主役に、手に入らない花のエキスをアロマ分子で再現したといいます。



「ティンダー」は、今は解散したデンマークのバンド「Under Byen」の、同名の曲をイメージしたのだとか。

肌寒いグリーンノートから始まり、次第に暖かいムードに包まれます。

少し夢見がちで切ないような、ノスタルジックな香りは、バンドのメンバーもお気に入りなんだそうですよ。

一つに絞れない方は「ディスカバリーセット」をチョイスして



気になる香りばかりで、一つに絞れない…という方は、「ミニディスカバリーセット」(税込6600円/2ml×7種)をゲットしてみるのがおすすめ。

Barutiの主要な7つの香水の、ミニサイズが詰まったセットです。

その日の気分に合わせて香りを選んで、いつでも纏えるようにカバンに忍ばせておくのもいいかも。

独創的な香りの世界を味わってみない?



今回ご紹介した「Baruti」の香水は、伊勢丹新宿店 メンズ館で開催中の「サロン ド パルファン 2023 @ISETAN MEN'S」にて、10月11日(水)より先行販売がスタート。

NOSE SHOP店舗とオンラインストアでは、10月25日(水)以降に発売予定です。

ぜひ独創的な表現力に満ちた、香りの世界を堪能してみてはいかがでしょう。

「サロン ド パルファン 2023 @ISETAN MEN'S」

期間:10月11日(水)~24日(火)

場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション・コスメティクス

URL:https://www.imn.jp/

NOSE SHOP 公式オンラインストア

https://noseshop.jp/

参照元:NOSE SHOP株式会社 プレスリリース

関連記事