垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つ

目次

ちょっと強気な色っぽ跳ね上げライン

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの1枚目の画像

跳ね上げライン(キャットライン)は、凛とした芯の強い女性に見せたい時にオススメです。

跳ね上げラインをする時はブラウンなどの優しいカラーでもいいですが、ブラックでしっかり強調する方がバチッとキマります。

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの2枚目の画像

タレ目見せアイライン

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの3枚目の画像

優しそうな女性らしい印象に見せたい時は、タレ目風アイラインがオススメです。

まぶたのラインに沿ったまま、スーッと下に描き、終わり部分は跳ね上げたりせず、自然に終わらせます。

ブラックブラウンのアイライナーを使うと、ブラックより優しく、ブラウンより強調されるので、ボヤっとせず しっかりタレ目に見せることができます。

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの4枚目の画像

ナチュラルデカ目に見せる引き方

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの5枚目の画像

ナチュラルに目を大きく見せたい時は、目尻部分にのみ(目尻の延長線上)に細くスーッと描くアイラインがオススメです!

目尻にまつ毛が1本増えたような仕上がりをイメージするとやりやすいと思います。

ナチュラルメイクの時はブラウンのアイライナーを使いがちですが、ブラウンブラックで細く引くことでしっかり目力が出るのでオススメです!

ブラウンでも、もちろんOKですが、 アイシャドウの色によってはブラウンライナーが負けて目力が出ない可能性があります。

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの6枚目の画像

キュートに見せる引き方

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの7枚目の画像

最後にご紹介するのは、可愛らしく甘めな印象に見せたい時にオススメなアイライナーの引き方です。

アイシャドウやマスカラの色によってアイライナーのカラーを変えるのは大切だと思います。

このメイクだと、強いカラーは浮いてしまうのでブラウンが正解◎

目尻部分にのみ、まぶたに沿って長すぎず、短すぎないように描くとバランスが良くて可愛いです。

垢抜けにはアイラインが重要です♡今っぽアイを作るアイライナーの引き方4つの8枚目の画像

いかがだったでしょうか?

なりたい雰囲気や、アイシャドウの色などによってアイライナーのカラーや引き方を変えるだけで、グッと雰囲気も変わるのでぜひ試して見てください!

関連記事