定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイント

目次

今っぽくするなら「軽やかさ」がカギ

「軽やかに仕上げる」ことが今っぽさを引き出すカギとなります。

締め色をたっぷりと塗るよりも、明るめのブラウンやベージュをササッと全体に広げた方が断然今っぽいんです。

定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイントの1枚目の画像

それに締め色の範囲が広いと、逆に目が小さく、縮こまって見えてしまうので要注意。明るいカラーは目を自然に大きくみせてくれますよ。

オーソドックスなブラウンを使ったアイメイクテク

それでは実際どのように塗っているかをご紹介していきます。

定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイントの2枚目の画像

今回は後程ご紹介する眉メイクにも使用する、UR GLAMのアイブロウパウダーBRー1をアイシャドウとして使用しています。

明るめのブラウンを全体に塗り、ベージュを黒目の上下にON!より立体感を出す為に、締め色は目頭と目尻にそっと重ねます。

また横幅を大きく見せる為に、黒目の終わりから目尻に向けて延長ラインを引くとさらに盛れますよ♡

マット×ツヤのメリハリで盛れる♡

マットなブラウンでアイメイクをしたら、そこにツヤをプラスすることで、さらに盛れちゃうんです!

ツヤをプラスするのに使用したハイライトはこちらです。

定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイントの3枚目の画像

SUQQUシマー リクイドハイライター02 飾艶KAZARIZUYA(ヘルシーゴールド)

マットなブラウンカラーを全体にふんわりと乗せたら、黒目の上と下にハイライトをぽんぽんと重ねるんです。

ギラギラなラメやグリッターは重すぎるので、上品なツヤを演出してくれるハイライトがおすすめです。

マットとの対比で、ハイライト部分がより上品に輝いて、ナチュラルに盛れちゃいます♡マット以外にも、細かいパールの入ったアイシャドウならOK!

眉は断然グラデが大事!

せっかく今っぽアイをつくったので、眉メイクもしっかり今っぽく整えていきましょう♡

定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイントの4枚目の画像

やっぱり眉毛はグラデが大事!

眉頭から眉尻まで濃淡のない眉毛はのっぺりとしてしまい、立体感がありません。眉頭は淡く、眉尻に向かって濃くなるように仕上げていきましょう。

定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイントの5枚目の画像

また毛がないところにしっかりとパウダーを乗せたり、ペンシルで描き足しすぎたりすると「抜け感」のない眉毛になってしまい、せっかくの軽やかな目元も台無しになってしまうので注意しましょう。

眉マスカラをプラスして、抜け感と立体感を!

定番ブラウンメイクでも垢抜け♡今っぽ顔を作る眉&アイメイクのポイントの6枚目の画像

暗髪さんは眉マスカラを使わない方も多いかもしれませんが、今っぽメイクに眉マスカラは必須!瞳の色と髪色の中間くらいのカラーにすることで、よくなじみ垢抜けた印象になります。

また眉マスカラで、しっかりと立ち上げるように塗ってあげると、立体感も出ておすすめです。

さらにコンシーラーで眉の回りの肌を整えると形が綺麗に見えるので、メイクを格上げしたい人はぜひやってみてください。

いかがでしたか?ナチュラルに抜け感を演出できれば、オーソドックスなブラウンカラーでも垢抜けた今っぽアイ&眉になれちゃいますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

関連記事