ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいこと

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの2枚目の画像

男女問わず多くの人を魅了するダイビング。近年では【ダイビング女子】といった若い女性ダイバーが話題となっていますね!

この記事は、沖縄で体験ダイビングなどのアクティビティサービスを運営するマリンサービス「むるぬーし」さんに、ダイビングの魅力から、ライセンスのこと、プロがおすすめするダイビングスポットまで取材した内容を紹介します!
「泳ぎや潜水が苦手でも平気ですか?」など、素朴な質問にも答えてもらいました!

気になる不安や疑問を解消して、今年の夏は友人やカップル、家族みんなでダイビングをはじめてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■ダイビングってどんなアクティビティ?魅力とは
■ライセンス取得はどうやって?種類、日数、費用、実習内容 など
■まずはお試し!「体験ダイビング」
■はじめてでも大丈夫?プロが答えるQ&A
■プロが教えるおすすめスポット3選!

目次

ダイビングってどんなアクティビティ?魅力とは

ダイビングはその名の通り海へdive(飛び込む)し、潜水を楽しむマリンアクティビティです。「ダイビング」という言葉のイメージとして、サンゴや色鮮やかな魚たちがおりなす光景を浮かべる人が多いのではないでしょうか。そんな素晴らしい景色はもちろん、実は他にも多くの魅力があるアクティビティなのです。

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの3枚目の画像

色とりどりの魚たちやサンゴ礁が魅せる景色は圧巻。非日常のひとときを思う存分満喫しちゃおう

嬉しい遭遇も!

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの4枚目の画像

運が良ければ思わぬところで、可愛らしいウミガメたちとの貴重な出会いがあるかも
ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの5枚目の画像

スポットによってはイルカの群れに。優しく人なつこい性格の持ち主なので、まれに一緒に泳ぐ事も!

魚たちが織りなす美しい景色や、何百年もの年月をかけ生み出されたダイナミックな水中地形を楽しみながら、生き物とのその瞬間にしかない貴重な出会いを楽しめます。場所によってはウミガメやマンタ、イルカやジンベイザメなどに出会えることも。

至福の時間でリフレッシュ

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの6枚目の画像
のんびり、ぷかぷか…。太陽が照らすあたたかな光と優しく揺れる波のリズムに心はやすらぐ

水中ではまるで宇宙に居るかのような無重力感、浮遊感を体験できます。その浮遊感は赤ちゃんがお母さんのおなかに居る時の浮遊感にも似ていると言われ、心身ともにとてもリラックスできます。

心を繋ぐアクティビティ

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの7枚目の画像
大自然の中でみんなと過ごした楽しいひとときは、かけがえない夏の思い出となるはず

ダイビングは1人で潜ることができません。自然を相手にするアクティビティであるが故に、トラブルがあった際に助け合う仲間(バディ)が必要なのです。ショップではじめて出会った人であったとしても一緒に潜り、海中でともに感動を分かちあう時間が、性別や年齢を超えた見えない絆を生み、人と人との心を繋いでくれます。

十人十色の楽しみ方

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの8枚目の画像

ダイビングを満喫する方法は無限大!自分なりの「好き」や「ワクワク」の気持ちを大切にしよう

ダイビングはスピードや精度を競い合うスポーツではありません。魚をじっくり観察したい人、水中の浮遊感を楽しみたい人、泳ぐのが好きな人、洞窟の観察や冒険をしてみたい人など、マイペースに自分なりの楽しみ方を見つけられるのもダイビングの魅力です。

楽しめる場所は国内にとどまらない!旅先での+aの楽しみに

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの9枚目の画像
ハワイやサイパン、バリ島やセブ島など、リゾート地では初心者さん向けのツアーも多数

ダイビングができるようになると普通の旅行でも遊びの幅が増えます。日本にもダイビングできるところは多くありますし、さらには日本だけでなく、世界の海で楽しめる遊びであることはとても魅力的なポイントなのです!

ライセンス取得はどうやって?種類・日数・費用・実習内容など

ライセンスにはどんな種類があるの?

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの10枚目の画像
ダイバーライセンスを取得して、毎年訪れるワクワクな夏のシーズンに楽しみを増やしちゃおう!

「ライセンス」とはダイビングに必要な資格です。ライセンスは、主にダイビングショップで取得することができます。
ライセンスには多くの種類があり、発行団体やショップによって取得できるライセンスの種類や仕組みは異なります。

日本国内では世界で通用するライセンスを主に4社で取得することができ、日本の全ダイバー人口の80%を占めていると言われています。この記事では、世界最大規模のダイビング指導団体である「PADI」で取得できる初心者の方向けのライセンスをレベル別にご紹介します!

≪初級≫
オープンウォーターダイバーライセンス(OW)

安全に潜る基本的な知識やスキル、トラブル対処法などを学ぶ。バディ単位(2名以上)を条件に、インストラクターの引率無しで水深18mまで潜水可能。体験ダイビングとは一味違った景色を楽します。

≪中級≫
アドバンスドオープンウォーターダイバーライセンス(AOW)

水深30mまで可能になり、神秘的な夜の海でのナイトダイブなども可能に。

気になる取得の方法、費用や日数は?

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの11枚目の画像

《初級》
【日数】…
3日間
【費用】… 6万円
【知識開発(学科)】…ダイビングに必要な知識習得
【限定水域トレーニング】…プールや海での基本的なスキル練習
【オープンウォータートレーニング(海洋実習)】…実際に自然の海で安全に潜るためのスキル練習

《中級》
【日数】…
2日間
【費用】… 5万円
【知識開発(学科)】…レベルが上がるうえでダイビングに必要な知識習得
【オープンウォータートレーニング(海洋実習)】…5種類のアドベンチャーダイブ

※アドベンチャーダイブとはより多くのダイビングスキルを身に着けるためのものです。5種類のうち、2種類は必須となり、残りの3種類は残り18種類から選択します。

必須の2種類はこちらです。
(1)水中ナビゲーション…コンパスナビゲーション(海中で正確に目的地へとたどり着くためのコンパスを使用したナビゲーション)、ナチュラル・ナビゲーション(自然の目標物を確認しながら移動をするナビゲーション)などを学びます。

(2)ディープ・ダイブ…ディープダイビングの魅力と安全ルール、水深18m以深の水中環境を学び、ダイビングの計画の立て方や実行のノウハウをインストラクターと共に学んでゆきます。

残り18種類には、水中でカメラの基本操作などを学ぶ「水中写真ダイブ」、何らかのストーリーを持ち海底に横たわる沈船の観察を楽しむためのノウハウを学ぶ「レック・ダイブ」など他にもさまざまな種類があります。

ライセンス取得のポイント

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの12枚目の画像

取得方法は様々ですが、身を守るための大切な資格となるので、価格の安さや日数の短さではなく、自信をもって潜れるようになるサポートの充実したショップを選ぶのが、安全にダイビングを楽しむために最も重要です。

まずはお試し!「体験ダイビング」

体験ダイビングではライセンスなしでも潜れます。インストラクターが最初から最後まで同行し、水深は比較的浅めの12m以下のところを潜ります。

耳抜きの仕方や呼吸法などの基礎的なスキルも教えてくれるので安心!はじめてダイビングをする方、ライセンスを取得してからブランクのある方にはとってもおすすめです。

はじめてでも大丈夫?プロが答えるQ&A

はじめてだから気になるあんなことやこんなこと、ずばりプロに聞いちゃいました!

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの13枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド マリンサービスむるぬーし

■Q1「水に顔を付けるのが怖いです…そんな人でもできますか?」
A:
みなさん顔を洗えないという方はいませんよね?初めてのことに不安はあるかもしれませんが、少しずつ水に慣れるようにすることで必ずできるようになります!まずはシュノーケリング(素潜り)からはじめてみるのもひとつの方法ですよ。

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの14枚目の画像
少しずつ、少しずつ…。決して一人じゃないから怖くない。気づいたらあなたも憧れのダイバー
ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの15枚目の画像
シュノーケリング(素潜り)は海底が見えるので怖さ半減。自分のペースでのんびり楽しもう

■Q2 「小さい子どもでもできますか?」
A:
8歳から体験ダイビングはできます!ですが本格なダイビングの最低年齢は10歳以上となっています。
体験ダイビングでは潜る深さは浅いものの、生き物や美しい景色はダイビング同様十分に楽しめます。子どもが大きくなった際にはご家族みんなで本格的なダイビングを楽しむのもいいかもしれませんね。

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの16枚目の画像
体験ダイビングやシュノーケリング(素潜り)にはじまり、毎年みんなでダイビングを楽しむ家族も

■Q3 「泳ぎや潜水が苦手でも平気ですか?」
A:
ダイバーの中には、昔泳ぐのが苦手だったという人が意外と多いです。実は私もその一人でした(笑) 泳げない=様々な理由がありますね。
・うまく息継ぎができないという方→ダイビングではレギュレーターという呼吸器から常に呼吸ができるので安心してください。
・バタ足ができない→フィンという尾びれのようなものを付けるので、水泳のように頑張ってバタ足しなくても少しの力で泳げます。
このようにゆっくり慣れていくことで必ずできるようになるので安心してくださいね。

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの17枚目の画像
「泳ぎが苦手だった」というダイバーは意外と多い。大切なのは「技術」ではなく「楽しむ心」

■Q4 「はじめてでもボンベなどの機材を使って呼吸ができますか?」
A:
インストラクターの指導を受ければ、問題なく呼吸することができます。口呼吸になるので、不安に感じる方もいますが、リラックスすれば自然とできるようになるので安心してください。

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの18枚目の画像
フィンやレギュレーターなどの機材の付け方も、インストラクターが細かくチェックしてくれるので大丈夫

■Q5「目が悪いのですが、眼鏡やコンタクトしたまま潜れますか?」
A:
眼鏡を付けたままはNG。コンタクトならOKですが、外れやすいハードコンタクトレンズはおすすめしませんね。ダイビング用のマスクには度入りのレンズがついたものもありますし、水中では光の屈折の関係で30%近くものが見えるようになるので、コンタクト無しでも大丈夫なことも多いんですよ。

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの19枚目の画像
他にも何か不安に感じることがあれば、ショップのインストラクターへ気軽に相談してみよう!

プロが教えるおすすめスポット3選!

(1)沖縄本島・青の洞窟

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの20枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド マリンサービスむるぬーし

那覇空港から車で約1時間の恩納村真栄田岬に位置。石灰石の成分を含む海底の砂に太陽光が反射して、幻想的なブルーに光る光景は多くの人を魅了しています。自然が織りなす神秘的な雰囲気から沖縄でNo.1のスポットとなっており、青の洞窟を組み込んだツアーやプランも多いので是非体験してみてくださいね。

青の洞窟のダイビングツアー一覧はこちら

(2)沖縄・ケラマ諸島

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの21枚目の画像
陸で見るゆっくりとした雰囲気とは異なり、優雅な泳ぎを見せるウミガメ(写真はイメージです)

近年ダイビングスポットとして話題の慶良間(ケラマ)諸島。小さな島々で構成されておりそれぞれの島が防波堤のような役割を果たすため、台風や波の影響を受けにくく一年中ダイビングが楽しめます。深い青色の海は「ケラマブルー」とも呼ばれ、その美しさに沢山のダイバーが魅了され毎年多くのダイバーが訪れます。生き物の聖地とも言われ、運が良ければクジラやウミガメに出会うことも。

ケラマ諸島のダイビングツアー一覧はこちら

(3)石垣島

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの22枚目の画像
空を飛ぶように悠々と泳ぐマンタの群れ。大きさは5mから8mにまで及ぶ(写真はイメージです)

沖縄から飛行機で南に約1時間。川平エリアではマンタに会える可能性が最も高いと言われ、そのポイントまでは港からたった10分ほど。石垣島は楽しめるスポットが豊富!小さくてかわいらしい生き物や大きな生き物を観察したい、出会いたい人、洞窟やトンネルを探索したい人など、多くのダイバーの欲求を満たす要素が詰まっているので、自分らしい楽しみ方を見つけられるかも。

石垣島のダイビングツアー一覧はこちら

【記事監修:マリンサービス 『むるぬーし』】

「沖縄での思い出は、むるぬーしのガイドと出会って一緒に海に入ったこと。そうお客様に言っていただけるよう、スタッフ全員、心を尽くします。」

ダイビング初心者向けガイド!プロに聞いた魅力やライセンス取得前に知ってほしいことの23枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド マリンサービスむるぬーし

ここでは、体験ダイビング、青の洞窟、話題のSUP(水上ボート)シュノーケリングなど、多様なプランを用意。また、カギ付き個室更衣室や温水シャワー、水着脱水機やパウダールームなど充実の無料設備も。女性スタッフが多く在籍しているので、女性目線でのサービスも充実しています。

「二度とやって来ないたった一度の体験に、ワンランク上のもてなしを」をモットーに真心のこもったサービスを提供し多くのファンを生んでいます。安全への熱意と細やかな対応から沖縄県より「安全対策優良事業者」にも認定。

マリンサービス「むるぬーし」
住所/〒904-0323 沖縄県中頭郡読谷村高志保915番地Gala青い海内
営業時間/8:00~20:00
定休日/年中無休
アクセス/
車:(1)カーナビ設定を『Gala青い海』という施設で設定(施設内にショップあり) (2)那覇から国道58号線を北上、読谷村の『伊良皆(いらみな)』の交差点を左折 (3)しばらく道なりに進むと、スーパー『タウンプラザかねひで』前の信号を左ななめの道に左折 (4)そこから車約3分で到着(『体験王国むら咲むら』隣の『Gala青い海』の施設内)
※そのほか路線バスや空港リムジンバスでもアクセス可能。詳しくはHPにて確認を
駐車場/無料(80台駐車可能)
「マリンサービスむるぬーし」の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?今年の夏は魅力あふれるダイビングを通じて家族や友人皆と思いっきり夏を満喫しませんか?

※この記事は2019年5月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事