「私の肌、なんか不調」って思ったらプロ直伝マスク荒れを防ぐ鉄則3つ

マスクが手放せない今。マスクでどうしてもお肌が不調になりますよね。
私も、顎や鼻の頭にニキビが絶えません……。
そんな悩める女子達のために、マスク荒れを防ぐ正しい肌ケアの3つの鉄則を、
大手ブランドのビューティーカウンターで働くMさんに聞いてみました!!

どうしてマスクは肌に悪いの?

そもそもどうしてマスクは肌荒れを招いてしまうのでしょうか。大きな理由は2つ。

①マスクの布の摩擦

マスクをしたまま会話をしたり、頻繁に外したりを繰り替えすことで布が擦れ、肌に摩擦が生じます。
それが肌への刺激となり、肌を守っているバリアのような部分、角層が剥がれてしまいます。バリアがなくなると乾燥肌になり、肌荒れの原因になります。

②湿気による雑菌

マスクの中は呼吸によって湿度が上昇。
雑菌が繁殖しやすい環境になっています。
顎の周りや口の周りにニキビができてしまうのはこのせい。

マスク荒れを防ぐ3つの鉄則

鉄則1「保湿を十分にする」

マスクをしていると、蒸れるので肌が潤っているかのような感覚に陥りますが……、実はその逆。
バリアが壊れて乾燥肌に。
マスクに覆われている部分は、しっかりと保湿をしてあげる事が大切です。
また、バリアが壊れ、肌が敏感な状態に。なるべく摩擦を起こさないように、優しくケアしてあげてください。

鉄則2「マスクを清潔に保つ」

今の時期、紙マスクはダサいから……と布マスクを使っている方も多いのではないでしょうか。
布マスクを使用している方、ちゃんと洗っていますか?
マスクの内側は湿気がたまりやすく雑菌がウジャウジャ。ちゃんと洗っていないと、ニキビの原因になってしまいます。家に帰宅するたびに、しっかりと洗ってください。

目次 [開く]

 

鉄則3「接触面積の少ないマスクを選ぶ」

マスクによる摩擦を極限まで軽減するために、接触面積の少ないマスクを選ぶのは絶対。
立体的なフォルムのマスクを選びましょう。

いかがでしたか?
この記事を参考にマスクを取っても輝く素肌をゲットしましょう!!

関連記事