自分の心理を振り返ろう!女性の「仕草」に込められた意味とは

自分の行動を振り返ってみると、もしかすると紹介する仕草を無意識に行っているかもしれません。

自らの行動を振り返る、ひとつの機会にしてみるのも良いですね。
女性行いやすい行動をピックアップしているので、当てはまる人が多いかと思います。

では、どのような仕草なのか確認してみましょう。



Dean Drobot/shutterstock.com



目次 [開く]

髪の毛を触る

髪の毛を触る行為は、1種の慰めとされています。
少し疲れているときや難しい問題を抱えていて精神的に余裕がないとき、考え事をしているときなど自然と手が伸びやすくなるのかもしれません。

無意識に髪の毛を触っていて、友人や家族などから指摘されて、初めて自分の仕草に気がついたという人もいるのではないでしょうか。

髪の長さは、ロングヘアの方が癒す効果が得られやすいとされています。
ショートヘアの人も髪を触りますが、ロングヘアの人の方が癒す効果が高いのかもしれませんね。

また、好意を寄せている異性の前でも、女性は髪の毛を触る傾向があります。
そわそわドキドキしている気持を鎮めると同時に、ヘアスタイルが乱れていないか無意識に確認しているのかもしれませんね。



口を隠す

口元を隠したり、口の近くを手で触ったりする仕草は、性別問わず見られます。
このような仕草をするときは、男女共に隠し事があり、相手に自分の秘密を知られたくないという気持ちが働いてることが多い傾向があります。

自分を守りたいと思っている際も、口元を触りやすくなります。
女性の場合は、秘密を守るなどのほかにも、口臭や歯並びを気にしていることなどが考えられます。

食事中にしゃべる場面があり、くしゃみやあくびや笑うときにもマナーを守ることを考慮して口元を手で隠す習慣がありますね。

女性が口元を手で覆うのは、秘密を守るだけでなくマナーを守るという意味も持ち合わせているのです。



脚を組む

座って脚を組むと、すぐに立ち上がれないですよね。
脚を組むという仕草は、安心している環境にいるから現れると言われています。

しかしその真逆の意味も、脚を組む仕草が表しているケースもあります。
脚を組むと、正面から向き合った際に、脚を組んだ分だけ相手との距離が開きます。

相手に対して、これ以上近寄らないでほしいという警戒心を持っているときも脚を組みやすくなるのです。

女性が置かれている生活環境によって、脚を組む意味が変わってきます。
また、脚を組むことが癖になっている人も、少なくありません。

癖になっているだけであれば、脚を組むことに大きな意味はないので、脚を組んでいる人の周囲の環境や性格面などを考慮することで脚を組む意味がわかりやすくなります。



【まとめ】自分を知って快適な環境づくりを

Dean Drobot/shutterstock.com

自分でも気づかなかった仕草と心理はありましたか?
自分が何に対してストレスを感じるのか、安心できるのかを知ることで、より快適な環境をつくりやすくなります。
また女性の友人の気持ちもわかれば、より友情が深まるはず。
普段からぜひ自分や友人の仕草に注目してみてくださいね。



関連記事