内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方

色っぽいしなやかな腰が憧れ! 「MAQUIA」6月号では、内田理央さんのボディラインキープ法を徹底取材。トレーニングや食生活など、今日からマネできることばかり!


憧れのあのカラダはこんな風につくられる!
\ 今日からマネできる /
美ボディモデルの美ボディ習慣10

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の3枚目の画像

美女は一日にしてならず。太りにくい“痩せグセ”ボディは、毎日のちょっとしたルーティンの積み重ねから。まずは憧れモデルのカラダ習慣にクローズUP!


目次 [開く]

しなやかな腰が超絶女っぽい♡美くびれクイーン内田理央さん


“ごほうび”とセットにしたトレーニングなら毎日続く

「根っからの甘いもの好き。グラビアを始めた頃は、パッと見細いけどくびれのない幼児体型で、自分の体は魅力がないなぁと感じていました。今は最低限のトレーニングで見える部分だけ細くするワザを習得し、前より愛せる体になったように感じています。

具体的には、手脚や腰まわりを引き締めるために、短い時間で効果が出るプランクやスロー腹筋を毎日少しずつ継続。トレーニングだけだと続かないので、大好きなケータイゲームをしながら開脚したり、寝る寸前にベッド上で体をひねる運動をしたりと、『好きなこと』と『嫌いなこと』をセットにして、続けられる工夫をしています。ズボラな私ならではの美ボディ裏技です(笑)」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の1枚目の画像

Rio Uchida
1991年9月27日生まれ、東京都出身。『MORE』専属モデル。ドラマ『海月姫』『おっさんずラブ』などでの演技が話題となり、女優としてもブレイク。4月スタートの『向かいのバズる家族』(読売テレビ系)では主演を務める。


だーりお’s BODY HISTORY

《寸胴期》

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の4枚目の画像


「デビュー間もない二十歳頃。グラビアをやっていたものの、運動嫌いで腰まわりぷよぷよ。締まりがなく、寸胴ぶりが目立っていました。母から『これはヤバイよ!』と怒られ、徐々にトレーニングに励むように」

《ぽっちゃり期》

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の5枚目の画像


「これは去年の夏。実は太りやすくて、自分では痩せ期があった自覚はないかも。体を出す撮影があるときは、いつもの体幹トレーニングに加え、2~3日前から食事制限とお腹揉みで絞ります。見せる部分だけ無理せず痩せる、が基本!」


内田さんが実践している美ボディ習慣10

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の6枚目の画像

1.とにかくプランクだけは続ける!

「トレーニングの中でも、最短時間で一番効果の出るプランクだけは毎日欠かしません。体幹全体に効くうつぶせバージョン、わき腹に効く横向きの両方を1分×3セットずつ」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の7枚目の画像

2.寝る前に肩甲骨を開く

「肩甲骨の可動域を広げるため、寝る前にストレッチ用ポールに乗って胸を開きます。両腕を顔の前で合わせてから平泳ぎするときのように動かすと効果UP♪」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の8枚目の画像

3.腹筋はありえないほどゆーっくり

「ホントにきついけど、ウエストを締めたいときはコレ。プルプルしながら時間をかけて徐々に起き上がります。きついと感じてから+5回が重要」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の9枚目の画像

4.大好きなハーブティーでリラックス

「水も緑茶もコーヒーも苦手で、唯一飲めるのがハーブティー。寝る前はTWGのミッドナイトアワーティー、胃もたれしたらYogi teaのストマックイーズなどを、気分と体調に合わせてチョイスします」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の10枚目の画像

5.外食はお肉中心、家では玄米や納豆の超粗食!

「外食は赤身肉、焼鳥、鍋などのメニューを意識的に選ぶように。家では白米じゃなく玄米主義です! あと、カロリーが気になるときは納豆と豆腐でとにかくしのぐ。代謝がよくなるMCTオイルをかけて食べることもあります」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の11枚目の画像

6.チョコはカカオ多めonly

「高校生の頃は甘いもの中毒で、糖尿病寸前&かなりのぽっちゃりさんでした。今は糖分断ちしていますが、チョコだけは食べてもOK。原材料名の最初に“砂糖”と書いていない(砂糖の割合が多くない)ものを選ぶのがこだわり」

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の12枚目の画像

7.時々スムージーに頼る

「お仕事のある日は、用意された朝食をガッツリ食べますが、前日食べ過ぎたなぁというときは、ダイエット用スムージーを飲んで腸内をすっきりと」。エンザイムフローラプラス 60包入り(シェーカー付き)¥60000/スリムビューティハウス

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の13枚目の画像

8.デトックス系入浴剤で発汗

「きき湯は体がすごく温まるし、手頃でたっぷり使えるのが魅力。オリエンタルパックは塗ったまま湯船に入ると、漢方風呂みたいになって気持ちいいんです」。(右)オリエンタルパックEX 720ml ¥80000/スリムビューティハウス (左)きき湯 ファインヒート スマートモデル ホットシトラスの香り [医薬部外品] 400g オープン価格/バスクリン

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の14枚目の画像

9.肩のこわばりは都度ほぐす

「首や肩が凝ってるなぁと感じたら、携帯しているロールオンタイプの温感オイルをつけてマッサージ。甘い香りも心地よく、リラックス効果大♡」。ルルドビオ3R ネロリーズ 7.5㎖ ¥3600/美・ファイン研究所

内田理央のくびれは10個の習慣で作られてる! 女っぽいボディの作り方の15枚目の画像

10.激安着圧ソックスでむくみ対策

「お気に入り着圧ソックスは、なんとドン・キホーテで約100円(笑)。安いので、ガンガンはき倒しています。太めのボトムなら響かないので、下にはき込んでいることも多々。起きている間中愛用して、いつでも脚のむくみケアを!」

MAQUIA6月号

撮影/資人導〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/篤史〈S.P.E.C.〉 スタイリスト/西野メンコ 取材・文/栗田瑞穂 構成/若菜遊子(MAQUIA)

【MAQUIA6月号☆好評発売中】

関連記事