コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエ

目次

■1F『WELCOMEルーム』



コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの1枚目の画像


江戸時代以前から景勝地として有名だった大田区山王。銭谷さんと松永さんの事務所〔タンデムファクトリー〕がある高台の地区は、文学者や多くの著名人が住む邸宅地として発展し、古くからの屋敷が立ち並ぶ、緑に包まれた閑静な住宅街です。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの2枚目の画像


クラシカルな佇まいに赤いギャンブレル屋根がとてもかわいい築35年のテラスハウス。ここはもともとドイツ人が設計した、ふたりは今年の8月にここを借り、自分たちでDIYし、事務所と自宅にしました。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの3枚目の画像


コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの4枚目の画像


玄関のドアを開けると、白い塗り壁を基調に木の色をプラスした、明るさと温もりを感じる空間が広がります。

ふたりはDIYをするにあたり、友人の空間コーディネーター・寺田陽香さんに企画から施工を手伝ってもらったのだそうです。

「自分たちで手を加えて、ここを自分たちの価値観を表すものにしたいなと思いました。お客さんが来たときに、自分たちのことを、空間として全身で伝えることができたらいいなと。DIYというと、自分たちでゼロからすべてを行うというイメージが強いかもしれませんが、寺田さんに協力してもらい第三者の視点を入れ、私たちの暮らしたい姿や生きたい姿を引き出してくれました」(銭谷さん)

「寺田さんに自分たちの価値観を客観的に見てもらうことができて良かったです。自分たちにカスタマイズされた住まいがあるということは、これから先、仕事においても生活においても、いい暮らしができるのではないかと思っています」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの5枚目の画像


こちらは1F・ウェルカムルーム。家の形をしたモニュメントが目を引きます。

「B1と1Fを事務所に、2Fと3Fをプライベート空間にすることにしました。そしてこの1Fは、自分たちの価値観が伝わる象徴的な場所にしました。このモニュメントは、私たちのビジョンを表しています。ゼロから1をつくり出す。“人生を良くする価値”をゼロから生み出すことの象徴です。タンデムファクトリーにいらした方を、家のスケルトンモニュメントがお迎えします」(銭谷さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの6枚目の画像


銭谷さんと松永さんは現在、このタンデムファクトリーで、それぞれの得意技である“ことば”と“デザイン技術”を活かし、企業のブランディングや商品・サービス開発の戦略からアウトプットまで、幅広い分野で活動をしています。ここ、ウェルカムルームには、そんなふたりがこれまでにつくった数々のプロダクトが並べられています。

もともとふたりは電通(広告代理店)出身。銭谷さんは8年間、松永さんは7年間、クリエイティブ・プランニング局に籍を置き、銭谷さんはコピーライター、松永さんはアートディレクターとして、多くのミッションを抱え、ふたりで組んでよく仕事をしていたそうです。

「新しいクリエイティブを開拓するという部署にいたので、チャレンジも多く、やりがいも感じていました。その一方で、広告領域以外で、ことばの力を活かして何かをつくりだしてみたいと思うようになりました。それと、自分たちの人生をよくするためのものづくりをしていくことに可能性を感じていました。ものづくりをする上で、自分たちの人生をコンテンツするとか、人生から価値を発見して変換していくことがいちばん良いなと思って。それで、1つの会社に属して動くより、複数の主体をもちながら働くと新しい変化がありそうな気がして、ふたりで独立をしました」(銭谷さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの7枚目の画像


会社では、夫婦がそろって辞めるのは初めてのことで、周囲からは「どうして辞めるの?」「ふたりで辞めなくても良いのでは?」という声もあったそう。松永さんは、ふたりで辞めることに多少の不安はあったけれど、それ以上に、これから始める自分たちの仕事に強い興味がわいていたそうです。

「広告代理店では、クリエイティビティな力でもって、クライアントの課題解決をすることが主な仕事でした。やりがいのある仕事ではあったのですが、自分たちの人生のために、この課題解決力を使ってみたいと思いました。自分たちの人生を起点にした“人生発想のものづくり”です。それは例えば、どういうものがあったら、自分たちがより幸せになれるのかという発想でものづくりをすることです。その延長線上に、多く人の人生を豊かにするアウトプットがあるのではないかと感じています。自分たちの暮らしを大切に、ものづくりを通して人生をよくすることに向き合っていきたいと思ったのです」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの8枚目の画像


写真・左の書籍は、2017年4月に発売した『松永家のこどものことばアルバム』。新しい子育て文化を広げたいという思いからふたりで立ち上げたプロジェクトの中から生まれたものの1つだそうです。

「私の母は15年間、私たち兄弟のことばをノートに書き留めていました。それを私が中学生になったときにそのノートをプレゼントしてくれました。ことばのひとつ1つを読んでいくと、忘れていた小さい頃の記憶が蘇るという経験をしました。私がその時々に感じたことを、私の主語で切り取られているので、写真とは違った力があるんだなあと思いました。それで、日常の子どものことばを書き留めておくような文化があればいいなと考え、この本をつくりました」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの9枚目の画像


ふたりのプロダクトを並べているこの棚は、こちらに越してくる前から使っていたものを利用。展示台になるよう、天板を取り付けたそうです。天板は、廃材を磨き、白く塗装しています。

「ここをつくるにあたっては、DIYのコツを教えてもらいながら、自分たちでできることは自分たちで行いました。人生で初めて電動ヤスリをかけ、装飾もみんなでやり、3日間で完成しました。難しいところはプロにお任せしましたが、自分たちもつくることに参加することで、愛着がより高まるんだなあと思いました」(銭谷さん)

「インテリアについては、いい空間であったらいいなあという感じで、寺田さんには『ちょっとだけスタイリッシュにしてもらえますか』とお伝えしました。かっこいい空間をつくって、背伸びする、みたいなのは、私たちの思う、人生をよくすることとは違うかなって。なので、私たち相応なものにしています」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの10枚目の画像


家のモニュメントは、釘が表に出ないように繋ぎ合わせる部分に苦心したそうです。

「築35年なので、古い箇所もたくさんあります。でも、こうして自分たちでつくったことで、そこさえも愛せるようになりました。ここに来る前は新築のマンションに住んでいましたが、いまの方が愛着を感じています。新築マンションの価格が高騰しているなかで、古い物件を安く手に入れて、自分たちで手を入れて暮らすというのは、有効な手段かなと思います」(銭谷さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの11枚目の画像


お客さまを迎える家のモニュメント。ふたりで時々ここに座り、何を話すでもなく、過ごすこともあるそうです。

「私たちの“象徴”であるモニュメントなので、ブレそうになったとき、これを目にすることで原点に立ち返ることができます。ふたりの文化や価値観を表すものを1つ、つくっておくと、ケンカしたときなどに、ふたりの価値観に戻れる“聖地”のような場所になって良いなあと感じています。ふたりがなぜ夫婦、あるいは家族という関係を続けるのかという理由を言語化して具現化するというのは、関係を持続させ、向上させていく上で有効的だと思います」(銭谷さん)

ここは、ふたりにとって、自分たちの生きたい姿を思い出させてくれる場所でもあるようです。

■B1F『ミーティングルーム+ガーデン』



コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの12枚目の画像


1Fのウェルカムルームを奥へ進み、階段を降りたところがB1Fです。手前にキッチン、奥にふたりのワークスペースがあります。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの13枚目の画像


「半地下のようなかたちなのですが、ここがB1Fで、私たちが仕事をする場所です。お客さんとの打ち合わせをここですることもあります」(銭谷さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの14枚目の画像


大きな窓からはやわらかな陽の光が差し込みます。窓の外には庭があります。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの15枚目の画像


越してきた時は一面、雑草だった庭をふたりで畑にしました。畑では今、大根、水菜、春菊を育てているそうです。

「土いじりはいいですね。ちょっと疲れたなと感じたら、すぐに畑いじりをします。何も考えずに、ふたりで土を触って無心になります。考える仕事ほど、考えない場所をつくることは大切ですね。ゼロから何かを生み出したい人には、思考をゼロにできる“ゼロプレイス”をつくることが大きな力になると感じています」(銭谷さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの16枚目の画像


「土いじりって、本当にリフレッシュになるんだなあという発見がありました。私は、朝起きてから寝るまでの1日の中で、途中に家事を挟んだり、土いじりを挟んだり、いろんなリフレッシュをちょこちょこと挟みながら、仕事に向かう時間を持続させています」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの17枚目の画像


ここワークスペースでは、思い思いの場所でパソコンを広げ、作業をします。モニターやプリンター、スキャナーなどを置いている台も、以前に使っていた机を利用し、天板をのせて作ったそうです。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの18枚目の画像


プライベートな空間のキッチンと、ワークスペースを分けるために木の柵で目隠しをしました。

「完全にカチッとは分けませんでした。それとなく、分ける感じです。物が出ているのは好きではないので、できるだけものを収納するようにしました」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの19枚目の画像


広々としたキッチン。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの20枚目の画像


廃材を利用して電子レンジとトースターを置く棚板に。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの21枚目の画像


外国の方が設計した家だけあって、日本の建築様式ではあまり見ることのないデザインが随所に見られます。

■2F・3F 『暮らしの空間』



コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの22枚目の画像


2Fへあがると、そこはふたりのプライベート空間です。寝室、お風呂、洗面所があり、さらにもう1つ階段をあがると、3Fに畳の敷かれた和室があります。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの23枚目の画像


2F(寝室)の隣、アコーディオンカーテンの向こうがお風呂、洗面所、トイレです。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの24枚目の画像


6畳ほどの和室。ここはテーブルのみを置き、シンプルな空間にしています。

「以前は、ここで絵を描いたりしていたのですが、いまは本当に、一人きりになって、リセットしたいときに来ています。押し入れに大量の本をしまっているので、たまにチラチラと眺めたりして」(松永さん)

「オンとオフの切り替えは、自然にやっていますが、畑、事務所、寝室、和室と、ゆるやかにフロアが分かれているので、それが切り替えスイッチになって良いのかもしれないですね」(銭谷さん)

生きることとつくることを融合させた銭谷さんと松永さんの「タンデムファクトリー」。

ふたりはここで、毎日を楽しく暮らしたいという共通の想いを胸に、どのような未来を思い描いているのでしょう。

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの25枚目の画像


「クライアントワークでも、theTandemの自分たちの事業でも、毎日を楽しくするような、人生をよくする商品やサービスをゼロからつくりたいというのがあります。自分たちが、何もしなくても稼ぎ続ける、人生発想のブランドがあるといいなと思っていて。そこをつくっていきたいと考えています。」(銭谷さん)

「私は、イラストレーターになりたいと思っていた頃があって、今、またイラストに興味を持ち始めているので、イラストやマンガを描くことを増やしたい。もう少しそこを伸ばしてみたいなと思っています。それと、自分たち独自のブランドをつくるというところを、完全にできているわけではないので、やりきりたいですね。多くの人を幸せにしたり、人生が豊かになるような、そんなプロダクトを作ってみたいです」(松永さん)

コピーライター・銭谷 侑さん&アートディレクター・松永ひろのさん夫婦の「生きる」と「つくる」を融合させた自宅アトリエの26枚目の画像


【Profile】

theTandem

コピーライター・銭谷侑とアートディレクター・松永ひろの、夫婦で経営する事業デザインファーム。2017年に夫婦で電通を退社し、4月に創業。「人生を良くする」をテーマに、商品・サービス・企業のブランド開発などを行う。国内外のクリエイティブアワードの受賞歴多数。

公式サイト
http://the-tandem.com

公式ブログ
http://kengai-copywriter.com/

●写真・文/忍章子

関連記事