赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツー

クールな顔立ちに、女らしい華やかさを! 「MAQUIA」4月号では、千吉良恵子さんが「キレイ」と言わせる春メイクを提案。今回は、男顔×シンプルタイプさんのメイク成功ルールをご紹介します。

目次

ほめられ春メイク 男顔×シンプル「キレイ」と言わせるmake-up成功ルール


赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの2枚目の画像

言われて嬉しいほめ言葉はこれ!


1位「キレイ」 2位「肌キレイ」
すっと和寄りのクールな顔立ちだから、温かみを感じる色気や華やかさを足すのが美人映えするコツ。目もとと唇に温かみのある赤みをにじませ、女らしい華やかさをプラス。今春はくすみ色をチョイスして甘くなり過ぎないようにコントロール。


赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの3枚目の画像

甘さを巧みにコントロールした、使いやすいパレット。1品でいい感じに今っぽくなる。相性のいいくすみピンクリップとセット。
シーズンコレクションキット 2019 ¥7800/THREE(3月3日限定発売)

POINT 1 赤みシャドウがにじんだ華やか目に


赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの4枚目の画像

アイホール全体にA-aをのせたら、bを目のキワと下まぶたの目尻側にライン状に。cを上下の目尻側に入れ、dを下まぶたの目頭寄りにオン。

赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの5枚目の画像

上品な女らしさを演出するマットなバイオレット。
ルージュ アリュール リクィッド パウダー 964 ¥4200/シャネル

POINT 2 くすんだ赤みで色気と華やかさを


赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの6枚目の画像

色気と華やかさの両方が欲しいなら、くすみがかった赤み系リップを選ぶのが正解。唇の中央から塗り広げ、リップの厚みを出さないように。

赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの7枚目の画像

目もとと唇のつなげ役となる、存在感を感じさせないニュアンスチーク。
トワニー ララブーケ ブラッシュフレッシュ BE-01 ¥4300(セット価格)/カネボウ化粧品

赤みを足して美人映え◎ キレイを叶えるセルフメイクを詳しくハウツーの8枚目の画像

ピンクコーラル。
ラ ラッククチュール 111 ¥3200/イヴ・サンローラン・ボーテ


MAQUIA4月号


撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/絵美里 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/火箱奈央(MAQUIA)

関連記事