そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「5つの残念アイメイク」

目次

【NGポイント1】アイシャドウの境目がくっきり

そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「5つの残念アイメイク」の2枚目の画像

自分は大丈夫と思っていても、案外アイシャドウの境目ってボカせていないんです。

理由は、メイクをしている時、鏡に映った自分を見る際は必ず目が開いているから。

目を開いた状態では分からなくても、まばたきをした時、節目がちになった時にアイシャドウの境目がくっきりは恥ずかしい…!

指でもブラシでもどちらでも良いので、アイシャドウの境目をしっかりボカすことで、メイクが美しくなるだけでなくデカ目効果もアップします。

【NGポイント2】残念囲みシャドウ

そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「5つの残念アイメイク」の3枚目の画像

下まぶたにもアイシャドウを塗って囲み目メイクをする時「あまり濃くならないように…」と目尻だけに入れているという方も多いと思います。

この方法、実は損してます!下まぶたの目尻だけでなく、下まぶた全体に入れた方が自然に見え、デカ目効果もあります。

全体的に入れるので無理に濃いアイシャドウを使わず、肌なじみの良い色を思い切って広めに塗ってみてください。

【NGポイント3】簡単で自然な、新しい目頭切開ラインをマスター

そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「5つの残念アイメイク」の4枚目の画像

目を大きく見せたり、離れ目のカバーのため、目頭切開ラインを引く方もいらっしゃるかと思います。

目頭切開ラインって難しいですよね。特に、蒙古襞が張っている方はNG写真のように目頭切開ラインだけ浮いてしまうことが多いです。

不自然な目頭切開ラインは消して、OK画像の点線部分を薄いブラウンのアイライナーで埋めてみてください。

ここを埋めることで、目頭部分が広がって見えるので目頭切開ラインと同じ効果を得ることができます。

【NGポイント4】下まつげのマスカラはとにかく丁寧にブラッシング

そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「5つの残念アイメイク」の1枚目の画像

マスカラは上まつげだけでなく下まつげもとっても重要です(むしろ下まつげの方が大事!)。

下まつげののマスカラがダマになっていると、一気にケバケバしいメイクに見えるし、目が小さく見えてしまうなんてことも。

下まつげは量も少ないのでなかなかキレイに仕上げるのは難しいのですが、まつ毛用のコームでとかしながらマスカラを重ねづけしていくことで、美しく長い下まつげにすることができます。

下まつげメイクはメイク全体の中でもとっても重要なので、時間をかけるべきパーツ。忙しい朝も、下まつげだけは手を抜かずに仕上げましょう。

【NGポイント5】狭すぎるor広すぎるアイシャドウ

そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「5つの残念アイメイク」の5枚目の画像

上まぶたのアイシャドウを塗る範囲は、狭すぎても広すぎてもダメです。

目を閉じて優しくまぶたを触ると眼球の形がわかると思います。この眼球の大きさまで、アイシャドウを広げると丁度良いです。

分かりにくい場合は、目を開けた時に少しアイシャドウの色が見えるくらいを意識し、目を閉じたり開けたりしながらアイシャドウを塗ってみてください。

関連記事