少女時代の元メンバーも実践!飛行機内でのビューティーテク

楽しい海外旅行ですが、長時間のフライトだと機内の気圧に加えて室温管理で乾燥が気になりますよね。


そこで今回は、美容感度が高い韓国女性の機内美容テクを調べてみました。旅行や出張などで飛行機を使う機会がある方は必見です! 


少女時代の元メンバーも実践!飛行機内でのビューティーテクの2枚目の画像



目次 [開く]

フライト前にクレンジングを済ます


少女時代の元メンバーも実践!飛行機内でのビューティーテクの3枚目の画像


K-POPを代表する少女時代の元メンバー・ティファニーを始め、韓国芸能人の機内ビューティーの基本は飛行機に乗る前にクレンジングをすること。メイクを落とすことによって、肌ストレスを少しでも和らげることが出来ます。


機内でのクレンジングには、洗い流し不要のクレンジングウォーターが便利! あらかじめ、コットンにクレンジングウォーターを浸したものを準備してジップロックに入れて機内に持ち込むと便利です。


手軽なミスト化粧水で水分補給


少女時代の元メンバーも実践!飛行機内でのビューティーテクの4枚目の画像


ミストタイプの化粧水なら、肌への保湿も簡単に。顔だけでなく、洋服のえり元にも吹きかけてあげると顔周りの湿度が少し上がるので空気の乾燥対策にも◎。


洋服に吹きかける際は、あらかじめ目立たない所で試して服が変色しないかチェックしてくださいね。


水分クリームで潤いチャージ


少女時代の元メンバーも実践!飛行機内でのビューティーテクの5枚目の画像


韓国のスキンケアの定番品、「水分クリーム」。普通のクリームよりも水分量が高くみずみずしい水分クリームは、乾燥する機内の中でも潤った肌をキープするのに最適です。


長時間のフライトの時は、粘度が高く肌を保護してケアする「スリーピングマスク」もオススメです。


おやすみ時間は温熱型アイマスクを


美肌をキープするには、睡眠をしっかり摂ることが大切です。長時間のフライトでゆっくり睡眠を摂るためには、光を極力シャットアウトしてあげることが重要に。


そんな時に活躍するのがアイマスク。使い捨て型の温熱型アイマスクなら目元の疲れをほぐし、血行促進やリラックス効果が期待できますよ。



フライト中も美肌をキープするコツは、メイクを落としてしっかり保湿をすること。国際線だと液体の機内持ち込み制限もあるので、お気に入りのスキンケアアイテムはミニボトルに詰め替えて持ち込みましょう。美肌韓国人のちょっとした美容テクであなたも潤い美肌になりましょう。


ライタープロフィール


韓国美容ライター・岡添 渚


元エステティシャン。栄養士・調理師免許を持つ母の元、幼少期から『医食同源』の考えを教わる。韓国美容や東洋医学等に関心を持ち、単身渡韓。現地メディア会社でライターとして就業したのち日本に帰国。


【保有資格】


JCLA 日本化粧品検定協会 日本化粧品検定1級/日本安全食料料理協会 漢方コーディネーター/日本安全食料料理協会 薬膳調整師/大韓天然デザイン協会 ソイフラワーワックス認定講師/大韓天然デザイン協会 ソイPワックス認定講師/JSAアイシングクッキー認定講師

関連記事