顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選

目次

細すぎ眉

骨格や目の大きさに対して、細すぎる眉。

細眉ブームの時に眉を整えすぎて生えなくなってしまったという方に多いです。

昔は眉の上は整えてはいけないというのが通説だったので、眉の下を整えて細眉にすることで目と眉が離れて目力のない印象に見えてしまいます。

眉の基本の太さは目の縦幅の3分の2。基本より1、2mm細い程度なら違和感はありませんが、細すぎるときつい印象に見られてしまいます。

そんな細すぎ眉の解消方法はこちら。

細すぎ眉解消ポイント

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の1枚目の画像

細眉の方は目と眉が離れている場合が多いので、目と眉を近づけて自然に太さをプラスします。それだけで目力のある印象に♡

描きたいところに眉が生えなくても大丈夫。自眉よりも数mm太く描き足せば目元が印象的な今っぽい眉に。

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の2枚目の画像

のっぺり太眉

数年前に流行した太眉。今でも太眉は人気なのですが、最近は自眉感のあるナチュラル太眉が主流です。

濃く強い印象の太眉だとどうしても野暮ったく見えてしまうことも…。

そんなのっぺり太眉の解消方法はこちら。

のっぺり太眉の解消ポイント

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の3枚目の画像

これは自眉の濃さによって変わるのですが、のっぺり感が強くなりやすい濃い眉の方におすすめなのが大きめなアイブロウブラシで描くこと。

大きめなアイブロウブラシは肌に当たるブラシの面積が広いので、パウダーをのせすぎることなくふんわりエアリーに描くことができます。

自眉が濃いめ・長めなら、ササッとこれだけで自眉を活かしたふんわりナチュラルな眉に。

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の4枚目の画像

困り眉

角度をつけない平行寄りの眉もまだまだ人気ですが、眉尻が下がって困り顔になっていませんか?

元々の眉尻が下がっていなくても、眉を上に上げる癖で下がって見えてしまう場合もあります。

困り顔は寂しい印象に見えがちです。そんな困り眉の解消方法はこちら。

困り眉の解消ポイント

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の5枚目の画像

眉尻の位置は、眉頭の下ラインより下がらないのが基本です。眉山から眉尻にかけて、角度が下がりすぎないように気をつけましょう。

普段描かないところに眉尻を作るには思い切りも大事です。困り眉を解消すると、表情がぐっと明るく見えます。

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の6枚目の画像

明るすぎ眉

垢抜け感を出すのに重要なのが、眉の色です。

ヘアカラーをしていなくても、眉は眉マスカラなどで明るくするいう方も多いはず。でも、濃い眉を解消したくてつい明るすぎな眉になってしまうときつい印象に見えてしまいがち…。

髪色を変えても色で迷わないように、ベストな明るさ選びを覚えておきましょう!

明るすぎ眉の解消方法はこちら。

明るすぎ眉の解消ポイント

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の7枚目の画像

カラーコンタクトを使用する時はカラーコンタクトと髪の中間の明るさに。髪か眉に色調も合わせるとより統一感が出ます。(赤みのあるアイシャドウにあわせて赤みをブラウンの眉にするなど)

これを意識して、瞳にも髪にもなじむ色に仕上げれば、自然に美人度アップが狙えます。

顔が古臭く見えるのはまゆ毛のせい!?ダサ見えNG眉メイク&解消テク4選の8枚目の画像

いかがでしたか?少しでも当てはまるかも…という方は、ぜひ解消テクニックで今っぽい眉に挑戦してみてくださいね。

関連記事