結婚が不安な人へ!結婚は人生の墓場と言われる意味・理由とは

結婚は人生の墓場という言葉はよく耳にしますよね。
しかし実際のところどうなのか、と思ったことはないですか?

ここではなぜ結婚が人生の墓場といわれるのか、その意味や理由について迫っていきます。
より実感してもらいやすいように、男性視点と女性視点に分けて見ていきます。



pixabay.com



目次 [開く]

男性視点

そもそも結婚は人生の墓場といわれるようになったのは、男性視点からです。
結婚することによって人生が終わってしまう、すなわち墓場に入るのも同然という発想が根っこにあります。

簡単に言えば、独身時代と比較して制約が多くなるためです。
男性は結婚することで得るものもある一方で、失うものもたくさんあります。

たとえば、当然のことですが、結婚すれば妻以外の女性と遊ぶのはなかなか難しくなります。
また、これまではプライベートな時間もしっかり確保できていたでしょう。

しかし、結婚をすると、家事や子育てなど家庭のことにも時間を割いていかないといけないので、自由な時間はなくなります。

さらに、自分のお金は自分の思い通りに自由に使ってきた人は多いでしょう。
しかし結婚すると、家庭にお金を入れなければならず、お小遣い制になって自由にお金が使えなくなる男性も多いのです。

結婚をすると、やりたいことにかなりの制約が伴うことに人生の終わりを意識するわけです。



女性視点

結婚は人生の墓場というのは、女性にも当てはまることといわれつつあります。
女性の場合、仕事を辞めないといけない点です。

現在では共働きの家庭も多いですが、子どもができるとそうも言っていられなくなります。
出産前後はどうしても現場を離れなければなりません。

また、子どもが幼い頃は育児にかかりきりになるので、仕事はできないでしょう。
ある程度大きくなっていよいよ復帰、と思っても子どもを預けられる場所がないかもしれません。

よく耳にする待機児童問題です。
仕事に復帰したいけれど子どもを預けることができず、結局、社会復帰できなくなるパターンは多いようです。

そのほかに、夫の家族との付き合いも関係しています。
夫の母親との関係がうまく構築できないと、結婚は墓場と感じるのも無理はないです。

また、うまくやっていけても、妻側がかなり気を使わないといけないことも考えられます。
その結果、家族付き合いでかなり神経をすり減らしてしまう人も多いようです。



【まとめ】男女ともに理由がある

Just dance/shutterstock.com

「結婚は墓場」とする理由は男性にも女性にも存在し、それぞれ別の視点による理由であることがわかります。
とはいえ、他人同士が一緒に生活を始めるのですから、生活様式や考え方は多少変えざるを得ないところはあります。
無理をしない範囲で、お互いに話し合いながらよい着地点を見つけましょう。



関連記事