春の風物詩!港一望の「フラワーガーデン2019」が横浜赤レンガ倉庫に登場

春の風物詩!港一望の「フラワーガーデン2019」が横浜赤レンガ倉庫に登場の2枚目の画像

横浜赤レンガ倉庫では2019年3⽉29⽇(金)~4⽉21⽇(⽇)の期間、「FLOWER GARDEN 2019」が開催されます。

横浜の春の風物詩とも言える「FLOWER GARDEN」は今年で13回目。
4月に開館17周年を迎える横浜倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、今年も色とりどりの草花が春を演出してくれます。

他にも写真映えするフォトスポットや花をテーマにしたカフェ&バーも併設。是非チェックしてくださいね♪

記事配信:じゃらんニュース

FLOWER GARDEN 2019
開催期間/2019年3⽉29⽇(金)~4⽉21⽇(⽇)
開催場所/横浜⾚レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク
料金/無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途)
※ライトアップ18:00~23:00

目次

「港の見えるフラワーガーデン」がテーマ

横浜港が開港160周年を迎える、今年の「FLOWER GARDEN」のテーマは「港の見えるフラワーガーデン」。約8,000もの色鮮やかな草花が赤レンガ倉庫に春の訪れを告げます。横浜港と緑を一緒に楽しんでくださいね♪

ついつい写真を撮りたくなるスポットが目白押し!

春の風物詩!港一望の「フラワーガーデン2019」が横浜赤レンガ倉庫に登場の3枚目の画像

1.フラワーエントランス
デイジーやネメシア、ハラユキカズラなど、かわいいピンクの花を使ったハート型のアーチがお出迎え!

2.トピアリーエリア
庭園は動物たちの住みかをイメージ。自然を散策している気分を味わえます。
くまやうさぎなどの動物をモチーフとした17体のトピアリーは、横浜赤レンガ倉庫開館17周年のリニューアルアニバーサリーを表現。

ティピと呼ばれるテントや動物たちのお家をイメージした建物などSNS映え間違いなしのフォトスポットも設置していますよ。
エリアの中央で芝生に寝転がったり、ベンチでゆったり草花を眺めたりできます。

3.カフェエリア(HANABAR)
食べられる花「エディブルフラワー」を使用したフードやドリンク、物販やワークショップが楽しめます。
テントはガラス張りなので天候が悪い日にも◎

4.マーガレットの丘エリア
高さ7mの大きなシンボルツリーがそびえたつ、ピンク色のマーガレットが可愛い花畑。花畑の周りにはベンチもあるのでのんびりできますよ!横浜港が目の前にあるので写真を撮るのもいいかも♪

花をモチーフにしたカフェ&バーも併設

春の風物詩!港一望の「フラワーガーデン2019」が横浜赤レンガ倉庫に登場の4枚目の画像
花満開! HANABARセット(ハナマンガイ、お花のカクテル、ミートボール) 2,000円
春の風物詩!港一望の「フラワーガーデン2019」が横浜赤レンガ倉庫に登場の5枚目の画像
お花のクッキー 1袋(2個入り) 400円

東京にお店を構える日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」が横浜赤レンガに出店。

エディブルフラワーを使用した「お花のカクテル」や、食べられる花とカオマンガイが楽しめる一品「ハナマンガイ」など“花と食”の文化が融合した、春らしい限定メニューが販売されます。

また、ドライフラワーを使ったワークショップも実施予定です♪

オリジナルツアーも!

横浜開港160周年にちなんだオリジナルツアーも開催!
歴史的な名所や観光地を巡って開港後大きく変わった横浜を感じてみたり、桜やチューリップ、バラなどを見て横浜の春を感じてみたりと、内容盛りだくさんのツアーになっています。

FLOWER GARDEN 2019 特別連動企画 『みなとヨコハマ開港160周年の基軸と色とりどりの花を巡ってみよう!』ツアー
スタート時間/9:45(それぞれ約2時間半のコースです) ※受付は9:30
定員/各コース各日先着50名
料金/各コース500円 (税込・保険料等)
申込方法/045-228-7678 (平日10:00~16:00)

Aコース 掃部山の桜を巡って
横浜の開港に貢献した大老、井伊直弼に因んだ掃部山公園は開園100周年。旧三菱造船所正門から変貌した「みなとみらい21」のウォーターフロント地区を歩きます。

実施日/4月1日(月)、4月5日(金)
コース順/JR 桜木町駅(南口改札集合)~井伊直弼像~旧三菱造船所(ドック)~JICA横浜~横浜赤レンガ倉庫解散

Bコース 横浜公園のチューリップを巡って
日本大通りはR・Hブラントンが建設し、近代道路の発祥の地。一帯はハマの官庁街で、シルク通りは、外国人商館の旧建物があったエリア。山下町の外国人居留地遺跡を散策。

実施日/4月8日(月)、4月12日(金)
コース順/JR 関内駅(南口改札集合)~旧彼我公園(横浜公園)~外国人商館跡(シルク道)~外国人居留地~横浜赤レンガ倉庫解散

Cコース 港の見える丘公園のバラを巡って
ペリー提督一行が徒歩で散策した横浜村や、ペリーが訪ねた石川徳右衛門宅をはじめ、山手居留地、外国人墓地、フランス領事館跡を巡ります。

実施日/4月15日(月)、4月19日(金)
コース順/横浜高速鉄道 元町・中華街駅(元町口改札集合)~ペリーが訪ねた石川徳右衛門宅~山手居留地~横浜赤レンガ倉庫解散

まとめ

いかがでしたか?日没後には会場全体をライトアップするので、昼間と違った幻想的な雰囲気が楽しめますよ♪

春を感じられる「FLOWER GARDEN 2019」、ぜひ足を運んでみてください!

横浜赤レンガ倉庫
住所/神奈川県横浜市中区新港1-1
アクセス/横浜高速鉄道 馬車道駅より徒歩6分
「横浜赤レンガ倉庫」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社横浜赤レンガ

※この記事は2019年3月時点での情報です

関連記事