NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡

目次

1:眉の形は黄金比がポイント

眉の形がイマイチ…メイクするたびに形がバラバラ。という人は、まず眉の黄金比を確認してみましょう。眉を整える時もこの黄金比を意識すると変わりますよ!

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の2枚目の画像

眉頭…小鼻の真上、やや内側の延長線

眉山…眉頭から全体の3分の2の位置

眉尻…小鼻と目尻を結んだ延長線

眉の太さは目の縦幅の3分の2、細めが好みの方は3分の1程度に。

この黄金比は覚えておきましょう!そうすると毎日のメイクでも「あれ?今日は眉が変」ということが減りますよ!

2:なりたい眉をイメージしてみよう

黄金比を覚えたら今度はなりたい眉のイメージをしてみましょう!角度や描き方で優しい印象に見えたりキリッとクールに見えたりするんです。

眉の形が定まらない人は、毛のある部分に描き足し、自分がどこに描き・どこを抜くか考えずに描いていることが多いので注意しましょう。

下の写真をみるとわかるように、眉の形で印象が変わりますよね。自分がどういったイメージになりたいかをまずはイメージしましょう。

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の3枚目の画像

なりたい眉をイメージしないで描いていくと、必ず左右非対称だったりいつもバラバラの形になりやすいです。

どこに描き足し、どこを抜くかを頭に入れながら眉メイクしていきます!

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の4枚目の画像

・平行眉は眉下と眉頭から眉山の上を描き足す

・角度のある眉は眉山に角度を付け、眉頭下は消していきます。眉下も角度をつける

・アーチ眉は丸みのある眉山を作ります。眉山の下も同じように丸みを付ける

毛のある部分だけを描く・眉尻の終着点をはっきりしていない人は失敗しがちなので、特に注意が必要です!

3:ふんわり眉のポイント

眉のイメージができたら実際に描いてみましょう!まずは自分の眉がどんなふうに生えているか・毛の流れを確認するためにスクリューブラシで眉をとかします。

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の5枚目の画像

スクリューブラシはアイブロウに付いているものもあるので、ブラシを持っていないという人はセットで販売されているものを探してみてください。

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の6枚目の画像

黄金比やなりたい形は頭にあるけどうまく描けない…という人は先にガイドラインを描くと描きやすくなります。

眉山・眉尻・眉の形を枠だけ描き、その後に埋めるように描いていけば上手に描けますよ!

最初から一発でうまく描こうとすると濃くなり過ぎたり逆にうまく描けないことも。失敗しても大丈夫。そんな時は綿棒やスクリューブラシを使って修正することができるので、焦らずに左右の眉と照らし合わせながらゆっくり描いてみてください。

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の1枚目の画像

今っぽくふんわり仕上げるために、アイブロウペンシルだけでなくパウダーも一緒に使いましょう。

眉毛がしっかり生えている人はパウダーだけで仕上げてもOK!斜めカットのブラシで仕上げていきます。

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の7枚目の画像

4:左右対象に描くポイント

顔全体を見ると「あれ?左右対称になっていない」と思う人は多いはず!左右対称に描けない人がやりがちはポイントは

・小さい鏡でメイクしている

・鏡と顔の距離が近い

・中心から眉頭の距離が均等になっていない

・眉頭の角度がバラバラ

などの原因が考えられます。

眉頭の角度がズレると眉全体の形がズレてしまう原因に。眉山や眉尻の位置だけでなく、眉頭の入りの角度もチェックしてみてください!

NG眉ポイント?眉メイクが残念になってしまう原因と解決テク教えます♡の8枚目の画像

鏡も大事なポイント。お家でメイクするときは大きい鏡と小さい鏡を使い、顔全体見て仕上がりを確認しましょう。そうすると、眉だけでなくアイシャドウやチークも失敗しにくいですよ。

残念ポイント、いくつ当てはまりましたか?ちょっとしたポイントを押さえるだけでも眉メイクは改善されていきます。

メイクの中でも難しいのが眉メイク。初めから上手に描ける人は誰もいません。でも必ずうまく描けるようになりますよ!

上達できるポイントを意識して明日からメイクしてみてくださいね!

関連記事