1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」

目次

チキンの旨味たっぷり!エスニック鍋

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の1枚目の画像

はじまりは、チキンと蟹(?)の旨味たっぷりエスニック鍋。そうです、蟹ではなく、カニカマなんですが、これこそが、この鍋の味の決め手と言っちゃっても良いでしょう。

鶏の旨味と、練り物の魚介の旨味の掛け算。この美味しいスープを吸ったレタス、春雨がサイコーで…いくらでも食べられそうです。

しかも、この鍋、鶏にさえ火が入れば、他はさっと火を通す程度でいいので、作るのもあっという間!お腹が空いたら、即、食べられますよ。

材料(2人分)

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の2枚目の画像

エスニック鍋
・水…400ml・鶏ガラスープの素…大さじ1(メーカーによって違うので加減してください)
・春雨…25g
・唐辛子…1本
・ニンニク…1片
・香菜…適量
・レタス…1/2玉
・カニカマ…5本(45g)
・鶏もも肉…100g

ベトナムだれ
・ナンプラー…大さじ1
・水…大さじ2
・ライム果汁(なければレモン、カボスでも)…大さじ1/2~1
・はちみつ…小さじ1
・赤唐辛子…適量
・香菜…適量

作り方

① ベトナムだれを作っておきます。ナンプラー、水、ライム果汁、はちみつをあわせます。種をとり細かく切った赤唐辛子、香菜を入れてできあがり。

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の3枚目の画像

② 鶏もも肉は薄切りにします。レタスは食べやすくちぎっておきます。ニンニクは薄切りにします。唐辛子は種を取り出しておきます。春雨は袋の表示のとおりに茹でておきます。

③ 鍋に②のニンニク、唐辛子、鶏ガラスープの素、水を入れ、火にかけます。顆粒スープをよく溶かしておきます。

④ 沸騰したら②の鶏もも肉を入れます。

⑤ ②のレタス、春雨を入れ、カニカマを入れます。

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の4枚目の画像

ちなみに今回、使用したカニカマは「カネテツ」の“ほぼカニ”。火が入ってとろんとした“ほぼカニ”は、確かに、ほぼカニ(笑)。蟹っぽいんですよー。サスガ!

⑥ 味見をして、足りなければ塩で味を整えます。最後に香菜をのせて、できあがり。

鍋のスープでもおいしくいただけますが、ベトナムだれで食べると、さらにエスニック感、満載です!ライムを搾ってどうぞ。

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の5枚目の画像

〆は、とろ~りチーズのトマトリゾット

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の6枚目の画像

アジアン気分をすっかり満喫した後は、イタリアンへ。チーズとトマトで、イタリア気分たっぷりのリゾットに変身です。

エスニックからイタリアン?大丈夫?と思うかも知れませんが、これがバッチリ。鍋のスープに入れたニンニクが、よい感じで効いてきますよ。ボナペティ!

材料(2人分)

・ご飯…1膳分
・溶けるチーズ…30g
・ミニトマト…3個
・黒こしょう…適宜

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の7枚目の画像

作り方

① エスニック鍋のあとのスープを150ml、準備します。

② ミニトマトは、2~3mmの厚さに輪切りしておきます。

③ 鍋にご飯、①のスープを入れて火にかけます。途中、焦げ付かないように底を混ぜながら、ご飯にスープをすっかり吸わせましょう。

④ 溶けるチーズ、②のミニトマトを入れ、ふたをします。

1度にエスニックもイタリアンも!ひと鍋で2倍おいしい「欲張り鍋」の8枚目の画像

⑤ チーズが溶けてきたら、火からおろし、よく混ぜてできあがり。

⑥ 黒胡椒をたっぷりかけて召し上がれ。

鍋は、美味しいし、あったまるし、野菜もたっぷり食べられるし、すぐ出来るし、一つの鍋で完結するから洗い物も少ないし…。いいこと尽くしですよね。

我が家も、この季節は、ほぼ毎日のように鍋。だけど、味が変われば、毎日だって飽きないのが、鍋。

今回のエスニック鍋からの、トマトチーズリゾット。シンプルで、簡単だけれど、深~い味わい。ぜひ作ってみてくださいね。

「#鍋レシピ」の記事をもっと見る

関連記事