地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の2枚目の画像

沖縄には穴場の観光スポットがまだまだある!
じゃらん観光ガイドで「空いている」「穴場」とクチコミのあった場所から、あまり知られていなくて人の少ないおすすめの穴場を地元ライターが厳選!
人混みを避けてゆっくり沖縄の雰囲気が楽しめる、“隠れた名スポット”をご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

目次

ミッションビーチ

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の3枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド ミッションビーチ

恩納村のリゾートエリアに、緑の芝生と天然の白砂が広がるプライベート感覚のビーチがある。教会の敷地内にあるミッションビーチは、澄んだ海の天然の美しさがそのまま残る貴重な場所。ダイビングや海水浴で数々の熱帯魚に出会ったり、ジェットスキーやバナナボート、水上スキーなど、楽しみ方が色々ある。
青い空と天然ビーチで知らなかった沖縄体験

\口コミ ピックアップ/
ミッションビーチは、恩納村のリゾートエリアに、緑の芝生と天然の白砂が広がるプライベート感覚のビーチです。青い空と天然ビーチで、リラックスして沖縄の海が楽しめますよ!
(行った時期:2017年9月)

毎年行ってます。入口が分かりにくいのが難点ですが、周りに住宅がなく木々に囲まれた静けさ、広い水平線、北向きなので目にも優しい、水が透き通るように透明、適度な木陰も多い、沖縄では干潮前後には干上がるビーチが多いですがここは深さがあっていつ行っても安心です。浮き輪があるといいですね。熱帯魚は例にもれずほとんど見られませんが。ここで2度ほど波打ち際で指輪を見つけました。指輪は外して泳ごうね。
(行った時期:2018年8月)

ミッションビーチ
住所/沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2005-1
「ミッションビーチ」の詳細はこちら

大度浜海岸

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の4枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 大度浜海岸

\口コミ ピックアップ/
観光客も意外と少なくて、穴場スポットかと思います。海は透明度が高くて、シュノーケリングにはぴったりですね。
(行った時期:2017年6月)

沖縄の南部のビーチです。観光客より地元っぽい方が多いです。海水浴というよりは、岩やサンゴがごつごつしてるので、シュノーケル向きの場所です。お魚もいました。
(行った時期:2018年8月)

大度浜海岸
住所/ 沖縄県糸満市大度
「大度浜海岸」の詳細はこちら

谷茶ビーチ

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の5枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 谷茶ビーチ

本島北部、国道58号線沿の穴場ビーチ。木々に隠れているので、沖縄の人間でも知らない人が多い。ホテルのビーチのようにシャワーやトイレなどの施設はないが、誰にも邪魔されずゆっくりしたいという人にはおすすめ。プライベートビーチではないのでバーべキュー等は自由だが、ゴミはきちんと持ち帰ろう。
白い砂浜と青い海を一人占めできる穴場

\口コミ ピックアップ/
さほど広くはないのですが、人も少なくてゆっくりと過ごせるのでおすすめですよ。サンセットがとても綺麗でロマンチックでした。
(行った時期:2017年7月)

白い砂浜と青い海がずーっと続いているこの感じがたまりません。まさに沖縄にやってきたという感じがして感動ものです
(行った時期:2017年8月)

谷茶ビーチ
住所/沖縄県国頭郡恩納村谷茶
「谷茶ビーチ」の詳細はこちら

ウドゥイガマ

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の6枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド ウドゥイガマ

\口コミ ピックアップ/
万座毛の駐車場から行ける場所です。知ってる人が少ないようで、穴場スポットです。そうゆう私も何度も沖縄に行っていて、初めて気づきました。
(行った時期:2017年11月)

ウドゥイガマ
住所/ 沖縄県国頭郡恩納村恩納4215
「ウドゥイガマ」の詳細はこちら

ウッパマビーチ(東村)

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の7枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド ウッパマビーチ(東村)

海岸に面する東村だが、ビーチとして泳げるのはここだけ。村民に愛され続けるウッパマビーチは、海水浴はもちろん、マリンスポーツやキャンプができる多目的ビーチ。白い砂浜が南北1kmに及ぶ、美しい光景は幻想的。ここに辿り着くまでにウージ畑(さとうきび)が見えたりと、ローカル色が濃い場所だ。
水平線が眺められる東村唯一のビーチ

\口コミ ピックアップ/
穏やかで白い砂浜が広がる、美しいビーチです。
近くに古宇利島や古宇利大橋も見えます。
特に感動したのは、地理的にビーチから夕陽と朝日の両方が見られること。
ビーチに面して建つホテル・ベルパライソに宿泊したのですが、
夕暮れ時も明け方も、刻々と色を変える空と海を眺められたのは本当に良かったです。
(行った時期:2017年7月)

どこかゆったりとした雰囲気のビーチ。
数あるビーチのなかでも、海のグラデーションが
とてもきれいです。
(行った時期:2017年7月)

ウッパマビーチ(東村)
住所/沖縄県国頭郡東村慶佐次394
「ウッパマビーチ(東村)」の詳細はこちら

屋慶名展望台

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の8枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 屋慶名展望台

海中道路を通り過ぎて平敷屋向けに車を走らせると、屋慶名海峡展望台が見えてきます。与勝半島のなかでも奥に位置しており、周りはとても静か。ちょっとした穴場的スポットです。

\口コミ ピックアップ/
海中道路と分岐する交差点よりさらに先にあるため、訪れる観光客は非常に少ないです。ただここから見る海はエメラルドグリーンでとてもきれいでした。
(行った時期:2019年1月13日)

勝連半島の中でも先端に近い方にあるため、なかなかここまで行く方はいないかもしれません。ですが、薮地島と勝連半島の間の海峡は、他では見られないきれいな海の色をしています。駐車場がないので注意が必要です。このすぐそばから薮地島に渡る橋もあります。
(行った時期:2017年1月)

屋慶名展望台
住所/沖縄県うるま市与那城屋慶名
「屋慶名展望台」の詳細はこちら

村民の浜

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の9枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 村民の浜

\口コミ ピックアップ/
オススメスポットです。
人も少なく、海も綺麗で、最高の場所です。
よく、ここで一人でゆっくりしています。
(行った時期:2018年5月)

今帰仁村総合運動公園の奥を下った先にあるビーチです。基本は地元の人が使っているビーチだと思いますので、観光で行かれる人は節度ある行動を。自分が行ったときはほぼ貸切でした。観光客のいない沖縄の海は最高です。
(行った時期:2018年4月)

村民の浜
住所/沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根
「村民の浜」の詳細はこちら

ヤンバルクイナ展望台

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の10枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド ヤンバルクイナ展望台

\口コミ ピックアップ/
茂みの中を走るかなり不安になる細い道をぬけると駐車場があり、先の階段を上がるとヤンバルクイナの形が見えます。観光客はあまりいないので穴場だと思います。冬なので少し安心でしたが、ハブに注意の看板は夏は怖いような気がします。ヤンバルクイナの中に階段があり上って行けますが、展望するには鉄格子などが入っているので、前にある木製の展望所の方が開放感があり、気分が良いと思います。
(行った時期:2019年1月25日)

ヤンバルクイナの形をした展望台で、中に入って階段を上り、景色を眺められます。眺めは最高。結構リアルな造形です(笑)
道は車一台がやっと通れる様な、細い道です。辺戸岬から見えて、森の中に佇む姿が可愛い
(行った時期:2019年1月22日)

ヤンバルクイナ展望台
住所/ 沖縄県国頭郡国頭村字辺戸
「ヤンバルクイナ展望台」の詳細はこちら

首里金城町石畳道

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の11枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 首里金城町石畳道

石畳道は1522年、尚真王代に初めて造られた。首里城の入口を起点とし、金城坂、金城橋、識名坂を経て真王橋に達し、延長340m。琉球石灰岩の平石を敷きつめ、何代もの人々の往来で、なめらかな光沢をたたえている。首里城内外の美化政策と、貿易港那覇に至る基幹道路として舗装され、和寇撃退の為にも利用されたという。現在残っている石畳は238mにわたり、約30m下った所には東西約50m、南北約15mの地域に大赤木6本、琉球榎1本の巨木が見事に繁茂し、苔むす石畳や赤瓦屋根の民家とともに、古都首里の城下町を思い起こさせる。大アカギのうち最も大きいのになると、樹齢が300年、胸高周囲5.2m、樹高13m、枝ばり17mにも達し、1972年、国の天然記念物に指定されている。

\口コミ ピックアップ/
首里城公園から道一つ・・・そんなに長い石畳ではありませんが、目立った観光客の方々も少なくゆったりと風情を楽しめました。こういうところは、行って良かった感がありますねぇ!
(行った時期:2018年11月28日)

首里城公園の南側にある石畳の道。
道沿いには、第二次世界大戦の戦火を奇跡的に逃れた石垣や赤瓦屋根の家が建ち並ぶ趣のある空間です。
ただ、結構アップダウンが激しく、首里城からは歩くと地味に距離あるので、夏場あるくときは水分補給等ご注意下さい。
疲れたら、途中の金城村屋で休憩できます。
(行った時期:2018年7月)

首里金城町石畳道
住所/ 沖縄県那覇市首里金城町2-35
「首里金城町石畳道」の詳細はこちら

壺屋やちむん通り

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の12枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 壺屋やちむん通り

壺屋は1682年に琉球王府の政策で開窯した窯場。歴史と伝統を引き継ぎながら、現在は店舗40店が販売し、20軒余りの工房が「壺屋焼」を作り続けている。古いのぼり窯の見学や工房での焼物作り体験(要問合せ)もできる。博物館も併設されていて石畳も風情がある。新垣家の窯が国指定文化財に指定された。
陶芸工房や直営店が数多く並ぶエリア

\口コミ ピックアップ/
普段使いできる素朴な美しさの焼物を探しに行ったが、個人的な感想としては、お土産屋っぽい店が多かった印象。
だが、古典的な店構えのものがあったり可愛らしい雑貨屋店があったりと、あれこれ見て回るのはとても楽しい。思いがけぬお気に入りが見つかるかも。
予想外に良かったのが景観。道に陶片が埋め込まれており、散策が面白かった。短時間でも楽しめるし、年代性別問わずオススメ。
(行った時期:2019年4月)

8月の観光客の多い時期でしたが、人も少なく、ゆっくりと焼き物を見て回れます。特に外国の観光客が少なく、静かです。
通り、エリアの建物なども昔ながらの雰囲気を残していて、ゆったりとした時間を過ごせます。通り自体も500mほどですので、疲れずに散策できることも良いですね。
(行った時期:2018年8月10日)

壺屋やちむん通り
住所/ 沖縄県那覇市壺屋
「壺屋やちむん通り」の詳細はこちら

首里金城町の大アカギ

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の13枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 首里金城町の大アカギ

首里の内金城嶽境内にある6本のアカギの大木。1972年の日本復帰と同時に国の天然記念物に指定された。いちばん大きいアカギの樹齢は約200年と推定。かつては首里城内や城外周辺にも大木が生育していたが、第二次大戦でほとんど焼失した。大木群が市街地内に見られるのは県内でもここしかない。
戦火を耐え抜いた首里金城町の神の木

\口コミ ピックアップ/
その昔、通りかかった村人が、ただならぬ雰囲気を感じて拝所を作ったということですが、確かに神聖な雰囲気のある場所です。樹齢300年の大アカギは、以前は根元まで行けたのですが、現在は手前で立ち入り禁止となっていました。でも他にも200年クラスの木が何本もあるので、真下から見上げた枝の広がりと木漏れ日の神がかった雰囲気を堪能出来ます。石畳道からちょっと横に入るだけですので、是非行ってみて下さい。
(行った時期:2017年10月6日)

年に一度神様が降りて願い事を聞いてくれる大きなアカギの木。
地域の人々にとって大事な聖域とされて来た場所だそうです。
一見は単なる森、林といった感じですが近づくにつれ厳かな雰囲気が漂います。
雨上がりのせいかよりピリチュアルな感じがしました。
ただ、マムシが出ることもあるみたいなので足元にはご注意ください。
(行った時期:2018年7月)

首里金城町の大アカギ
住所/沖縄県那覇市首里金城町3-18,20
「首里金城町の大アカギ」の詳細はこちら

福州園

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の14枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 福州園

1992年、那覇市制施行70周年と中国福州市との友好都市締結10周年を記念して建設された中国式庭園。

\口コミ ピックアップ/
琉球時代から続く素晴らしい庭園になっており、とても沖縄の魅力がつまっています。日本だけど日本じゃないような不思議な感覚ですね
(行った時期:2017年5月)

沖縄に来たのに、なんで中国?と思いましたが、那覇市と福州は姉妹都市だそうで、納得しました。なかなか見ごたえのある庭園で、よかったです。
(行った時期:2017年11月)

福州園
住所/沖縄県那覇市久米2-29
「福州園」の詳細はこちら

長間浜

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の15枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 長間浜

観光客はもちろん、地元の人にもあまり知られてない超穴場ビーチ。透明度が高くシュノーケリングなら、海中世界を満喫できる。日が沈む頃には、太陽が海に溶け出し、青い空と大海原を真っ赤な色に染め上げる。白い砂浜に混じる無数のサンゴに悠久の時間の流れを感じつつ、大自然からの贈り物に感謝しよう。
真っ白な砂に混じるサンゴが印象的な浜

\口コミ ピックアップ/
ここは景色が本当に素晴らしいところなのですが人が少なく静かなところです。プライベートビーチのような感じでした。
(行った時期:2019年5月)

ひっそりとした穴場のような場所なので面白かったです。自然でできたアーチをくぐると絶景の長間浜がみえます。
(行った時期:2019年5月)

長間浜
住所/沖縄県宮古島市下地来間
「長間浜」の詳細はこちら

伊原間海岸

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪の16枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 伊原間海岸

\口コミ ピックアップ/
平久保崎に向かう途中に通る伊原間は、石垣島で一番細いところで左右に海が見渡せます。観光客も少なくとても開放的でした。
(行った時期:2018年6月)

石垣の海岸で、とてもきれいなところです。
遠くまで見渡せるコバルトブルーの海と
青い空のコントラストがきれいです
(行った時期:2017年7月)

伊原間海岸
住所/ 沖縄県石垣市字伊原間
「伊原間海岸」の詳細はこちら

※この記事は2019年6月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※穴場スポットは、じゃらん観光ガイドのクチコミで混雑していないというコメントがあり、インターネットでのスポット名称のキーワード検索数が少なかった場所をセレクトしています

関連記事