今どき30代のショートデビューは“ツヤ”のある丸みショートが大正解!

スタイルチェンジをしたいと思う人が増える春。ショートに挑戦したいけれど…思い切りが必要だからこそ、絶対失敗したくない! そこで大人が意識すべきは、とにかく“ツヤ”。さらに丸みのあるシルエットで女らしさを加えれば、ショートデビューに相応しい満足度の高い仕上がりに。

HOW TO MAKE
“ツヤ”のないヘアは、老けて見える要因の一つ。ロングやミディアムと比べて髪の面積が小さいショートに“ツヤ”を出すには、前髪を長めに設定して髪を“面”で見せることを意識して。
またタイトすぎない丸みのあるシルエットにすることで、大人の女らしさを。
 
カットはあごラインの延長線上に後頭部の丸みが来るようにオーダー。前髪は目の下3㎝を目安に。
カラーは落ち着いたモノトーングレージュで品良く。

STYLING
①ハチ上の髪の根元に、ドライヤーで左右から風を当ててドライ。トップにボリュームを出します。
②全体に丸みを出すために、前方向になじませながらドライ。
③シアバターなどのスタイリング剤を、中間から毛先になじませます。仕上げにサイドの髪を耳にかけます。
 
POINT
硬く広がる髪質の場合は、髪質改善トリートメントなどをプラスすると、スタイリングしやすくなります。また軟毛・直毛・ペタ毛が気になる人は、パーマをかけると丸みとボリュームが出て◎。

このヘアを担当してくれたのは…深尾清太郎さん(GARDEN Tokyo)
モデル/村田日名子 文/広田香奈

GARDEN Tokyo