小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめ

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの2枚目の画像

「川越に行く予定だけど、どこに行けばいいんだろう…」そんな方は多いのではないでしょうか?今回は、小江戸川越観光に来たら、ハズせない定番観光スポットやグルメ情報をご紹介!

蔵造りの町並み散策から、うなぎに甘味の名物グルメなど。これさえおさえておけば、小江戸川越観光はばっちりです。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■江戸を感じる「通り」を散策する
■小江戸川越の外せない観光スポットを巡る
■小江戸川越の名物グルメを食べる
■小江戸川越の温泉を楽しむ

目次

江戸を感じる「通り」を散策する

まずは「散策」!川越はレトロで歴史を感じられる空間がたくさんあります。そんな場所を歩きながら、まずは日本の古き良き雰囲気を肌で感じましょう!

蔵造りの町並みを散策!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの3枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 蔵造りの町並み

城下町の面影を色濃く残し、『小江戸』と呼ばれる蔵造りの町並みが特徴。川越のシンボルともなっている『時の鐘』は、寛永4年から11年(1627年から1634年)の間に建てられたものが最初だが、現在の鐘楼は1893年に起きた『川越大火』の翌年に再建されたもの。3層構造の塔で高さ約16メートル。 現在1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時) 鐘の音を響かせています。

蔵造りの町並み
住所/埼玉県川越市幸町2
「蔵造りの町並み」の詳細はこちら
※蔵造りの町並みの情報はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

菓子屋横丁を散策!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの4枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 菓子屋横丁

時の鐘の北西、元町2丁目7番付近。このあたりは昭和初期には70軒余りの菓子屋が軒を連ねていたが現在では20軒ほどが営業しています。せんべい・カルメ焼・あめ玉などの駄菓子が販売されており、懐かしい雰囲気が楽しめ、平成13年環境省主催の「かおり風景百選」に選定されました。

月曜日定休のところが多いです。

菓子屋横丁
住所/埼玉県川越市元町2丁目
「菓子屋横丁」の詳細はこちら
※菓子屋横丁の情報はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

大正浪漫夢通り商店街を散策!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの5枚目の画像
川越商工会議所/パルテノン神殿の様な重厚な雰囲気が印象的

古き良き大正時代を思わせる情緒あふれる通り。歴史の深い商店街で、毎日の買い物からこだわりの逸品、川越観光のお土産などを販売する、個性豊かなお店が軒を並べています。

この後紹介するうなぎの「小川菊」もこの商店街にあるので、そこで美味しいうなぎを堪能した後に気になるお店を覗きながら散策を。通りの終点にある大正浪漫夢通りのシンボル「川越商工会議所」で写真を撮るのがオススメ!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの6枚目の画像
昭和50年代の商店街。この懐かしい雰囲気も今に残っている
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの7枚目の画像
昭和30年代。県内でも有数の歴史ある商店街

春には子どもたちが手塗りした600匹の鯉のぼりが泳ぎ、冬にはイルミネーションが商店街を照らします。
下の写真のようなイベントが開催されているタイミングに行くのもいいですね♪

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの8枚目の画像
通りを覆い尽くさんばかりの鯉のぼりが泳ぐ(3~5月ごろ)
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの9枚目の画像
伝統ある「川越まつり」の山車も通る大正浪漫夢通り商店街
住所/埼玉県川越市仲町1番地周辺
アクセス/車:関越自動車道「川越インター」から約15分 川越市内(川越商工会議周辺)
電車:西武新宿線「本川越駅」から徒歩約10分、JR埼京線・東武東上線「川越駅」から東武バスで10分「仲町バス停」下車徒歩1分
「大正浪漫夢通り商店街」の詳細はこちら

小江戸川越の外せない観光スポットを巡る

次は川越を代表する観光スポットを3つ紹介します。川越に来たら絶対に行きたい場所を厳選しました。

時の鐘へ行く!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの10枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 時の鐘

時の鐘は、寛永4年から11年(1627年から1634年)の間に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町 (いまの幸町)に建てたものが最初といわれています。
現在の鐘楼は、明治26年(1893年)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの。 3層構造で、高さ約16メートル。創建された江戸時代の初期から、 暮らしに欠かせない「時」を告げてきた川越のシンボルです。 現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、蔵造りの町並みに 鐘の音を響かせています。
平成8年に、時の鐘は環境庁主催の「残したい“日本の音風景100選”」に選ばれました。

時の鐘
住所/埼玉県川越市幸町15-7
「時の鐘」の詳細はこちら
※時の鐘の情報はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

川越氷川神社へ行く!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの11枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 川越氷川神社

氷川神社は、川越の総鎮守として信仰される神社です。天保13年(1842年)に起工した現本殿には江戸彫りと称する精巧な彫刻が施されており、県の重要文化財に指定されています。

川越氷川神社
住所/埼玉県川越市宮下町2-11-3
「川越氷川神社」の詳細はこちら
※川越氷川神社の情報はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

喜多院へ行く!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの12枚目の画像
出典:じゃらん 観光ガイド 喜多院

川越大師喜多院は、五百羅漢や正月3日のだるま市(初大師)で広く知られています。

川越大師喜多院は、五百羅漢や正月3日のだるま市(初大師)で広く知られる。天長7(830)年、淳和天皇の勅により慈覚大師円仁により勅願所として創建された。寛永15(1638)年の火災後の再建時には、江戸城内の家光誕生の間や春日局化粧の間が、喜多院の書院、客殿として移築された。境内には他にも多くの文化財や史跡があり、多くの参拝客で賑わっている。

喜多院
住所/埼玉県川越市小仙波町1-20-1
「喜多院」の詳細はこちら
※喜多院の情報はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

小江戸川越の名物グルメを食べる

名物グルメがたくさんあるのも川越の魅力のひとつ。雰囲気のいいお店でゆっくり食べたり、食べ歩きをしたりしましょう!

小江戸蔵里

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの13枚目の画像
国の登録有形文化財に指定されている

国の登録有形文化財に指定された、明治蔵(おみやげ処)、大正蔵(まかない処/レストラン)、2018年にリニューアルオープンした昭和蔵(ききざけ処)の3つの蔵と、展示蔵(つどい処/ギャラリー)からなる施設です。

お土産も買えるし、食事もできるので、いろいろ楽しむことができます♪特におみやげ処は明治時代に建てられた蔵なので、まさに小江戸川越の歴史を感じられる場所といえます。

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの14枚目の画像
埼玉県内35蔵の日本酒が川越に一同に勢揃い
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの15枚目の画像
おみやげ処で1番おすすめの商品/小江戸蔵里限定「あまたまかりん」
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの16枚目の画像
東洋堂いもせんべい、松葉あられ、大玉やフライせんべいなど川越を代表する銘菓も話題

本川越駅から徒歩3分とすぐなので、散策した帰りにおみやげ処で川越名物のお菓子を買うのもオススメ。

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの17枚目の画像
まかない処では地産地消の食を堪能できる
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの18枚目の画像
まかない処のおすすめメニュー紅芋御膳

まかない処は22時まで開いているので、ここで夕食を楽しむのもいいですね♪

川越市産業観光館 小江戸蔵里
住所/埼玉県川越市新富町1-10-1
営業時間/
明治蔵:10:00~18:00(11月~6月)、11:00~19:00(7月~10月)
大正蔵:11:00~15:00/17:00~22:00(平日)、11:00~22:00(土日祝)
昭和蔵:11:00~19:00
展示蔵:9:00~21:30(利用状況により異なる)
定休日/なし(臨時休館日あり)
アクセス/電車:西武新宿線「本川越駅」から徒歩3分
駐車場/バス専用(2台分)※要電話予約
「小江戸蔵里」の詳細はこちら

小川菊(おがきく)でうなぎを食べる!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの19枚目の画像
落ち着いた環境で食事できる

1807年創業の歴史あるうなぎ店。江戸時代から続く伝統の味を純和風の店舗で堪能できます。

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの20枚目の画像
豊かな香りと味わいを感じられる、ボリュームたっぷりのうな重
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの21枚目の画像
うな重以外のメニューもおすすめ
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの22枚目の画像
200年もの間受け継がれてきた技でうなぎを提供

メニューに使用される「秘伝のタレ」は、創業以来一子相伝で受け継がれてきたもの。ちょっと贅沢なランチにオススメです!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの23枚目の画像
歴史を感じさせる店舗の佇まい小川菊(おがきく)
住所/埼玉県川越市仲町3-22
営業時間/11:00~14:00、16:30~19:30(L.O.19:00)※売切れ次第閉店することもあり
定休日/木曜日定休※祝祭日を除く(その他不定休あり)
アクセス/電車:西武新宿線「本川越駅」から徒歩11分
駐車場/あり
「小川菊(おがきく)」の詳細はこちら

菓匠右門 時の鐘店で饅頭を食べる!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの24枚目の画像
時の鐘の近くにあるのでわかりやすい!

川越を代表する観光スポット「時の鐘」のすぐそばにある、歴史ある菓子店。本物のかまどに取り付けた蒸し器でお饅頭を蒸しています。

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの25枚目の画像
川越名物「いも恋」。さつま芋とつぶ餡をもち粉の生地で包んだ手作りの蒸し饅頭

名物のいも恋は食べ歩きでも話題!時の鐘の前で蒸し立てを片手に、インスタ映えする写真が撮れます。お土産用のセットもおすすめで、日持ちするところも嬉しいですね。

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの26枚目の画像
内装は大正時代をほうふつとさせるレトロな雰囲気

伝統建築物に認定されていたり、江戸時代の蔵戸を再利用した扉があったりするなど、店舗外観・内観も必見です♪

菓匠右門 時の鐘店
住所/埼玉県川越市幸町1-6
営業時間/9:00~18:00
定休日/無休
アクセス/電車:西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分
駐車場/なし
「菓匠右門 時の鐘店」の詳細はこちら

甘味処 川越 あかりやで和スイーツを食べる!

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの27枚目の画像
川越観光の途中に立ち寄りたい名店

昭和13年に建った一風変わった看板建築が特徴的なあんみつ屋さん。店内は木目を基調とした落ち着いた雰囲気です。本川越駅から主な観光エリアへの途中にあるので、ちょっと甘いものが食べたいときに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの28枚目の画像
上品な見た目とこだわり抜かれた素材が魅力のあんみつ
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの29枚目の画像
地元川越の「河越抹茶」で仕立てたかき氷は夏季に話題

ところてん(寒天ではなくところてんを使っているのもこだわり!)、自家製の餡、ぎゅうひや黒みつなど、それぞれの素材に徹底的にこだわったあんみつは多くのメディアからも紹介されるほど!

自家製の煮あんずもここの特徴で、やわらかい食感とほのかな酸味があんみつによく合っています♪

甘味処 川越 あかりや
住所/埼玉県川越市新富町1-9-2
営業時間/11:00~18:30(LO18:00)※店頭販売は9:30~19:00
定休日/水曜日定休(その他不定休あり)
アクセス/電車:西武新宿線「本川越駅」から徒歩4分
駐車場/なし
「甘味処 川越 あかりや」の詳細はこちら

小江戸川越の温泉を楽しむ

実は川越には、温泉があるんです。観光で疲れた体を癒しましょう。

小さな旅 川越温泉

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの30枚目の画像
9種類のお風呂と3種類のサウナを楽しめる「川越温泉」

川越散策を楽しんだら、最後に立ち寄りたいのがここ「小さな旅 川越温泉」!温泉にゆっくり浸かって、一日歩いて疲れた体をリラックスさせましょう♪

小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの31枚目の画像
清々しい木の香りと温もりが魅力
小江戸・川越観光で絶対ハズせない、定番スポット・名物グルメまとめの32枚目の画像
信楽焼きの壺湯など様々な浴槽を楽しめる

ここの温泉は、肌がつるつるになる効果があるといわれているのも嬉しいところです!写真にあるようにいろんな湯船があるので、ゆったりと寛いでくださいね♪

小さな旅 川越温泉
住所/埼玉県川越市上野田町41-7
営業時間/平日10:00~25:00、土日祝9:00~25:00
定休日/不定休
アクセス/電車:西武新宿線「本川越駅」からかすみ野行きバス「野田町」下車、徒歩3分
駐車場/無料160台
料金/平日800円、土日祝900円※3歳~小学生は平日土日祝どちらも400円(全て税込)
「小さな旅 川越温泉」の詳細はこちら

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※この記事は2019年5月時点での情報です

関連記事