思い込みで“縁”を逃していた!? 婚活が長期化するワケとは

こんにちは! 婚活アドバイザーひろき(オオニシ)です。

カウンセリングをしているなかで、稀に "婚活のベテラン" のような人と話すことがあります。
「街コンや婚活パーティー、マッチングアプリから結婚相談所まで試してきました!」
「使ったことのないマッチングアプリは無いと思います!」

((( 活動してきました ))) という意思の強さと、その活動量……!
私が面接官だったら「そのノウハウをぜひ我が社で!」と言いたいところ。

目次

とある女性会員(46歳)

今回は「今後どうすればいいの?」という相談からご入会した、
とある女性会員さんの婚活事例をピックアップしてお話しします。

 ・会員:女性Kさん
 ・年齢:46歳
 ・活動:30代より2つの結婚相談所にて活動(退会済)
 ・希望条件:49~59歳 / 170cm~ / 年収450万円~

【関連記事】男性と女性で違う「結婚相談所」に入会するベストなタイミングとは

3週間に〇人の男性から申し込み!

プロフィール写真は、過去に使っていたものがあるとのこと。
現像写真だったので、その写真をスマホで撮って再利用!

※スタジオで撮影する際はマッチングアプリでも使えるようデータがオススメです

希望条件も摺り合わせしながら、やっとこさ始まったところ、、、
3週間で8人の男性から申し込みが!!

結婚相談所での活動としては好調な滑り出し◎

お見合いを承諾したのは〇人……!!

8人の男性のうち、
4人が希望条件に丸々該当し、
4人は身長が160cm台だったりと若干の不一致はありましたが、
どの男性も素敵で、魅力的な申し込みの数々でした。

一人ずつ男性からのメッセージと合わせて、
アピールポイント(経歴,年収etc.)を伝えたところ
お見合いの承諾に繋がったのは、
2人。

2人か~~~!

確かに、お休みをお見合いの時間に取られるのは…… という気持ちは分かります。
初対面の人と話すのはカロリー使いますしね、8人から厳選したのでしょう。

今回、承諾の人数よりも引っかかるのはその「理由」

 ・ 見た目の雰囲気というか、タイプではない
 ・エリートで私には合わないと思いました
 ・ハンサムで理想が高い感じがします。私には勿体ない

難しいよ……!
ちょうどいい顔の、ちょうどいいスペックの男性……?
そもそも、ちょうどいいって何……?(混乱)

予定していたお見合いを……

とはいえ! 2人の男性とはお見合いが決まりました。

臨んだ1人目の男性との、ホテルラウンジでのお見合い後。
女性Kさんより
「趣味も違うし興味ありません」とお断りの連絡。

「話題を振ってほしかったし全然盛り上がらなかった」とのこと……。

 □男性の趣味:運動(ジム通い)・博物館見学・エスニック料理の食べ歩き
 □女性Kさん :Netflix鑑賞・コーヒーショップ巡り

お互いの趣味を共有し合えるのでは、と考えていたのですが残念……。
次は良いご縁に繋がりますようにと、
2人目の男性とのお見合い場所/日時を調整しました。

そしてお見合い予定日の3日前、
「婚活自体がストレスだし、お見合いをキャンセルします。あと退会します」

ポジティブな "かもしれない" は大事。

女性Kさんと面談を行いましたが気持ちは変わらず、
最終的にお見合いのキャンセル料を支払い、退会しました……。

婚活を通して「パートナー探しは自分の最優先事項ではない」と気付いたそう。
入会当初も「ゆっくりのペースで(相手が)見つかればいいや」と話していました。

もしかしたら他に退会理由があったのかもしれません。

ただ私としては今でも、
退会をするにしても、2人目の男性とのお見合いはしてほしかったと思います。
今後の生活を大きく変える、貴重な出会いになる可能性もあります。

ある程度 “〇〇かもしれない” と準備することは大事です。

ただ、ネガティブな方向で
“〇〇だろう” “どうせ〇〇になる” と決めつけてしまう
のは、結果として婚活の長期化に繋がります。

フットワークを軽くして、貴重な縁を逃さないで……!

関連記事