日本風のおもちジェラートが韓国で大人気!白くて丸くてかわいい延南洞の人気デザート「ゆきもち」が気になる

近頃の韓国ブームに伴い、日本では続々と韓国風カフェがオープン。韓国で人気のチュロスが今日本で話題になっているように、実は韓国でも日本のあるスイーツが注目を集めているんです。

今回ご紹介するのは、延南洞(ヨンナムドン)にある日本風おもちジェラートのお店。次の韓国旅行の参考にしてみてくださいね。

韓国で流行中!雪見だいふく風アイス「ゆきもち」/ 韓国・延南洞



延南洞は、若者と芸術の街として知られる弘大(ホンデ)に隣接する、カフェや雑貨洋服など多くのショップが立ち並ぶエリア。

弘大入口(ホンデイック)駅の3番出口から、徒歩6分ほどの場所にあるのが「ゆきもち」です。



ゆきもちがある通り沿いには、カフェや飲食店が立ち並んでいます。そんな中でも、大人気のこのお店は行列ができることもあるんだとか。

かわいいお餅と女の子のイラスト、そしてひらがなで書かれた“ゆきもち”が目印です!

味は全部で8種類。どれを食べるか迷っちゃいそう…



看板メニューの「ゆきもち」は、日本の“雪見だいふく”のようなデザート。

お餅の中身はアイスクリームではなくジェラートなので、お馴染みの雪見だいふくとは少し違った食感なんです。



気になるフレーバーは、牛乳 / インジョルミ(きなこもち) / コーヒークッキー / いちごミルク / お茶 / ダークチョコレートチップ / ピスタチオ / 黒豆(各4500ウォン)の8種類。

この写真は7種類ですが、レジ前には売り切れの情報や全てのメニューが表示されているので、そちらで確認してみてくださいね。

目の前で出来上がるゆきもちは必見



味を選んでお会計をすると、ジェラートが入ったショーケースの横で店員さんがゆきもちを作ってくれるんです。

まずはおもちを伸ばしたら、その中へ丁寧にジェラートをイン。最後に形を整えて、舟皿に乗せたら完成です。



ゆきもちのサイズは、雪見だいふくよりひとまわり大きめ。気になるお味は、しっかりと甘さも感じられるジェラートはアイスクリームに比べて脂肪分が少ないのでさっぱり感もあり、お餅との相性が抜群です!

店内にイートインの座席などはないため、基本的にはテイクアウトで食べ歩きスタイル。お店の外にはベンチが1つあるので、空いていればそこで食べることもできますよ。

流行のおもちアイスは押さえておこっ!

韓国料理でお腹を満たした後のデザートや小腹が空いた時のおやつに、ぴったりなゆきもち。

ショッピングのついでに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ゆきもち

住所:ソウル特別市 麻浦区 東橋洞 240-1

営業時間:11:30~22:30(LO 22:00)

公式Instagram:@yuki_mochi___

関連記事