年末年始を迎える前にチェック!整理収納アドバイザーが教える「冷蔵庫のお片付け術」

目次

まずはじめに「全部だす」

片付けを始める時に一番大切なことは「全部出す」です。

少し大変ですが、ぜひ一度冷蔵庫の中を全部出してみてください。思っている以上に沢山のものが入っていると感じられるかもしれません。

一度全部出したら、良い機会ですので中を重曹やアルカリ電解水などで拭いていただき、キレイに掃除してください。これだけでも、キモチはぐっとスッキリします。

全部出したら、賞味期限が切れてしまっているものや使わない調味料などがないか確認し、「いるもの」と「いらないもの」に分けます。

いらないと判断したものがあったら処分を検討してみてください。

グループにまとめる

「いるもの」(使うモノ)だけになった食材をグループにわけていきます。

パン食のときに使う食材を「パン食セット」、ごはん食のときに使う食材を「ごはん食セット」、などのように使うときに合わせて分類したり、「デザート」「納豆」「粉類」など、食材ごとなどにざっくりグループに分けてまとめます。

収納グッズをそろえる

冷蔵庫は奥行が深いので、直接入れるより、トレーやカゴにいれて収納したほうが使いやすいです。

冷蔵庫の大きさを計測して幅や高さにあった収納グッズを準備します。

他にも100円均一ショップなどで、様々な冷蔵庫収納グッズが売られています。チューブ型の調味料を入れる収納グッズなどもあるととても便利です。

収納グッズにラベリングをしておくと決めた収納が崩れず、家族もわかりやすくなるのでぜひラベリングもしてみてください。

場所を決める

次に、どこに何をいれるかを決めていきます。よく使うモノは取り出しやすいところに。

取り出しにくく見えにくい上段はあまり使わないものを納めていくと使いやすくなります。

作り置きやあまったおかずなどを保存しておくための、フリースペースも必ずあけておきます。そうるすことで、決めた収納がくずれにくくなります。

フリースペースは見やすい位置にしておくと使い忘れなどがなくなります。

余ったおかずなどはお皿にラップではなく保存容器に入れると重ねることができ場所もとりません。容器をそろえるのが、見た目がよくなるコツです。

野菜室のポイント

写真のように、使いかけ野菜のエリアを作っておくのがおすすめです。うっかり使い忘れて食材をダメにしてしまったり、重複買いを防ぐことができますよ。

冷凍庫のポイント

冷凍庫は、深さがあるのでたてて収納しましょう。

冷蔵庫の中を片づけて中身をすべて把握できるようになると、食材を探す時間がなくなり時間短縮に。冷蔵庫を開けたままで探すこともなくなるので省エネになります。

また野菜室と同様、食材を腐らせてしまったり、賞味期限をきらしてしまうこともなくなり、ストレスがグッと減ります。掃除もしやすくいいこと尽くしです。

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫を使いやすくして、家事ストレスを減らしませんか?この機会にぜひ冷蔵庫のお片付けをしてみてくださいね!

「#片付け」の記事をもっと見る

関連記事