「白マスク」と「黒マスク」で違うメイクとコーデのポイント

白マスクと黒マスク。
両方持ってて、その日の気分やコーデによって変える人も多いのではないでしょうか。
でも、マスクの色に合わせてメイクやコーデはチェンジが必要って知ってましたか?

もしかしたら、あなたの白マスク姿は病人ぽく、黒マスクは怖く見られてるかもしれません!

意外と知らない、黒マスクと白マスクの、
メークとコーデのポイント、表参道の人気サロンの美容師さんに聞いてみました! 

ヘルシールックが叶う!
『白マスクさん』
メイクとコーデのポイント

目次 [開く]

【白マスクさんのメイクのポイント】

「白マスク」と「黒マスク」で違うメイクとコーデのポイントの1枚目の画像

白マスクさんは、どうしても病人顔に見られがち。
しかも、白は膨張色なので、顔全体に締りがなくなってしまいます。
だから、白マスクさんのメイクは、「暖色系」と「くっきり」がキーワード。

point1:眉毛とアイラインはくっきりが◎

白のマスクで顔がボワッとなるのは、アイラインと眉毛をキリッと描いて締めて!
眉毛は、いつもより山をつけて書くと、さらにキリッと見えます。
アイブロウペンシルで、輪郭を描いてから中を埋めるのがベスト。

point2:茶色より黒!

白マスクには黒のアイラインやマスカラが相性抜群。
どうしても黒がいやだ!という方は、ダークブラウンでもOK。
でも、アイブロウだけは髪の毛にあった色をチョイスしましょう。

point3:アイシャドウは暖色系を選んでヘルシー見え

どうしても、具合悪そうに見えてしまう白マスク。
オレンジやピンク系のアイシャドウで、ヘルシーにキメましょう。
チークはいつもより高めにオンして、マスクをしても隠れない位置を心がけて。

【白マスクさんのコーデのポイント】

「白マスク」と「黒マスク」で違うメイクとコーデのポイントの2枚目の画像

point1:ガーリーなコーデに相性抜群

レースやフリル、ワンピースの時は白マスクが鉄則。
逆に黒マスクをチョイスするとゴスっぽい雰囲気に。

point2:柄物、ビビットトーンには白マスクをチョイス

ビビットトーンは、黒と合わせると重くなってしまいます。
柄物も同様、既に色が沢山入っているので、黒マスクはやり過ぎ。
白マスクをチョイスして抜け感をプラス。

怖見えしない!
『黒マスクさん』
メイクとコーデのポイント

【黒マスクさんのメイクのポイント】

「白マスク」と「黒マスク」で違うメイクとコーデのポイントの3枚目の画像

黒マスクを着けるとなんだか怖い印象になってしまいますよね。
だから、黒マスクさんのメイクは、「ぼやぼや」と「キラキラ」がキーワード。

point1:眉毛とアイラインはボワッとナチュラルに

黒マスクは既に存在感がズシっとあるので、眉毛やアイラインまでクッキリだとやりすぎに。
眉毛は、眉マスカラなどで整える程度に。
アイラインもクレヨンでインラインを埋める位がベスト。

point2:ブラウンをチョイスして

黒マスク+ブラックのアイライン、マスカラだと重々しい印象に。
特に髪の毛が暗めの色の方はNG。
あえてブラウンを選んで、軽やかスタイルを目指しましょう!

point3:顔になるべく光をプラス

黒は光を吸収してしまうので、肌が疲れて見えちゃうかも。
ハイライターをティーゾーンに仕込んでツヤ肌を意識。
アイシャドウも、ゴールド系のキラキラを選ぶと◎。

【黒マスクさんコーデのポイント】

「白マスク」と「黒マスク」で違うメイクとコーデのポイントの4枚目の画像

point1:黒マスクはひたすらシンプルにまとめて

黒マスクの時は、シンプルにまとめるのがグッド。
ライトベージュのコーデや、全身白コーデに黒マスクをアクセントにすると統一感がでます。

point2:アクセサリーをオン

黒マスクは、どうしても重くなってしまいがち。
光をキャッチするアクセサリーや、メタリックなバックと合わせるとグッと可愛くなります♡

いかがでしたか?
この夏は黒マスクと白マスクで、メイクとコーデを使い分けてオシャレ上級者を目指しましょう♡

「白マスク」と「黒マスク」で違うメイクとコーデのポイントの5枚目の画像

関連記事

今、あなたにオススメ