髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選

目次

NGメイク①ベースメイクのトーンが暗すぎる

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の1枚目の画像

ハイトーンヘアの時は、髪の色が明るい分いつもよりも肌の色が沈んで見えたり、くすみが気になりやすくなります。

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の2枚目の画像

ベースメイクをする時に、パープル系やピンク系のコントロールカラーを仕込むことで、いつものベースメイクに肌の透明感や血色感を足しつつ肌を明るく見せることができます。

コントロールカラーは肌が明るく見えやすいので、顔の中心に塗るようにすると、首との境目もナチュラルに見えます。

コントロールカラーは難しいと思われる場合は、ファンデーションのカラーをワントーン上げて顔の中心部分のみにのせるようにしてもOKです。

NGメイク②眉毛の色味が暗すぎる

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の3枚目の画像

ハイトーンヘアなのに、自眉毛の色がそのままだと眉毛の印象が強過ぎてしまいます。

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の4枚目の画像

髪の明るさに合わせて自眉毛の脱色をすることで、自眉毛の色味の強さを柔らかく見せられます。

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の5枚目の画像

さらに髪の色味に合わせてカラーを足すとニュアンスカラーが加わってよりヘアカラーとなじんで見えます。

脱色する以外だと、アイブロウマスカラで明るめのものを自眉毛にのせてニュアンスチェンジをするのも◎。

NGメイク③アイメイクが濃すぎる、ダーク過ぎる

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の6枚目の画像

ハイトーンヘアに色が濃いメイクを合わせてしまうと、ギャルメイクに見えがちです。

髪色変えたら絶対やって!プロが教える「ハイトーンヘアさんの実録NGメイク」3選の7枚目の画像

ギャルっぽく見せたくない場合、髪の毛のカラーに合わせて、色素薄い系メイクにシフトしましょう。

色素薄い系メイクのポイントはアイラインとマスカラのカラー選びです。透明感のある発色で柔らかい色味のアイライン、ブラウン系のマスカラで合わせると程よく引き締めながらもアイメイク全体に抜け感が出ます。

マスカラもボリューム出すというより、まつげの存在感を際立たせるくらいの繊細な仕上がりのものを選ぶのが◎。

アイメイクも色素薄い系にシフトすると、ヘアスタイルからメイクまで全体的に透明感のある仕上がりになります。

いかがでしたか?ハイトーンヘアにチャレンジしたら、メイクも合わせられるようにチャレンジしてみてくださいね!

関連記事