【感受性が強すぎてつらい人へ】自分の心を守る5つの法則とは

自分は感受性が高いと感じるなら、自分への対応方法も知るようにしましょう。
他人への愛情が深すぎて、自分を後回しにしてストレスを溜め込まない工夫が必要です。
相手を愛するだけでなく、愛されるために自分を大切にする方法もチェックしてください。



Motortion Films/shutterstock.com



目次

自分に合った距離感を身につけよう

良い面でも悪い面でも、他人の影響を受けやすいタイプです。
人との距離が近すぎると、周りの人への感情移入が強くなってしまいます。
ときには人間関係で疲れてしまうため、自分に合った距離感を身につけてみてください。

相手を思いやる気持ちが強く、他人の考えが気になってしまうはずです。
「人は人、自分は自分」だと割り切る考えに切り替えれば、相手の言葉で傷つく機会は減ります。
周りからどう思われているのか、気にならなくなるでしょう。

誰にでも寄り添える点はいい面ですが、やりすぎは自分が疲れます。
自分にマイナスとなりそうな人は、適度に距離を保つようにしてください。



ストレスを溜め込まないようにしよう

自分の気持ちを犠牲にしてまで相手に寄り添うあなたは、ストレスを溜めがちです。
普段の生活でストレス発散法を見つければ、気分の変化に対処できます。
ストレス対処法にも種類があるので、自分がスッキリする方法を見つけることです。

また自分の気持ちを相手に伝える努力も必要です。
ストレスを抱えてまで、自分の気持ちを押し殺す必要はありません。
正直な気持ちを伝えれば、相手からの信頼も獲得できます。
本当に仲良くなりたい人には、正直に伝えるようにしてみましょう。



自分に自信を持とう

相手の意見に流されて、自分に自信が持てないかもしれません。
他人と意見が食い違っても、間違いではないと知ってください。

他人を思いやる前に、まずは自分を大切にしてみてはどうでしょうか。
気持ちに余裕があるからこそ、他人を幸せにできるのです。
自分に自信を持てるよう、自分の考え方を認めてあげてください。

また自分に自信が持てるようになれば、他人の意見に簡単に流されなくなります。
意見が違っても、話し合いで解決できるでしょう。



一人の時間を確保しよう

人の気持ちがわかりすぎると、ときには疲れてしまいます。
一人の時間を大切にして、リフレッシュするようにしましょう。

感受性が高い人は、一人の時間も楽しめるはずです。
人と過ごさないと楽しめない考えは捨ててみてください。
たまには一人でカフェに入ってみるのもいいかもしれません。
一人で買い物に出かければ、好きな物を見つけて癒されます。
自分だけの時間を楽しめるようになれば、人との距離感もうまく調節できるでしょう。



「なるようになる」と割り切ろう

どんなことでも、最終的には「なるようになる」ものです。
流れに任せていれば、問題があっても解決できます。
自分が頑張らなくても、人への思いやりがあるあなたなら、誰かが助けてくれるはずです。

人間関係に疲れたら、まずは自分が元気になってください。
何も考えず、ボーっと過ごすのも癒されます。
たくさんの情報を取り入れてフリーズしてしまう前に、自分を解放してあげることです。



【まとめ】「自分の気持ち」を大切に

fizkes/shutterstock.com

人のことよりも自分のことを考えるように心がけることが、あなた自身と周りの人を大切にすることにつながります。
今回ご紹介した方法で、自分の心をラクにしてあげましょう。
感受性豊かな人はもともと人から好かれる性質があるので、あなたも周りの人たちも笑顔になれるはずです。



関連記事