当てはまったら要注意!逃げ癖のある人に共通する特徴とは?

当てはまったら要注意!逃げ癖のある人に共通する特徴とは?の1枚目の画像

Roman Samborskyi/shutterstock.com

逃げ癖がある人には、共通するいくつかの特徴があります。
自分に自信を持つことができず、言い訳が多いのも特徴といえるでしょう。
また、面倒なことが嫌いでとにかく楽をしたい、と考える人も少なくありません。

あなたが今後逃げ癖を何とかしたいと考えているのなら、逃げ癖がある人の特徴も把握しておきましょう。



目次

自分に自信がない

自分にはできるはずがない、と思っているため逃げてしまいます。
周りの人はそう思っていなくても、本人の自己評価が低く、うまくいくはずがないと思い込んでいるのです。

自信を持つことができないため、物事に対して積極的になることもできません。
仕事でも自ら手をあげることができず、恋愛でも気になる異性に積極的なアプローチもできないのです。

容姿や性格などに強烈なコンプレックスを抱いていることも多く、ネガティブ思考に陥っているケースも少なくありません。
自分に自信がない人は、まずはそこから改善する必要があります。



言い訳が多い

自分に甘く、非を認めない傾向にあります。
悪いと思われたくない、嫌われたくないと思ってしまい、つい言い訳をしてしまうのです。

仕事でも、明らかに自分の失敗なのに言い訳をしてしまいます。
失敗したときにはまず謝罪から入るのが社会人として当然ですが、逃げ癖のある人はまず言い訳をしようとするのです。

もし、周りの人から「すぐに言い訳をするな!」とよくいわれるのなら、逃げ癖があるのかもしれません。
言い訳をしなくてはならないシーンもありますが、毎回そればかりだと周りの人を辟易させてしまうため、注意が必要です。



とにかく楽したい

面倒なことにはできるだけ関わりたくないと思っています。
面倒に関わってしまうと、頭を悩ませるばかりか労力が必要になることもあるため、できるだけ無関係でいたいのです。

そのため、しんどい仕事からもすぐに逃げてしまうことがあります。
体力的、精神的に疲れてしまう仕事を嫌い、周りの人に丸投げしてしまうこともあるかもしれません。

このようなことばかりしていると、当然周りの人からは疎まれてしまい、信用もなくしてしまうでしょう。
また、いつも楽なほうへ逃げようとするため、ちょっとしんどいことがあっただけでストレスになってしまいます。



自信がある時には逆に強気に

辛いことからいつも逃げてきたため、本当の辛さや苦しさなどを理解していません。
これまで、仕事や恋愛でも辛い経験をしていないため、変な自信を持っている人が多いのです。

このようなタイプは、強気になってしまい、人に対しても攻撃的になってしまうことがあります。
ちょっとしたことでイラっとしてしまい、無暗に周りの人を傷つけることもあるかもしれません。

このようなことを繰り返していると、高い確率で周りから人がいなくなってしまいます。
面倒な人と思われてしまい、誰もあなたとは関わりたくないと思ってしまうでしょう。



【まとめ】逃げ癖のある人は似たような性格に

当てはまったら要注意!逃げ癖のある人に共通する特徴とは?の2枚目の画像

sabthai/shutterstock.com

問題に直面したとき逃げる癖のある人は似たような特徴があります。
どういった性格が逃げ癖を生むのか知ることで、自分がそうならないよう未然に防ぐことができます。
もし1つでも当てはまったら要注意です!



関連記事