あなたはやってない?悪くないけどちょっと惜しい…!3つのちょいダサ眉メイク

目次

【NGメイク1】黄色過ぎ(明る過ぎ)眉

ヘアカラーをしている方に多いのが、黄色みが強い眉です。

アイブロウペンシルやパウダー、マスカラも黄色っぽく発色することが多いので、意外と陥りがちな失敗ポイント。

最近は寒色系で透明感のあるヘアカラーが人気なので、髪色に合わせてグレー系やくすみ系の色味のアイテムを選んでみてくださいね。

【NGメイク2】アンダーライン下り眉

眉のアンダーラインが眉尻に向けて下がってしまう眉の描き方をしている方も意外と多いんです。

平行眉が主流の今は「眉山の真下までは地面と平行」を意識して、アンダーラインを真っ直ぐ描いてみてください。

眉山の真下から眉尻にかけて、緩くカーブさせながら繋げると、自然な平行アーチ眉になります。

【NGメイク3】しっかり眉頭

眉の形を美しく描こうとするあまり、つい濃くなってしまう眉頭。

基本的に眉頭はペンシルやパウダーで色をのせるのは×。

眉頭を避けて眉を描いたあと、スクリューブラシを使い眉頭に向かってボカしていくのがコツです。

【正解メイク】理想の平行アーチ眉の描き方

残念ポイントを改善すれば、トレンド感抜群、美人見えする正解眉になることができます。

・眉の色味は髪色よりも1~2トーン明るい「アッシュ系」の色

・アンダーラインは眉山の下まで「地面と平行」

・眉頭は描かずにボカす

このポイントを意識して眉メイクに挑戦してみてくださいね!

使用カラコン/POPLENS SCANDI[オリーブ]

関連記事