おうち時間に心安らぐルームウェアを。4月20日より「日本の伝統色」3色をモチーフにしたシルクパジャマを新発売



昨今の新型コロナウィルスの感染拡大に伴う外出自粛・緊急事態宣言により、意図せず増え続ける「おうち時間」。

3/25、当社社員のtwitterにて「おうち時間、何を着て1日を過ごしているか」をアンケートを募ったところ、94票のうち41%の方が、パジャマのまま過ごしていると回答しました。



その瞬間を少しでも快適に過ごしたいという需要が高まっていると感じ、FooTokyoが今できることを考えた結果、「何もしない時間こそが最上の幸せ」というブランドメッセージを、商品を通じて体験いただくことだと考えました。

そこで、昨年より数十回のプロトタイプを重ねて製作し、当初は5月中旬発売を予定していた2020年新作シルクパジャマの新作を少しでも早くお届けしたいと思い、急遽前倒しにしてお届けすることにしました。

着用モデルの撮影スケジュール等が間に合っておらず、着用イメージが分かりづらい点も多々あるかと感じております。ぜひお気軽にお問合わせください。個別にご対応させていただきます。

・商品概要

商品名・サイズ:



・シルクパジャマミントグリーン(トップス/ボトムス)

サイズ展開:S、M

・シルクパジャマピンクベージュ(トップス/ボトムス)

サイズ展開:S、M

・シルクパジャマエレガントネイビー(トップス/ボトムス)

サイズ展開:S、M、L

寸法:下記をご参照ください。

生地:シルク100%

価格:¥25,900(税別)

※トップス/ボトムスは別売りとなります

発売日:2020年4月20日(月)

・新作の3つのポイント

・1:日本の古来から続く伝統的な美の色彩から着想した3色のバリエーション

日本の古来から続く伝統的な美の色彩から着想した3色のバリエーション日本人は古来より、染織物や陶芸などに多彩な色合いを古来から取り入れ、侘び寂びの世界などを表現してきました。人の五感の割合は、「味覚1.0%、触覚1.5%、臭覚3.5%、聴覚11.0%、視覚83.0%」とも言われており(*1)、視覚から得る情報は非常に多く、その構成要素のなかでも「色」というのはとても大きな意味を持ちます。

1日の1/3程度を睡眠に当てるからこそ、視覚(デザイン)・触覚(着心地)の観点からもリラックスできるよう、日本の伝統色から着想を得た3色を製作しました。爽やかな青磁色のミントグリーン、柔らかな薄色のピンクベージュ、落ち着いたエレガントネイビー。の3つのカラーバリエーションです。

*1)参考文献
https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000181979

▪穏やかな気持ちを作る

伝統色「青磁色(緑)」→ミントグリーン

青磁の神秘的な浅い青緑色は、心身の疲れを癒し、気持ちを落ち着かせてくれます。朝目覚めてすぐに爽やかな気分になれる、優しいグリーン。



▪ささやかな幸福感を与える

伝統色「薄色(ピンク/紫)」→ピンクベージュ

薄色(うすいろ)とは、和漢植物の紫根と椿の灰汁(アク)またはミョウバンで染めた薄い紫色のこと。着ていると心が温まるような安心感と幸福感を与えてくれます。性別を問わず着られる上品なカラー。



▪心を沈めるエレガントネイビー「勝色」

伝統色「勝色(ネイビー)」→エレガントネイビー

身につければ深い眠りに誘ってくれそうな、紺よりもさらに濃い藍色。「勝色」はその名から縁起色と言われてきたそう。肩肘張らずに験を担げる、粋なネイビー。



・2:シルクならではの経年変化が楽しめる、睡眠の最高のお供。



シルク(絹)は、蚕の繭から作られるタンパク質からできた天然繊維です。人の肌に近いアミノ酸が豊富に含まれているため、人の皮膚や健康にもよい機能性を持ち合わせ、着る美容液とも言われています。

一方、繊維はコットンよりも細く繊細。着た数の分だけ、木々が年輪を刻むように生地の風合いは洗うほどに変化していきます。

着用して6ヶ月もすれば、身体のラインに沿ったシワがパジャマに現れ、変化を楽しみながらおくつろぎいただけます。

また、トップスは運動量を保ちつつ、より洗練されたシルエットを追求し、パンツはヒップの見え方が綺麗になるようパターンを修正しました。更には肌に当たるものを前提とした柔らかいブランド・品質表示タグを選択。サイズピッチの振り幅を広げることで、より多くの方の体型にフィットするデザインとなりました。



・3:裏返ししても綺麗。肌にストレスがない仕様やシルエットを研究。

FooTokyoのパジャマを手に取ったら、是非一度まるっと裏返してみてください。通常、衣類の裏面は布と布を縫い合わせた“縫い代”の部分が見え、文字通り裏の顔になります。

しかし、FooTokyoパジャマは裏返しても着られそうなほど綺麗。それは肌に直接あたる縫い代の仕様を、布の端を隠す“袋縫い”にしたから。布の端が肌に触れることなくストレスを与えないため、どこに触れても滑らかで素肌に吸い付くような着心地に。

柔らかく繊細な生地であるシルクは、こうした細かな縫製にも高度な技術が求められます。Fooパジャマはトップメゾンを支える日本の縫製職人の熟練した技術に支えられ、作られています。



・FooTokyoについて

「家に帰ってから家を出るまで」の時間・空間をデザインするライフスタイルブランドFooTokyo。高級ルームウェア・パジャマやタオルギフト、ナイトコスメ等を展開しています。

---BrandStatement---

常に大量の情報に囲まれて誰かとつながっている状態で、心から休める瞬間が少なくなってきた現代。休めないと気持ちが落ち込んだり、調子が出なかったりと元気がなくなってきます。心から休める絶対的な時間が少なくなってきた現代だからこそ、その質を高めることで元気にしていきたい。そんな思いでFooは誕生しました。

人はリラックスするとき、「ふぅ」とゆっくりと息をはきます。カラダの中にある嫌なものを吐き出すように。それはため息とは違う、安らぎの象徴のセリフ。Fooはその瞬間のために生まれたブランドです。忙しい仕事や人間関係で疲れた身体・心に明日を輝かせる安らぎをお届けします。

<企業情報>

会社名:株式会社NextBranders(設立:2017年12月)

代表者:桑原真明

所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-6-201

事業概要:商品の企画・製造・販売(アパレル、化粧品)

メディア運営事業

BrandSite:https://brand-foo.com/

Instagram:https://www.instagram.com/footokyo_official/

企業プレスリリース詳細へ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000032761.html

PR TIMESトップへ
https://prtimes.jp/

関連記事