元アイドルの現役慶応大学生が直伝!マスク前提の愛用アイメイク大公開

マスクをすることが当たり前となった今、顔の印象づくりはアイメイク命といっても過言ではありません!

そこで今回は、元STU48で現役慶応大学生の塩井日奈子さんにマスクを着用する時に実際に使っているアイメイクコスメを紹介してもらいました。

舞台映えで培ったアイテム選びは、マスクメイクでも健在です!

塩井日奈子ってどんなコ?

慶應義塾大学2年生。元STU48一期生で、現在は撮影会や広告などのモデルとして活躍中。アイドル時代に培われた女子テクからは学べることがたくさん♡インスタは!

<ポイント1>
マスク美人の決め手ははっきり眉毛

[左]セザンヌ 超細芯アイブロウ 02
[右]ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-5

「マスクをすると見えるパーツは眉と目だけなので、眉メイクはいつも以上に重要。キリッと引き締めたいので眉尻が細めに描けるセザンヌのペンシルを愛用しています。眉毛の薄い部分を足すのには定番のケイトのパウダーがお役立ち。眉をハッキリさせることで、顔の上部に視線を集められ、表情もパッと明るくなります」

<ポイント2>
瞳に馴染むブラウンカラーで自然に大きく見せる

マック アイ キット+パレット パワーハングリー

「持っているアイシャドウの中でも一番使っているパレット。瞳の色に馴染むような温かみのあるカラーが、ナチュラルに目を大きく見せてくれます。こちらのパレットはクリーミーな触り心地で目元に密着するのが崩れやすいマスクメイクにぴったり。発色もとても良いのでお気に入りです」

<ポイント3>
ポイント使いつけまつ毛でナチュ盛り

[左]ドーリーウィンク イージーラッシュNo.8 黒目強調
[右]ドーリーウィンク イージーラッシュNo.16 丸目カール

「マスカラは洗い落とすのが大変で……。そんなときは部分用つけまつ毛が便利なんです。簡単にナチュ盛りできるのに、まつ毛が下がりにくいし、マスク姿でも一日中華やかさをキープできます。」

<ポイント4>
アイドルに欠かせない涙袋で目元を明るく

[左]シャネル プードゥル ユニヴェルセル コンパクト
[中]江原道 アクアファンデーション イルミネーター IL00 ホワイト
[右]セザンヌ パールグロウハイライト 01 シャンパンベージュ

「アイドル時代からアイメイクで大切にしているのはハイライト。涙袋にハイライトを入れるだけで、一気に目力が上がるからマスクメイクにも必須です。シャネルもセザンヌも好きですが、イチ押しは江原道のハイライト。リキットでひときわ伸びと密着感がいいです」

いかがでしたか。つけまつ毛やハイライトを欠かさないところが、さすが元アイドル。ついつい怠けがちなマスクメイクですが、こちらを参考に365日目力UPを目指しましょう!

写真/塩井日奈子 取材・文/望月海帆

関連記事