マッサージしすぎてない!? 実は逆効果なスキンケアを貴子先生が指導!

キレイになるためにやっているはずが、実は逆効果⁉ 「MAQUIA」4月号では、美容好きだからこそ陥りやすい勘違いケアを、多くの肌を見続けている貴子先生がジャッジします。

美容好きさんこそご用心!
やりすぎスキンケア注意報

松倉クリニック代官山 院長
貴子先生
美容皮膚科医。さまざまな媒体で医療の専門知識をわかりやすく伝えている。化粧品への造詣も深い。

<!>毛穴ケアしすぎ

毛穴の詰まりや黒ずみはあり得ない! せっせと角栓を押し出したり、かき出し洗顔しているけど。

貴子先生の「良い加減」
過剰な皮脂や毛穴カバー下地の汚れを落としきれていないと毛穴が詰まり、酸化して黒ずみに。本来は毎日の洗顔で落とせるはずなので洗顔法を見直して。また肌の乾燥は毛穴をより目立たせるので保湿を重視。

POINT
指先で細かく毛穴の汚れをオフ

クレンジングや洗顔時に詰まりが多い部分を指先で円を描くようにクルクル洗う。指での押し出しは炎症や色素沈着の原因になるので絶対NG!

<!>マッサージしすぎ

マッサージするほど肌にいいはず! クレンジング中にやれば汚れもより落ちて一石二鳥だよね♪

貴子先生の「良い加減」
マッサージすれば汚れがより落ちると勘違いしている人が多いのですが、マッサージは血行促進が目的。クレンジング時にマッサージすると肌に必要な潤い成分まで奪い取ることに。おすすめはミルクタイプ。

a メイクなじみ抜群。後肌の潤いも◎。スノウ ザ ラディアント クレンジング 200g ¥5000/松倉クリニック代官山 b バリア機能を守る。チャントアチャーム クレンジングミルク バリア 130ml ¥2500/ネイチャーズウェイ(3/1限定発売)

OK
乳液やクリーム塗布の際に
優しく流すように行う
むくみやたるみが気になるときは、フェイスラインを流す程度でOK。目元は避けて。

NG
顔が変形するほど肌を動かすマッサージはただの摩擦。乾燥や肌荒れ、色素沈着の原因です!

MAQUIA 4月号
撮影/天日恵美子(モデル) 藤澤由加(貴子先生) ヘア&メイク/藤本 希〈cheek one〉(モデル) 輝・ナディア〈Three PEACE〉(貴子先生) スタイリスト/程野祐子 モデル/鈴木愛理 イラスト/雨月 衣 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/横山由佳(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

関連記事