鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開

「MAQUIA」8月号では、鈴木えみさんの美容哲学をフィーチャー。えみ自身が研究してたどり着いた“自分に一番似合うメイクアップ”とは? そのメソッドをお見せします!

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の2枚目の画像

目次 [開く]

私らしく生きるために必要なチカラ
鈴木えみ、美容愛を語る。

鈴木えみっぽさをつくり出す!
えみ的メイクルール

Eyebrow
「眉毛はデッサンする感覚で、一心不乱に描いてます」
「昔は『眉毛いらなくない?』と思っていた時代があって(笑)。でも今は骨格を際立たせる大切なパーツだなと。まずペンシルで全体を描き、スクリューブラシで柔らかさを。その後パウダーでふんわり太さを出してゆきます。とにかく緻密に、丁寧に」

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の3枚目の画像

1「いつもAmazonでポチっている眉ペンシル。黒髪によく似合うダークなグレーがイイんです」。反対側にはリキッドペンが。ブロウラッシュEX ウォーターストロング Wアイブロウ グレイッシュブラウン ¥1200/BCL 2「主に左の色を使用。ボテッとつきすぎず、眉への“ノリ”がちょうどいい!」。ブロー:パレット シール ブラウン/ストーン グレイ ¥4000/シュウ ウエムラ 3「先端が極薄のブラシは毛を1本単位で再現するのにベスト」。YANE HAKE プレシジョン アイブラシ ¥2200/SHISEIDO 


 


Eye
「目のキワには締め色よりも、ほんのり明るいブラウンを
「あくまで私の場合ですが、影色をアイホールまで広げると目が小さく見えてしまって。ベースに使うシャドウはくぼみの手前まで。二重幅には繊細なパーリィブラウンで光を集めると、まなざしがグッと彫り深に見えるという結論に。シャドウを混ぜて深みや華やぎを増すのも、ひそかなこだわり」

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の4枚目の画像

1 軽やかな陰影を叶えるサンドベージュをベースに。ザ アイシャドウ 32 Sand Bar(P)、2「モーヴはアイシャドウの中でもよく使う好きな色み」。同 85 Shanghai Breakfast(P)、3「キラめくローズを混ぜて華やぎを」。同 21 Love Affair(P)、4「ブラウンをミックスすることで深みと肌なじみが増すんです」。同 71 Cafe Solaire(P) 各¥2000/アディクション ビューティ 5「アイライナーは必ず漆黒のものを。かすれたような黒だと光が当たったときにキレイに見えないので」。カーブした筆先でラインの角度を巧みに操れる。アーチライナーインク 01 ¥3500/SHISEIDO 6 メルティな感触でまつ毛の隙間を埋めやすく、描いた後はピタリと固まって落ちにくい。ケイト レアフィットジェルペンシル BK-1 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品 7 コブラのヘッドをイメージしたブラシがまつ毛の根元に入り込み、すくい上げるようにリフトアップ。ラッシュ クイーン コブラブラック WP 01 ¥4800/ヘレナ ルビンスタイン

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の5枚目の画像

影色(1)はアイホールのくぼみの手前までオン。モーヴ(2)ダスティローズ(3)ブラウン(4)を混ぜて二重幅にのせる。仕上げにブラシで目尻をのばし、目幅を広げて。リキッドライナー(5)は目尻側1/3のキワに。目尻をスッと延長した後、ハネ上げずに真横にほんの少しのばして。ジェルペンシル(6)で目頭からインラインを入れ、リキッドラインの境目にもトントン重ねる。光を吸収してアイフレームを強調する効果が。


 


Lip
「歩いている姿を想像してルージュの色を決める」
「顔の中で大きな存在感を占めるリップは、その日行く場所や会う相手まで考えてセレクト。もちろん1日の中で色をつけ替えることもあります。基本的にはシックな赤やブラウンなど、秋めいた色が好きかな。ベースに使うケアアイテムは、リップメイクに響かない軽やかなバームが♡」

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の6枚目の画像

1「ふっくら潤うのにベタつかないから、重ねるルージュの質感が変わらなくて◎」。唇を柔らかに整えるアボカドオイルを配合。レモンシトラスの香り。リップバーム<LC> ¥2000/RMK Division 2「SUQQUは大好きなブランドのひとつ。ルージュの質感や発色にグッときます」。ほのかに光を宿した新しいマット感のブラウン。バイブラント リッチ リップスティック 09 ¥5000/SUQQU


 


Cheek&Highlights
「派手色ピンクで頬の中央を前に出して見せたい!」
「彩度も明度も高いのに肌になじむピンクってあるんです。そんな色のチークを頬の中央にふんわりのせると、途端に立体感が増すから不思議。ハイライトはパウダーを頬骨に沿ってヴェールのように。リキッドを一番高く見せたいCゾーンにと、質感の違う2種類を併せ使いして品のよいメリハリを」

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の7枚目の画像

1「何も塗っていない風なのに肌キメが整うからスゴイ」。4色のビーズパウダーがくすみを払って透明感を。リタッチ プレスト パウダー 01 ¥6500/SUQQU 2 パーリィなアイボリー色のハイライトは抜群の肌なじみ。ボディに使っても。レ ベージュ フリュイド アンルミネール ベル ミン 30ml ¥6000/シャネル 3 ポップな見た目とは裏腹に、大人の肌に絶妙に溶け込んで立体感をくれる色。ディオール バックステージ ロージー グロウ 001 ¥4700/パルファン・クリスチャン・ディオール

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の8枚目の画像

プレストパウダー状のハイライト(1)はブラシに取って手の甲でひとはけし、頬骨をなでるようにオン。リキッド状のハイライト(2)は目の横の高い位置に指で叩き込み、光を集めて。ブライトピンクのチーク(3)は頬の内側に、縦長のスクエアを意識してふわっとのせる。


 


Base makeup
「リキッドファンデーションをコンシーラー代わりに使う」
「ファンデーションを全顔に塗ると厚塗り感が出ちゃうから、カバー力の高いものを部分使いがベスト。私はほぼ下地を塗らないので、コンシーラーだと素肌から浮いてしまう気がして。最近は高く見せたいところに明るめのファンデーションをW使いが定番です」

鈴木えみっぽさをつくり出す、えみ的メイクルールを大公開の9枚目の画像

1「目の下や小鼻、口角周りのくすみがちなゾーンに塗ってトーンアップ」。スキンケアラインで絶大な人気を誇る名品クリームにベージュの色をつけたようなファンデーション。ル・フォンドゥタン 全7色 30g 各¥30000/クレ・ド・ポー ボーテ 2「カバー力が高いのでアラの気になる部分だけに」。シェイド アンド イルミネイト ソフト ラディアンス ファンデーション SPF 50 全8色 30ml 各¥14500/トム フォード ビューティ 3「顔の中心にふわっとオン。アイシャドウのヨレ防止にも」。プードゥル ユニヴェルセル リーブル N 20 ¥6300/シャネル


 


MAQUIA 8月号
撮影/髙木健史〈SIGNO〉(モデル) ヘア/KOTARO〈SENSE OF HUMOUR〉 スタイリスト/古田千晶 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) イラスト/宮島亜希 構成・文/小川由紀子 企画/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

今、あなたにオススメ