買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめ

たくさんの名作コスメが誕生した2018年。新作が出るたびその魅力に心を奪われる筆者ですが、それでも一軍として愛用し続けているアイテムに絞り、今年の代表作といえるアイテムについて考えてみました。
今回は買って大満足したベストコスメを5位から順にご紹介します。

買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの2枚目の画像


目次

5位:なめらか、とろける! 描きやすさ抜群のペンシルアイライナー


レアフィットジェルペンシル/KATE


買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの3枚目の画像
1,100円(税抜)

ペンシルアイライナーの常識を覆すなめからな描き心地。そして、ソフトな描き味でありながら強力なラスティング力。

KATEの「レアフィットジェルペンシル」は、使いやすさを突き詰めた珠玉の一品です。
買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの4枚目の画像


肌の上にのせた途端、ジェルがとろけるような描き心地は一度使うとやみつきに。1.5mmの極細芯だから理想のラインを描くことが可能です。

ジェルならではの濃密発色がウォータープルーフ処方によって長時間持続し、夜まで目もとのフレームを美しく印象づけます。


アイライナーに求める要素のほとんどにおいて高いクオリティを実現した名作、ここにあり。


4位:色移りも怖くない! 美しい発色が続くマットリップ


ラ プティット ローブ ノワール リップ カラーインク/ゲラン


買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの5枚目の画像
3,600円(税抜)

マット全盛の2018年、実にさまざまな質感のマットリップが誕生したなか、筆者の心をつかんで離さなかったのがこちら。


ソフトな印象のパウダリーマット、重ねるほどに鮮やかさが変わるユニーク発色、カップへの色移りが気にならない色の密着力、食後も美しい口もとをキープするロングラスティング。その実力に信頼を置き、大切なシーンでいつも持ち歩いてきたリップです。

買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの6枚目の画像


L121 Stylegramは今年トレンドのブラウンレッド。一度塗りならナチュラルな血色感が出て使いやすく、重ねれば重ねるほど美人オーラ高まる口元に変化します。


塗り方で印象がガラリと変わるので、1本でさまざまなメイクパターンを楽しめますよ。


3位:健やかな肌へと導く栄養豊富な保湿クリーム


メディコル スキンリピッド 15/33 II/メディコル


買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの7枚目の画像
30g 5,400円(税抜)

乾燥肌の筆者にとって、クリームは必需品。長時間うるおいが続く高保湿クリームを探し求めてたどり着いたのが、「メディコル スキンリピッド 15/33 II」です。


バリア機能の中心を担う皮脂と細胞間脂質(ラメラ)を補ってくれるから、厳しい乾燥の日でもうるおいを逃さずなめらかな肌をキープ。

敏感肌向けにつくられているので、肌がゆらぎがちな日でも使いやすいのも魅力です。


最初は驚くほど固いテクスチャーですが、手や指でこすりあわせて温めてから使うと肌に負担をかけることなく塗りのばせますよ。


2位:しっとり濃密! 洗練アイをかなえるマットアイシャドウ


シングルアイシャドー/NARS


買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの8枚目の画像
1.1g 2,500円(税抜)

驚くほど濃密な発色を実現した新時代を感じさせるアイシャドウ。マットタイプはバターのようになめらかな質感が心地よく、インパクトの強い発色で魅了します。
買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの9枚目の画像


筆者が愛用しているのは、2色のブラウン。黄みの強い5313 TULUMと赤みの強い5314 NOUMEAです。


5313をアイホールに、5314を締め色にしてメイクをすると、洗練された目もとを簡単に実現。2018年らしい垢抜け感のあるアイメイクが楽しめます。


1位:みずみずしい肌へ! 使い心地に優れたとろみ系ローション


オルビスユー ローション/オルビス


買って大満足の名品のみ厳選! プロが選んだ2018年ベストコスメまとめの10枚目の画像
180ml 2,700円(税抜)

筆者が今年もっとも感動したのは、新たにリニューアルした「オルビスユー ローション」です。前作もとろみ感のあるテクスチャーと保湿力を好んで愛用していましたが、リニューアル後はさらに進化。手の上では強いとろみを感じますが、肌にのせると弾けるようなみずみずしい質感に。

角層に染み渡るような感触がとても心地よい化粧水です。


理想的な使用感を叶えただけでなく、保湿力も抜群。化粧水だけでお手入れを終えたくなるほどしっとりします。

デパコスに勝るほどハイスペックな実力を備えながらも、3,000円以下で買えるコストパフォーマンスの高さも見逃せません。スキンケアの時間が楽しくなる、肌も心も満たされるアイテムです。



仕事柄たくさんのアイテムを試す筆者にとって、ベストコスメを決めるのは簡単ではありません。
厳選したうえで使えば使うほど好きになるアイテムをセレクトしたので、気になるものがある方はぜひ試してみてくださいね。


※価格は全て編集部調べ


ライタープロフィール


美容ライター・古賀令奈


ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。


保有資格


日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ

関連記事