ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡

性能のいいカメラがどんどん出てきて、一眼レフを購入する人も多いのでは?せっかく一眼レフがあるんだったら、オートではなくマニュアルで自分らしい写真が撮りたい!そんな方のために一眼レフのマニュアル基本操作をレクチャーします。

目次

そろそろオートではなく、マニュアルで写真を撮ってみたい!

ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の1枚目の画像

一眼レフを持っていても、マニュアルで撮るにはまずはカメラの基本知識が必要。カメラを持ってお出かけすることも多くなって、だんだん操作にも慣れてきた!そんなあなたは、マニュアル操作を覚えてステップアップしてみませんか?


大切なのは “ 露出 ” !

ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の2枚目の画像

露出とは、写真を撮るときにカメラに取り込まれる光の量のこと。その光の量は、絞り(F値)、シャッタースピード、ISO感度という3つの数値を組み合わせて決まります。

この組み合わせを変えることで、明るさを変えるだけでなくぼけ感のある写真が撮れたり、夜に星が動く様子を写すことができるんです!それぞれの数値について、詳しく説明します。 


絞り(F値)

ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の3枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の4枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の5枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の6枚目の画像

まずは、絞り(F値)から!このF値を変化させることで、後ろがぼける写真を撮れたり、ハッキリとした風景写真を撮ることができます。F値が小さな数値になるほどぼけ感が増し、大きな数値になるほど少なくなっていきます。

また、F値を変えると絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。絞り値を小さくすると絞りが開かれてレンズを通る光が多くなって写真は明るくなり、絞り値を大きくすると絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなって写真は暗くなります。

ポートレートのようなぼけみのある写真が撮りたければF値を小さく、風景のような全体をしっかり写した写真をとりたければF値を大きくするのがおすすめです。


シャッタースピード

ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の7枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の8枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の9枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の10枚目の画像

続いては、シャッタースピード!シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間。このシャッタースピードを変えると、動いているものを撮るときブレない写真を撮ったり、逆に残像の残る写真を撮ったりすることもできます。

シャッタースピードが遅い(30’’)と、そのぶんシャッターが開いている時間が長いので物の動きがわかる写真を撮ることができ、シャッタースピードが速い(8000)と撮る物を写し止めることができ手ブレも少なくなります。

また、シャッタースピードが遅いと取り込む光が多いので写真は明るくなり、早いと光が少ないので写真は暗くなります。星がゆっくりと動いている写真を撮りたい場合は三脚でカメラを固定し、シャッタースピードを思い切り遅くします。

スポーツ大会など動きのある人をしっかり撮りたいときはシャッタースピードを早くするのがおすすめです。


ISO感度

ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の11枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の12枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の13枚目の画像
ちゃんと使いこなせてる? 一眼レフのマニュアル操作基本講座♡の14枚目の画像

最後にISO感度について。ISO感度とはレンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの数値のこと。なので、ISO感度が大きいほど写真は明るくなり、小さいほど写真は暗くなります。

なので絞りやシャッタースピードでは、どうしても写真が明るくならないときに助けてくれるのがこのISO感度になります。このようにこの3つの数値をいくつも組み合わせて写真を撮ることができます。

ぜひさまざまな数値の組み合わせを試して、お好みの写真が撮れるように研究してみてくださいね。

関連記事