周りがどんどん結婚する!女性の結婚ラッシュはいつあるの?

Nong4/shutterstock.com

10代で結婚する人もいれば、40代でも独身という女性もいます。
一生独身という女性も少なくありません。

結婚をせずに生きてきた人でも、結婚ラッシュを感じた人は多いでしょう。
思い返せば毎月のように結婚式に呼ばれていた、ということもあるはずです。

結婚ラッシュが来るタイミングは1回ではありません。
何段階かに分けられます。
女性の場合、何歳で結婚ラッシュが来るのでしょうか?



目次 [開く]

24~25歳

最初の結婚ラッシュ、「第一次結婚ラッシュ」とも呼ばれる年齢が、24~25歳頃です。
就職して仕事にも慣れ、結婚で環境が変わってもやっていけるという精神的安定感が生まれる年齢です。

学生時代から交際をしていた彼氏がいれば、結婚を考えるケースも多いです。
妊娠・出産を考えれば、適切な年齢とも言えるでしょう。

若いうちに結婚して子どもを産みたいと考える女性は、このくらいの年齢で結婚をする女性が多いです。



28~29歳

「第二次結婚ラッシュ」と呼ばれるのが、28~29歳頃。
30歳前に結婚をしておきたいと考える男女は多いため、この年齢で結婚ラッシュが起こります。

24~25歳はまだ結婚したくないと考えていた女性も、30歳を目前にすると、出産や育児のことを考えたり、20代で花嫁になっておきたいと考えたりするケースが増えます。

30歳になる前に、と焦って婚活をしたり、交際している彼氏にプロポーズをねだったりする女性も少なくありません。



34~35歳

「第三次結婚ラッシュ」と呼ばれるのが、34~35歳頃です。
仕事に専念してきた女性が、この辺で結婚をしておこうと考える年齢です。

家族などから「結婚しろ」と言われることも多く、出産のことを本気で考えるなら結婚をしておかないといけないと考える女性が多いためです。

この年齢を逃すと、一生独身の可能性もある、と焦る年齢でもあります。
結婚するか・独身でいるかを真剣に考え、結婚を決意する人も少なくありません。



【まとめ】タイミングは人それぞれ

Rawpixel.com/shutterstock.com

結婚ラッシュと呼ばれる年代を3つ紹介しました。
もしかしたら今回紹介した年代よりも早くラッシュを感じることがあるかもしれません。

結婚するタイミングは人それぞれなので、あまり気にしすぎなくていいでしょう。



関連記事