【超難問】「烏焉魯魚」←読める?意味は”文字の書き誤り”のこと!

今回ご紹介する難読漢字は、【烏焉魯魚】です。

…読めるでしょうか?
それぞれの漢字の読みを知っていれば、実はそのまま読み繋げるだけ。

この漢字の読み方、そして意味は果たして何でしょうか…?



目次

(1)【烏焉魯魚】の読み方


【超難問】「烏焉魯魚」←読める?意味は”文字の書き誤り”のこと!の1枚目の画像

【烏焉魯魚】は、ずばり【うえんろぎょ】と読みます!

スムーズに読めましたか?

烏焉魯魚とは、いったいどのような意味を持つのでしょう。



(2)【烏焉魯魚】の意味



烏焉魯魚は、文字の書き誤りのことです。

「烏(からす)」や「魚(さかな)」といった字から生き物を想像した方がいるかもしれませんが、実は四字熟語の一つなんです。



(3)【烏焉魯魚】の語源



烏焉魯魚の語源は字の形が似ていることから、書き間違いしやすい字を並べた四字熟語。
そもそも漢字には「形・音・義」の三要素がありますが、その中の「形(字形)」に注目して注意喚起のためにできた四字熟語というわけですね。

確かに「烏」と「焉」、「魯」と「魚」が似た形をしていますね。




(4)【烏焉魯魚】に似た四字熟語はある?



烏焉魯魚に似た四字熟語として、【魯魚亥豕(ろぎょがいし)】や【魯魚章草(ろぎょしそう)】、【魯魚陶陰(ろぎょとういん)】があります。

それぞれ「亥豕」、「章草」、「陶陰」が似た形をしているということです。

今回はあくまで字の形が似ていることに特化した熟語なので、「陶」と「陰」など二つの字が持つ意味はまったくの別物です。
ややこしいですが、勘違いしないようご注意ください。

知らなければ読めませんし、ましてや意味を知る機会もめったにありません。
漢字はとても奥が深いですね。


今回は【烏焉魯魚】の読み方とともに、その語源や似た四字熟語を深堀しました!
お友達にクイズを出す際は、語源も添えて教えてあげるとより楽しめますね♪

次回の難読漢字もお楽しみに。

(libae編集部)

関連記事