夏までにどうにかしたい!背中・胸元の肌荒れの原因と対策

もうすぐ薄着の季節。露出が増えてくると気になるのが、胸元や背中のざらつきやニキビですよね。お肌のターンオーバー(生まれ変わりの周期)は顔よりも体のほうが遅いので、体の肌荒れは治りが遅く、ずっと同じところにニキビがある……なんてことも。

今回は、胸元や背中にできるニキビの原因と対策をご紹介します。


夏までにどうにかしたい!背中・胸元の肌荒れの原因と対策の2枚目の画像



目次 [開く]

背中や胸元のざらつきやニキビの原因は?


実は体もお顔も、ニキビができるメカニズム自体は一緒なんです。直接的な原因としては、ホルモンバランスの乱れなどによって皮脂が過剰分泌したり、ターンオーバーの乱れや古い角質、化粧品などの汚れで毛穴がふさがって皮脂が外に出にくくなることで、ニキビに発展していきます。


乾燥などで角質が不健全になりざらつくこともありますが、ニキビのできる方のざらつきの多くが毛穴のつまりからできる「コメド」というニキビの芯で、皮脂と角質が混ざったものです。



ざらつきの場合の対策


夏までにどうにかしたい!背中・胸元の肌荒れの原因と対策の3枚目の画像

ざらつきもニキビの一種といえますが、まだまだ初期の段階なので比較的簡単によくなることも。

お顔用の角質ケアや酵素洗顔などを丁寧にして、お風呂上がりに抗酸化作用のある化粧水などを使って保湿してあげます。これだけでも続けるとざらつきが治ることがほとんどです。



ニキビの場合の対策


赤く炎症を起こしたニキビの場合は、よくなるのに少し時間がかかります。

できればお顔用の洗顔料をよく泡だててくるくると優しく丁寧に洗い、そしてよくすすぐこと。

シャンプーやトリートメント剤、ボディーソープのすすぎ残しでニキビになる場合や、シャンプー剤等が肌に合わなくてニキビができる場合もあるので、思い当たる方は思いきって製品を変えてみてください。


夏までにどうにかしたい!背中・胸元の肌荒れの原因と対策の4枚目の画像


お風呂上がりは、化粧水で保湿も忘れずに。炎症ニキビの場合は、鎮静・消炎作用のある化粧水をつけるのがベストです。また、身体が冷えていると毛穴がふさがりやすくなるので、湯船で温まって冷え対策をするのも重要です。



そのほかに気をつけたいこと


ゴシゴシ洗いやタオルで拭き取るときの刺激、下着などの摩擦などはできるだけ避けましょう。下着やインナーはなるべく化学繊維ではなく綿などの通気性の良いもの、体を締めつけないサイズ感のものを選ぶのがベスト。


夏までにどうにかしたい!背中・胸元の肌荒れの原因と対策の5枚目の画像

また、柔軟剤や除菌・消臭スプレーなどの化学物質が衣類や体につく機会は減らしたほうが、肌荒れのリスクを軽減できます。


さらにお顔のニキビ対策と同じく、バランスのとれた食生活と規則正しい生活を心がけましょう。とくに寝不足は、肝臓の機能低下によるニキビにつながったり、皮脂分泌の増加やターンオーバーの乱れから毛穴がふさがりやすくなるのでご注意を。




お顔ほどしっかりとケアをするのが難しい、体のニキビ。しかし日々の習慣やスキンケアなどに手間をかけてあげることで改善することも多いので、ぜひ今回の記事を参考にできるところからやってみてくださいね。



ライタープロフィール


美容家・永松 麻美


美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。


【保有資格】


CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

関連記事

今、あなたにオススメ