正しい位置に入れるだけで顔の形が整う!顔のカタチ別美人チークの入れ方

目次 [開く]

まずは基礎から!チークを入れる基本の位置はここ

黒目の外側から下にまっすぐ下がった線と、小鼻から耳の中央を結んだ線が交わる部分。
これがチークの基本位置です。

顔型が卵型の方はこの位置にチークを入れるのがオススメです。

また、顔型がベース型の方もこの位置にチークを入れ、気になるエラの部分にも軽くチークやシェーディングカラーを入れると気になる部分がカバーされるますよ。

面長さんのチークの入れ方

面長さんは鼻先と耳の中央を結んだ位置に、楕円形に入れるのがおすすめ。
顔の横幅を出すことで、顔の長さが気にならなくなるので、チークも横に広げます。

膨張色の薄いピンクや頬がふっくら見えるパール入りのチークを使うのもおすすめです。

丸顔さんのチークの入れ方

丸顔さんは頬を引き上げるように入れるのがポイント。
丸く入れるとより頬が膨張して丸顔に見えるので、なるべく丸みを帯びないようシャープに入れます。

横に広がり気味の丸顔さんは、チークがあまり外側にこないようにしましょう!

色味はクールな青みピンクやラベンダー、ブラウンやゴールド系のオレンジなど、膨張しないすっきりとしたカラーがおすすめです。

逆三角形さんのチークの入れ方

キツい印象になりがちな逆三角形型さんは、最初にご説明した「基本の位置」に入れましょう。

その際、丸くふんわりと入れることがポイントです。
色味は面長さん向けと同じく、膨張色の柔らかいカラーがおすすめです。

チークひとつで印象はガラリと変わるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

顔のカタチと並んで鼻のカタチが気になる…という人も多いと思います。鼻のカタチもメイクで変えられるんです!こちらの記事▶「まるで整形級♡コンプレックス解消!誰でも簡単にできるノーズシャドウのコツ」でコンプレックスを解消しちゃいましょう!

「#チーク」の記事をもっと見る

関連記事