木曜ドラマ「アンサング・シンデレラ」に出演!成田凌さんがおすすめする本って?

7/16から始まる新ドラマ「アンサング・シンデレラ」に出演で話題の成田凌さん。
話題作に数々出演し、オリコンが発表した上半期ブレイク俳優ランキングに、見事3位ランクイン!そこで今回は成田さんの過去のインタビューを特別に公開!JJ世代へおすすめの一冊をご紹介します。

※インタビュー内容は、2017年3月号現在のものです。

成田凌さん

1993年11月22日生まれ。埼玉県出身。『MEN’S NON-NO』専属モデル。2014年にドラマ『FLASHBACK』で俳優デビュー。主な出演作として『逃げるは恥だが役に立つ』『キセキ-あの日のソビト-』『コード・ブルー』など。また、7/16に放送開始する『アンサング・シンデレラ』への出演が発表され話題となっています。

目次 [開く]

シェアする一冊

『ないもの、あります』

(クラウド・エヴィング商會著/ちくま文庫 ¥900)

「堪忍袋の緒」や「転ばぬ先の杖」など、よく聞くけれど見たことのない品をクラウドエディング商會が取り寄せて紹介してくれる一冊。ウィットに富んだ小噺感覚で楽しめる短編集なので、隙間時間にクスっと笑いたい人にもオススメ。イラストや装丁もおしゃれ!

「商品に周りの人を当てはめて笑いながら一緒に話したいな」

ーーこの本をオススメする理由を教えてください

発声練習で使ったりしているのですが、思わず笑っちゃう不思議な本で。“自分を上げる不思議な棚”は母親、“先輩風”は友達…って身近な人にハマるのが面白くて。この本で何時間も話せる気がするんです。テンション高くなりそうで、「ウザイ!」って言われるかもしれないけど(笑)

ーーこの本の中で欲しい商品はある?

うーん、やっぱり“助け舟”かな。そのときそのときで変わりそうな気がしますが。今は!

ーー本を買うときのポイントはある?

小さい頃から漫画を読まずに小説を読んでいたタイプ。小説を読みながらキャラをキャスティングしていくのが好きで。だから、本屋さんに行っても実写化!のPOPがある本は買わないんです。『ないもの、あります』も店主役を自分、ナレーションは小林薫さん、とか勝手に妄想してます(笑)

いかがでしたか?次回もお楽しみに♡

関連記事

今、あなたにオススメ