目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本

「私は目が小さいから…」「メイクしてもそんなに変わらない」と思っている方。アイラインや下まつげのマスカラなど、細かいところを省いていませんか?

手順を踏んで丁寧にメイクすれば目は大きくなる!デートの前日でも今すぐ役立つ、デカ目メイクの基礎をレクチャーします。

目次 [開く]

なりたいのは・・・大きくて印象的な瞳!

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の2枚目の画像

誰もが憧れるぱっちりアイを作るコツは、アイシャドウを使ってグラデーションを作ることと、アイラインを仕込むこと!今どきの“囲み”テクで、自然なデカ目を作る方法をご紹介します。

<使用するアイテム>

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の3枚目の画像

A.ブラウン系アイシャドウパレットB.ペンシルアイライナーC.リキッドアイライナーD.マスカラ下地E.マスカラ

上段右からアナ スイ スムース アイライナー WP 001 2200円、ディーアップ シルキーリキッドアイライナー WPBRBK 1300円
下段右からヴィセ リシェ グロッシーリッチアイズ BR-1 1200円、エテュセ ラッシュバージョンアップ 1000円、ファシオ パワフルカール マスカラ EX (ロング)
1200円

アイシャドウ

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の4枚目の画像

① Aのシャドウパレットの右下(濃いブラウン)をチップにとり、二重の幅より少し狭くのせる。

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の5枚目の画像

② シャドウパレットの左下(薄いブラウン)を指にとり、二重幅より少し広めにのせる。①で塗った濃いブラウンをぼかすようなイメージで!

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の6枚目の画像

③ 今度はシャドウパレットの右上(ベースカラー)を筆でアイホール全体にON。目を伸ばすように、目尻は長めにつけて。

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の7枚目の画像

④ パレットの右下(濃いブラウン)を下まぶたの目尻~黒目の下までのせる。さらにパレットの左下(薄いブラウン)を目尻から目頭の4/5程度まで入れる。

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の8枚目の画像

⑤ パレットの右上(ベースカラー)を筆にとり、目頭から目尻までつける。④のグラデをなじませて、上下ともにグラデシャドウが完成!

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の9枚目の画像

⑥ パレットの左上(ハイライト)を指にとり、まぶたの中央と黒目の下にON。こうすることで目に立体感と丸みが出ます。


アイライン

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の10枚目の画像

① Bのペンシルライナーでインサイドラインを引く。② Cのリキッドライナーで目のキワに、目尻から少しはみ出すくらいの長さでラインを引く。

マスカラ

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の11枚目の画像

① Dのマスカラ下地を根本からつけてまつ毛を上げる。コームタイプを使うとダマができずきれい。② Eのマスカラを重ねづけする。下まつ毛にもしっかり塗って、上下の幅を強調。


完成!!

目力の秘訣は“下まぶた”。ぱっちりデカ目をつくるアイメイクの基本の1枚目の画像

瞳を囲んだグラデシャドウとラインの効果で、思わず惹きつけられる印象的な目元に。流行の単色シャドウもいいけれど、デートや告白などここぞというときはグラデアイで勝負!ぜひ、試してみてください♪

撮影/アベユキヘ

関連記事