休日の過ごし方は準備が必要!休日前のNGなこととは?

休日の計画を前もって立てることは、とても大切です。
外出するときは、もちろん準備すると思いますが、自宅で休むための準備を整えることも、充実したお家時間を過ごすうえで大切ですね。

休日の前の日は、ワクワクしながら次の日の準備を整えましょう。



Valery Sidelnykov/shutterstock.com



目次

仕事を持って帰る

仕事が忙しすぎて、休日も仕事のことを考えてしまったり、仕事を持って帰ったりするのは絶対にNGです。

仕事モードをずるずると引きずってしまうと、せっかくの休日なのに気が休まりません。
しっかりとメリハリをつけてオンとオフの切り替えがうまくできると、仕事にも好影響を与えますし、心身ともに健康になって、なにより休日も充実するでしょう。

かといって、家事をしたり子育てしたり、休日といっても忙しい方もいるかもしれません。
パートナーとうまくやり繰りして「休むことも仕事」とゆとりを持って生活したいですね。



前の晩に夜更かしする

夜更かしを心置きなくするのは、休日前しかできない贅沢な時間ですね。
しかし、あまり遅い時間まで起きていると、せっかくの休日に起きたら昼過ぎという残念な結果になってしまいます。

休日の、自分のための貴重な時間が減ってしまい、すぐ夜になってしまいます。
また、体内時計が狂ってしまい、体調不良になってしまうかもしれません。

なにより「美肌は夜につくられる」のです。
よい眠りは素肌美人の絶対条件なのです。

若々しく、肌も身体も元気な自分でいたいですよね。
休日だからこそ、いつもより意識的に生活リズムを整えましょう



ノープランで休日を迎える

計画を立てるといっても、こと細かく計画を立てなくても良いでしょう。
起床時間や最低限やらなければならないこと、余った時間はどうするか?

など、大まかにプランを立ててイメージしましょう。
余った時間を楽しみにすれば、掃除などのやらなければならないことも、テキパキと片付けられますね。

あくまで計画なので、もし実行できなくても、とくに問題はありません。
もちろん実行しなければならないことも、あるかと思います。

臨機応変に対応して、充実な休日を過ごしたいですね。



【まとめ】休日を楽しむために

Doucefleur/shutterstock.com

休日前はついやり残した仕事が気になったり、夜更かしをしやすいもの。
しかし、休日の前の晩から休日はすでに始まっています。
休日を楽しむためには、休日の前から意識しておくといいのではないでしょうか。



関連記事