エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の2枚目の画像

2019年3月15日(金)にオープンした「アソビル」は、「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした横浜駅みなみ東口通路直通の複合型体験エンターテインメントビルです。

横浜中央郵便局別館がリノベーションされ、屋上や地上4階~地下1階のフロアごとに、テーマの異なる様々な体験をすることが出来ますよ。

一日中遊べちゃう「アソビル」に行って、話題のスポットを体験してきました!

記事配信:じゃらんニュース

目次

さっそく「アソビル」に潜入!

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の3枚目の画像

横浜駅直結の通路から入ると、正面には大きく書かれた「ASOBUILD」の文字。

建物内もいたるところにアートが展示されていて、どこをとってもフォトジェニックです。どれも新進気鋭のアーティストの作品。見逃し厳禁ですよ!

【2階】様々なエンターテインメントが体験できる「ALE-BOX」

「うんこミュージアム YOKOHAMA」で究極の“ウンターテインメント”を堪能!

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の4枚目の画像

アソビルに来たら必ず行っておきたいのが、2階「ALE-BOX」にある「うんこミュージアム YOKOHAMA」。ネットで話題になり、「アソビル」が「うんこビル」と呼ばれてしまう程のインパクト大!

こちらのミュージアムは、2011年から「うんこ演算」や「UN高」、「うんこ名言カレンダー」などのサービスを提供している、面白法人カヤックとアソビルを運営するアカツキライブエンターテインメントの共同企画により実現したものです。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の5枚目の画像

最初に出てくるこちらのカラフルな便器たち!
座るとなんと…ぜひご自身で体験下さいね。「うんこミュージアム」の中では恥ずかしがっていてはダメですよ~!

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の6枚目の画像

さらに進んで行くと、大きなうんこが!
周りはボールプールになっているので小さなお子さんも楽しめますね。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の7枚目の画像

奥にはゲームコーナーも!他にも体験型のゲームなどもありました。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の8枚目の画像

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の9枚目の画像

もちろんインスタ映えする場所もたくさんあります。カップルで行っても楽しめそうなフォトスポットも!

「うんこミュージアム」を初めて聞いた時は「なんなんだ、それは!?」と驚きましたが、体験し終わった頃にはうんこが可愛く思えました。

ここでしか買えない!うんこグッズ
エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の10枚目の画像
うんこファイル 500円

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の11枚目の画像

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の12枚目の画像
うんこTシャツ 2800円
エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の13枚目の画像
うんこバッグ 1200円

「うんこ」がトレードマークの可愛いグッズがたくさんありましたよ。
おすすめは「うんこファイル」!!ポップな色の迷彩柄と思ったらしっかりうんこ…ツボです。

うんこミュージアム
営業時間/10:00~21:00(20:30最終入場)
営業場所/アソビル2階「ALE-BOX」
料金/【当日券】大人(中学生以上)1700円、小人(小学生)900円、小学生未満無料

キングコング西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプぺル」がVRに!

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の14枚目の画像

記憶に新しいキングコング西野さんの絵本「えんとつ町のプぺル」がVRになって「アソビル」に登場!

原作の物語やグラフィックをVRで再現した約15分間の作品になっていますよ。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の15枚目の画像
一度に24名まで体験できます!

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の16枚目の画像

VRは初体験でしたが、すっかり世界に惹き込まれてしまいました。
もともと「えんとつ町のプぺル」のファンの私は終始テンションが上がりまくりでした!

えんとつ町のプペル VR
営業時間/【月~木】11:00~20:00(19:30最終入場)
【金・土・日、祝前日】10:00~21:00(20:30最終入場)
営業場所/アソビル2階「ALE-BOX」
料金/大人(13歳以上)1400円、小人(7~12歳)700円、大人ペア2500円

【3階】ハンドメイド体験を気軽に!「MONOTORY(モノトリー)」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の17枚目の画像

3階では、20ジャンル200種類以上のハンドメイドが体験できます!

ワークショップが毎日開催されるアトリエやイベントスペース、そしてセレクトショップが集結していますよ。

レーザーカッターや3Dプリンタ、転写プリンタ、UVプリンタなどデジタルファブリケ―ションも備えられ、各ジャンルにアトリエが完備されたハンドメイド体験フロアは、日本最大級だそうです。

たくさんあるワークショップの中から気になったものをいくつかご紹介します♪

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の18枚目の画像

こちらの布と革を使ったバッグと小物の制作工房「Yokohama Red-Bear fabric & leather works」さんでは、レザークラフト体験ができます。自分で作る革製品にわくわくしますね!

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の19枚目の画像

「Smith」さんが提供するワークショップでは、ペアリングやバングルが手作りできます。

リング一本7560円(材料費、作業費込み)からと手軽な料金でありながら、鏡面仕上げのデザインやオプションで刻印などができ、かなり本格的。ぜひ体験したいワークショップの一つです。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の20枚目の画像

こちらは陶芸教室。電動ろくろを使用し、自分のオリジナルの器を作ることができます。世界に一つだけの器を作れるなんて贅沢です!

【屋上】アソビルではスポーツも!「マルチスポーツコート」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の21枚目の画像

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の22枚目の画像

屋上にはフットサル、バスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるマルチコート。

横浜出身で、元ヤクルトスワローズの投手・加藤幹典さんが代表を務める「株式会社FORMIC」が運営を担当し、コートのレンタル利用はもちろん、元プロ野球選手が教えるスポーツ教室プログラムなどが体験できるスペースになっています。

また、スポーツ選手が直接指導する「Hero’s academy 横浜」も開催されるんだとか。
将来はプロ選手を目指す子供たちのため、講師を“現役選手”もしくは“元プロ選手”に限定しているそう!貴重なチャンスですね。

次のページではグルメスポットをご紹介!>>

【1階】注目のグルメストリート「横浜駅東口 POST STREET」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の23枚目の画像

1階は「横浜が好きな人による、横浜を好きになってもらうための場所」テーマのもと、18つの飲食店が集まるグルメストリート。

話題のお店が沢山ありましたよ!

チーズ好き必見!チーズバーガー専門店「DAIGOMI BURGER」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の24枚目の画像

“チーズが主役のチーズバーガー”がコンセプトのこちらのお店は、南青山・池袋で予約のとれないチーズレストラン「DAIGOMI」による新業態のチーズバーガー専門店です。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の25枚目の画像

こちらでは、なんと追加料金で追いチーズができるんです!

とろーりとしたラクレットチーズか、パリパリの焦がしチーズチップスを選ぶことが出来ます。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の26枚目の画像
D.G.Mチーズバーガー 1674円、NYCラクレットチーズフォール864円

とにかくチーズが美味しい!
そのチーズをより引き立てているバンズには熊本・阿蘇山の天然水、国産コシヒカリ玄米粉、北海道産生乳のバター、沖縄の天日塩を使った玄米パンが使用されています。

職人が一つひとつ手作りし、酸化防止剤や乳化剤などの添加物を一切使用していない完全無添加のバンズだそうです。これだけのこだわり、チーズ好きの人が行かない理由はないですね!

DAIGOMI BURGER(ダイゴミ バーガー)
営業時間/【月~金】8:00~14:00(L.O.13:30)/17:00~21:00(L.O.20:30)
【土・日・祝】10:00~14:00(L.O.13:30)/17:00~21:00(L.O.20:30)
営業場所/アソビル1階「横浜駅東口 POST STREET」

わざわざ足を運びたくなるドーナツ店「DUMBO Doughnuts and Coffee」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の27枚目の画像

麻布十番に本店を構える人気のドーナツ店が横浜に初出店。

ホームメイドにこだわり、お店で丹念にこねられたDUMBO秘伝の生地は、もっちりとした食感。ドーナツに合わせてブレンドされた珈琲は最高の組み合わせです。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の28枚目の画像
FRAMBOISE(フランボアーズ) 378円

フランボアーズの甘酸っぱい味わいが癖になる一品。
見た目も鮮やかで、フォトジェニックです!片手で持つのが大変なほど大きなドーナツを口いっぱいに頬張って幸せなひと時を過ごせました。

「DUMBO Doughnuts and coffee(ダンボ ドーナツ アンド コーヒー)アソビル店」
営業時間/9:00~19:00
営業場所/アソビル1階「横浜駅東口 POST STREET」

横浜名物「崎陽軒 横浜駅東口シウマイBAR店」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の29枚目の画像

東京駅一番街で人気の「シウマイBAR(バル)」が、アソビルにも登場。
「冷めても美味しい」が特長の崎陽軒のシウマイを、こちらのお店では蒸したてアツアツ
で楽しめます。お仕事帰りの一杯やランチにもオススメです。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の30枚目の画像
シウマイ5種盛り合わせ(5個) 680円

昔ながらのシウマイ、特製、えび、かに、黒豚の食べ比べができるセット。
ビールにもよく合います!

崎陽軒 横浜駅東口シウマイBAR店
営業時間/【平日】11:00~23:00(L.O.22:30)アイドルタイム14:30~16:30【土】11:00~23:00(L.O.22:30)
【日・祝日】11:00~22:00(L.O.21:30)<物販>全日10:00~22:00
営業場所/アソビル1階「横浜駅東口 POST STREET」

【地下1階】おしゃれ過ぎるバーラウンジ「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の31枚目の画像

アートとテクノロジーを融合させ、「2件目として、おしゃれに利用できる場所」そして「遊びと体験をRe:designする」をコンセプトに店舗を開発された地下1階にある「PITCH CLUB」。

「スタンダードな遊びをリデザイン」をテーマにデザインされたビリヤードや、テクノロジーを融合させたアソビル独自のプロジェクションマッピングダーツなどが楽しめます。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の32枚目の画像

内装はブルックリンのバーをイメージしたそう!
広々とした店内と、個室もたくさん完備しているのでデートもちろん、たくさんの友達との2件目など、色々な場面で利用出来そうですね。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の33枚目の画像

壁には目を引くアートがあります。
アート会社「OVER ALLs」監修のもと、壁画の全てを同社トップアーティストで「ART BATTLE」日本王者でもある山本勇気さんが担当されているんだとか。

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の34枚目の画像

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の35枚目の画像

もちろんドリンクや食器にも、こだわられています。
バーでは、日本屈指のバーテンダーが監修したカクテルや横浜で作られたワインを楽しむことが出来ますよ。

まとめ

エンタメ施設「アソビル」がオープン!話題のうんこミュージアムも体験してきた【横浜】の36枚目の画像

たくさんコンテンツがあり、すべてを紹介することは出来ませんでしたが、他にも面白そうなスポットがいっぱいありました!また、5月には4階に新時代の子どものための屋内キッズパーク「PuChu!」(仮称)も登場予定です。

お仕事帰りやデート、休日の家族のお出かけなど、どんな場面でも活躍してくれそうな新感覚複合型施設「アソビル」。ぜひご自身で体験してみて下さいね!

ASOBUILD(アソビル)
住所/神奈川県横浜市西区高島2-14-9
営業時間/全館10:00~22:00(フロアによって異なります)
[RF] 7:00~23:00
[4F] 5月開業予定
[3F] 10:00~22:00
[2F] 10:00~22:00
[1F] 11:00~24:00 ※店舗により異なります。
[B1F] 18:00~00:00 ※金・土・祝前日は4:00まで
アクセス/JR 横浜駅みなみ東口通路直通、JR 横浜駅東口より徒歩2分
「ASOBUILD(アソビル)」の詳細はこちら

この記事は2019年3月時点での情報です。

関連記事