プロポーズしようかな…男性が結婚を意識しだす7つの瞬間

男性が結婚を意識した瞬間とはどんな時なのでしょうか? 女性と男性とでは結婚を意識した瞬間はちょっと…… いいえ、かなりの違いがあるようです。今回は男性にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

目次

彼女の家庭的な一面を見たとき

プロポーズしようかな…男性が結婚を意識しだす7つの瞬間の1枚目の画像

付き合っているうちに彼のためにお弁当を作ったり、手料理を披露することもあると思います。昔から「彼の心をつかむには胃袋をつかむこと」と言われていますが、それは現代でも同じこと。

手の込んだインスタ映えするような料理を作ってほしいのではなく、毎日食べても飽きないようなシンプルで健康的な味付けのもののほうが結婚後の生活を想像させてくれるので良いようです。

料理だけでなく掃除や洗濯、ちょっとした片付けなど細かなところもチェックしている男性は多い様子。普段の生活から二人の未来をポジティブに描くことができると結婚を意識するようです。


仕事の収入が安定した時

昇進したり、昇給したりすると結婚したいという意識を持つ男性が多いようです。結婚は夢や希望だけでなく現実的な問題もたくさんあります。

まずはたくさん稼ぐことで生活の安定をと考えるのです。結婚の後に出産や老後のことを想像すると一人で妻を養っていく覚悟が必要です。

いつ仕事を辞めてもいいよと言ってあげられるくらいの収入を得られたとき、具体的に結婚を意識する男性が多数います。

安定した収入を得られるということが男性の自信となってプロポーズへ踏み切るということも大いにあり得ます。


周りの友達が結婚した時

自分に近い友達や親せきが結婚したタイミングも結婚を意識する大きなきっかけとなるようです。

結婚式に出席して幸せそうな友達を見た時、また結婚する息子を見つめるその両親を見たときに「自分もいつかは両親を安心させたい」と考えるようです。

また、彼女が結婚式に一人で出席して帰ってきたときに自分も彼女を幸せにしてあげたいと感じたという男性もいます。

ネガティブに「自分はいつになるのかな」なんてプレッシャーをかけるのではなく、「友達がすごくきれいで幸せそうだった」と目を輝かせて嬉しそうに話す姿を見て、俺もしっかりしなきゃと感じたようです。


自分の両親との相性がいいと感じたら

メッセージ例文あり!気持ちが伝わる「母の日ギフト2022」おすすめ5選
メッセージ例文あり!気持ちが伝わる「母の日ギフト2022」おすすめ5選

彼女を実家に連れて行ったときや、偶然紹介するタイミングがあった時に彼女と自分の両親がとても仲良く話していたり、彼女のことを両親に褒められたりしたときに結婚を意識したという男性もいます。

別々に暮らしていても親せきとなるわけですから、結婚前から嫁姑問題勃発なんてしていたら素敵な結婚生活なんて考えられませんよね。

ましてや将来は同居になるかもしれないと責任感強く考えてる男性もいるのです。どちらにせよ両親と彼女の相性が良いに越したことはありません。

母親と奥さんの板挟みになる将来しか見えない相手とは、結婚どころかその後の交際も考え直すきっかけになるかもしれません。

彼のご両親は大好きな彼を生んで育ててくれた大切な人たちです。尊敬の気持ちをもって接することできっと彼も両親を大切にしてくれていると感じることでしょう。


一人より二人が心地よいと感じたら

一人暮らしが長い男性にとって、誰かと一緒に長い時間を過ごすのは窮屈に感じることもあるはず。でも一人でいるよりも二人でいたほうが心地よいと感じられる相手となら結婚を意識するようです。

仕事で疲れて帰ってきたときに愚痴を聞いてもらったり、嬉しいことがあった時に一緒に喜んでくれたりするのはもちろんですが、一人でいたいと思っているときにそっとしておいてくれるというのも大切なポイント。

男性はどんなに好きな相手でも一人になりたいと思うことがあるのです。そんな時間も空気を読んで上手に接してくれる相手とは自然とこれからもずっと二人でいたいと思うようです。

「二人でいても不自由ではない」ということも結婚へと踏み出す大きなポイントなのかもしれません。


価値観が同じだと感じた時

交際期間中も価値観や金銭感覚のズレは別れの原因となってしまいますが、結婚を意識するためにも同じように重要なポイントのようです。

一つのものやことに対して「高い」「安い」と感じる金銭感覚、「いけないこと」「良いこと」の判断基準、「おいしい」「まずい」の味覚、「気持ちいい」「気持ち悪い」の感覚など価値観は様々なところにあります。

全部が全部同じであることはないと思いますが、自分の感覚に近い人と一緒にいることが楽だと感じる人が多いのです。結婚後は毎日一緒に過ごすのが当たり前ですし、ちょっとした感覚のズレから大きな喧嘩に発展することもあるでしょう。

そういうすれ違いのきっかけを予防するためにも結婚は同じような価値観の人とするほうが良いと無意識に感じているのかもしれません。


具合が悪い時にそばにいてくれた時

プロポーズしようかな…男性が結婚を意識しだす7つの瞬間の3枚目の画像

一人暮らしで一番不安で心細くなるのが具合が悪い時ですよね。そんなときに彼女がそばにいてくれると結婚を意識するきっかけとなるようです。

元気な時よりも弱っているときに人の優しさが身に染みるものです。熱があってもうろうとしているときに優しい手で撫でられたら心からほっとしますよね。

かいがいしく世話を焼いてくれる彼女から母親のような母性も感じるかもしれません。回復した後に「この子がいればどんな時も大丈夫なんだ」と感じて結婚を強く意識する男性も多いようです。

関連記事