簡単おしゃれなトートバッグ/エプロンの手作りキットが登場!タケヤリの帆布でハンドメイドを楽しもう【おうち時間】

もうすぐ7月、夏真っ盛りの時期になります。

今年は遠出はできませんが、そろそろ夏休みの計画を考え始める方もいるのでは?

なかなか外出のできない昨今ですが、家族とおうちで過ごす夏休みも良いものでしょう。

今回は、そんな皆さんがおうち時間を楽しく過ごせるように願いを込めて、手作りキットを2種販売します。

「作って楽しい、使って便利」。そんなキットになっているので、ぜひご覧ください。

■①手作りロープバッグキット■



1つ目は、こんなトートバッグが作れるキットです。

生地のホワイトデニムは、手軽に縫える薄さでありながら高耐久。

明るいアイボリーの色はどんなコーデにも合って、爽やかな印象を与えてくれる優れものです。赤い糸が織り込まれた耳(生地の端の部分)がアクセントになって、飽きの来ないデザインになっています。



【手作りロープバッグキット】

¥2,000+税

■②手作りエプロンキット■



新商品の2つ目は、エプロンが作れるキットです。

こちらの生地は平織で織られたやわらかい布で、一般的な帆布よりも薄手で縫製がしやすくなっています。

ロープバッグと同様、あたたかみのある生成のカラーが魅力的。ナチュラルでやさしい綿の風合いが美しく、キッチンに立つたびに気分を上げてくれます。



この手作りエプロンも、どう作るかは自分次第。こちらの画像のようにギャルソンエプロン風に仕上げるのも良いですね。

平織は通気性が高く、軽い生地になりますので、衣服のハンドメイドに適した織り方と言われています。いろいろなアレンジをお楽しみください。



また、紐は全部で4種類あります(左からネイビー、ラベンダー、ブルーグレー、ベージュ)。

こちらは「真田紐(さなだひも)」と呼ばれる、伝統的な織物。伸びにくく丈夫なので、昔は荷物や重いものを真田紐で結んで持ち運んだそう。日本人の生活に根ざした工芸品です。

実用性に優れながら、美しい模様も特徴的。4種類の柄から、お好きなものを選んでくださいね。

おうち時間が増えて、料理をする機会が多くなった方は多いのではないでしょうか?

おいしい料理を作る時は、お気に入りのエプロンを身に着けたいものです。毎日使うものだからこそ、自分の手で大切に作ってみてはいかがでしょうか。



【手作りエプロンキット】

¥2,500+税

真田紐カラー:ネイビー、ラベンダー、ブルーグレー、ベージュ

■タケヤリのおすすめ商品■

明治時代の創業から130年以上続く、老舗の帆布工場タケヤリ。

私たちはさまざまな帆布製のバッグを製造・販売しており、ご好評いただいています。

帆布の特徴は耐久性と綿の風合い。

シンプルで洗練されたデザインでありながら、綿のやわらかい風合いがコーデ全体をやさしく整えてくれます。



ジッパートートバッグM】

¥10,000+税

こちらのジッパートートは、上品な印象を与える小ぶりのバッグです。

湿気に弱いレザーに対してこちらのバッグは撥水加工がされており、梅雨の時期は特に活躍してくれることでしょう。

カラーバリエーションやデザインも豊富で、どなたでもお気に入りの一品が見つかるはず。ぜひオンラインストアでご覧ください。



タケヤリでは、男女問わず長く使い続けられるバッグを多数取り揃えています。

また既製品だけでなく、今回紹介した手作りキットのような生地販売もおこなっています。

おうちの中でも外でも心を踊らせるアイテムに、これからもご期待くださいね。

■記事内で紹介した商品■

【手作りロープバッグキット】 ¥2,000 + 税
https://bit.ly/2V7n0Re

【手作りエプロンキット】 ¥2,500 + 税
https://bit.ly/3i8vL7q

【ジッパートートバッグM】 ¥10,000 + 税
https://bit.ly/37UROK2

タケヤリの公式オンラインストアはこちら↓
https://bit.ly/37QQacr

--------------------------------------

【明治21年創業帆布の老舗タケヤリ】

明治21年(1888年)創業。岡山県倉敷市のタケヤリは、倉敷の帆布の半分以上を作る老舗の帆布工場。

日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れに始まり産業資材としては、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り、日本の歴史と人々の生活に寄り添ってきました。

綿糸の整経から織布、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。

それぞれの工程に人の手が入る事で、ぬくもりのある高品質な帆布が生産できる。

「帆布といえばタケヤリ」と呼ばれ続ける理由がここにあるのかもしれません。

なかでもタケヤリが保有するセルビッチのシャトル織機はタケヤリにしか織ることができない、超高密度の極厚帆布を実現、高度な職人技術と受け継がれる織機が最高品質を保証しています。

タケヤリが織る最高品質を保証する櫻星をまとった超高密度帆布、帆布製品は、今もなお、国内だけでなく世界中で愛され続けています。

--------------------------------------

会社HP:http://takeyari-tex.co.jp

公式オンラインストア:https://takeyari-tex.com

Facebook:https://www.facebook.com/takeyaricanvas

instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas

イベント情報instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas_staff

企業プレスリリース詳細へ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000037247.html

PR TIMESトップへ
https://prtimes.jp/

関連記事