「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろう

界面活性剤といえば、肌荒れの原因と思われたり、肌によくないなど悪者扱いされたりしがちなもの。

しかし、界面活性剤なくしては化粧品を作ることが難しいといわれており、私たちの生活の中では必需品でもあるのです。


今回はそんな界面活性剤に関する、正しい知識をご紹介します。


「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろうの2枚目の画像


目次

界面活性剤とは簡単にいうと“接着剤”のようなもの!


「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろうの3枚目の画像


化粧品の主な原料は、水と油です。しかし、お互いを理解し合えないことを“水と油の関係”というように、この二つは簡単には混ぜ合わせることができません。


しかし、水と仲良しの部分(親水基)と油と仲良しの部分(親油基)を持つ界面活性剤の力で混ぜ合わせることができるのです。


界面活性剤は何か特別なもののように感じますが、私たちの身近なものにも存在しています。


例えばマヨネーズ。水に近いお酢と油と卵黄でできているのですが、卵黄に含まれる“レシチン”が界面活性剤の働きをすることで、本来混ざりあわないはずの水と油を混ぜ合わせているのです。


そのほかにも、実は私たちの肌や体内にだって天然の界面活性剤は存在します。


なので、界面活性剤は決して特別なものではなく身近にありふれている物質なのです。


化粧品での界面活性剤の役割とは


「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろうの4枚目の画像


化粧品での界面活性剤の主な役割は洗浄と乳化。


界面活性剤は、石鹸やクレンジング、洗顔料など、汚れを洗い流すものに多く使われることがあるほか、クリームや乳液などをつくる際、水と油を混ぜ合わせるためにごく少量使われています。


このように、ほとんどが水と油でできている化粧品は、界面活性剤がないと作ることが難しいのです。


界面活性剤が悪者にされがちな理由


さて、本題の界面活性剤は肌に悪いのか、という問題ですが、結論から言うと界面活性剤は一概に肌に悪いとは言い切れません。


「界面活性剤」って本当に悪いもの?真の姿を知ろうの5枚目の画像


よく「界面活性剤は肌への刺激が強い」と言われていますが、界面活性剤が主成分の脱脂力の強いクレンジングや洗顔を使用すると、皮脂やNMFを取り除きすぎてしまうことがあります。その結果、乾燥へと繋がってしまうこともあるため、界面活性剤は悪と言われることがあるようです。


しかし、界面活性剤を使わずにメイクや汚れを落とすのは非常に難しいこと。石鹸だって界面活性剤の一種です。


皮脂の取り除き過ぎによる肌荒れを防ぐには、脱脂力の低いクレンジングや洗顔を選んだり、これらを肌にのせている時間を短くしたり、ダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶことで肌の潤いは守られます。


また、クリームや乳液などの乳化に使われている界面活性剤は刺激が少ないものをごく少量使っているため、肌の負担になることは考えにくいといわれています。



界面活性剤の真の姿を理解していただけましたか? 界面活性剤は化粧品には必要不可欠なのはもちろん、私たちの生活にも欠かせない存在です。そのため必要以上に悪だ! と思うのではなく、正しい知識をもって化粧品と向き合うことが大切なのではないでしょうか。


ライタープロフィール


美容ライター・剱持百香


外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。


【保有資格】

日本化粧品検定1級/化粧品成分検定1級/色彩技能パーソナルカラー検定初級

関連記事