そのメイク古臭く見えてるかも!?NGメイクを垢抜けメイクにするコツ

目次

古臭く見えてしまうNGメイク

そのメイク古臭く見えてるかも!?NGメイクを垢抜けメイクにするコツの1枚目の画像

NGメイク①《細眉・べたっと濃く塗られた眉》

細眉は顔に余白を増やし、お顔が大きく見えてしまいます。今は細眉は時代遅れ。また、濃い色でべたっと塗りつぶされた眉毛は不自然な上、凛々しく見えてしまいがち。重たく、力強くなってしまいます。

NGメイク②《ハイライトがギラギラ》

ハイライトがホワイト系。入れすぎはギラギラして不自然に。鼻筋のローライト、ハイライトもやり過ぎ感に繋がります。ハイライトの選び方も重要です。

NGメイク③《リップラインがくっきり・蛍光混じりのビビットカラー》

リップの形をくっきりさせる場合もあるけれど、普段メイクには×。メイクが目立ってしまう上、はっきりしすぎて肌になじみにくくなります。

また、青みのあるピンクなど、蛍光っぽいカラーのリップはお子様感が出てしまったり、今っぽさに欠けてしまうので注意。

NGメイク④《アイシャドウが暗いカラー・アイラインが黒・涙袋に大粒ラメ》

アイシャドウが暗めの色だと、目元を引き締めてしまうため目の大きさを小さく見せてしまいます。また、暗い印象を与えてしまうのも難点。

目尻も囲いすぎると一昔前になってしまいます。

また、アイライナーもブラックだと目の印象が強くなりすぎてしまいます。涙袋のラメは、大きすぎるとわざとらしく見えてしまうので注意。

NGメイク⑤《濃く広範囲に入っているチーク》

チークが濃いと、アイメイクとリップとのバランスがとりにくくなります。チークが濃い時代は終わり!血色感が出た、というくらいが最適なのでつけすぎは注意。

垢抜けOKメイク

そのメイク古臭く見えてるかも!?NGメイクを垢抜けメイクにするコツの2枚目の画像

垢抜けメイク①《眉毛はふんわりと少し立ち上がらせる》

眉毛はふんわり、元の眉に膨らみを足す程度。足りない部分を補う気持ちで、ピンクや赤みのカラーを乗せると簡単に垢抜けが叶います♡

また、アイブロウの際は少し手を上に持っていくイメージで眉毛を色付けしていくと肌につきにくくふわっとしたイメージに。

垢抜けメイク②《ハイライトはベージュカラー》

ハイライトはベージュカラーにすることによって肌なじみUP。自然な肌を演出するためにはつけすぎないことも重要。ふわっと乗せる程度にしてみて。

垢抜けメイク③《リップは旬なブラウンを指でぼかしてぽんぽん塗り》

リップは中央にそのまま乗せてから、唇を合わせてなじませたり指でポンポンして唇全体に乗せます。

今っぽさを出すにはブラウンみのあるカラーが人気。滲んだような色を出すため、ぱきっと塗るのではなく色を定着させるのが大切。

垢抜けメイク④《アイメイクは明るいカラーでアイラインはブラウン!黒目の上下に繊細なラメ》

アイメイクは明るめのカラーを。明るめブラウンやオレンジブラウン、くすみピンクがお洒落な色味。

ラメは繊細な物を選んで黒目の上下にオン。立体的なアイになれますよ。

垢抜けメイク⑤《チークはふわっと血色感程度!コーラル・オレンジが肌なじみ◎》

チークは血色感を足す程度。なでるくらいの感覚で乗せると、アイメイクやリップとの調和もとりやすくなります。

普段のメイクの中でNGメイクに当てはまるものはありましたか?垢抜けメイクにシフトチェンジし、可愛さを深めましょう♡

「#NGメイク」の記事をもっと見る

関連記事