無意識にやってるかも?ダサ見えメイクと垢抜けメイクの特徴を徹底解説!

目次

これは避けて!ダサ見えメイクの特徴

無意識にやってるかも?ダサ見えメイクと垢抜けメイクの特徴を徹底解説!の2枚目の画像

意外とやってしまいがちなダサ見えメイク…。自分の普段のメイクに当てはまっていないかチェックしてみましょう!

やりすぎアイメイク

今はナチュラルメイクがトレンド。ひじきのようなマスカラや、太すぎるアイライン、やりすぎ涙袋は不自然に見えてしまいます。

しっかりアイメイクをしたい場合には、アイテムのカラーをブラウンにするなど、引き算してあげるとGOOD!

のっぺり眉

全体を同じ濃さで描いた、立体感のないのっぺり眉は古臭く見えがち。眉尻は濃いめに、眉頭は薄め&ふんわりさせるのがおすすめです。

濃いチーク

アイメイクやリップが濃い時は、チークは薄めにすることを心掛けて。どんな時でも濃いチークは、メイク全体のバランスを崩してしまう可能性があります。

輪郭をしっかりとりすぎたリップ

輪郭をしっかりとったリップは、日常生活では重たく見えちゃうかも…。リップの輪郭は軽くぼかすのがベター。

意識したら変わる♡垢抜けメイクの特徴

無意識にやってるかも?ダサ見えメイクと垢抜けメイクの特徴を徹底解説!の1枚目の画像

旬の垢抜けメイクは、全体的にふんわり仕上げるのがポイント。意識してみると、即おしゃれ顔が叶いますよ♪

ふんわりアイメイク

ツヤのあるピンクベージュのアイシャドウをチョイスして、ふんわり女性らしい目元に。

アイラインは目尻のみ、マスカラも1度塗りにすることで、今っぽい抜け感を演出できます。

ふんわり眉

ふんわりアイメイクには、丸みのある眉がおすすめ。色味もアイシャドウに合わせてピンクブラウン系にすると、こなれ感がUPします。

ほんわりチーク

大きめのブラシにふんわりとチークをとり、さっとひと塗りすると、ナチュラルなのにしっかり血色感のある印象に仕上がります。

カラーは、パーソナルカラーに合ったものを使うとより◎

発色のいいリップをポンポン塗り

あえて、少し濃いかな?と思うくらいのリップを指先にとってポンポン塗ると、程よい発色になるのでおすすめ。ラフな抜け感を演出できます。

いかがでしたか?今回は、ダサ見えメイクと垢抜けメイクの特徴をご紹介しました。マスク生活が続いているとはいえ、ZOOMや食事中など、顔全体が見える場面は意外と多いもの。

ぜひ、垢抜けメイクのポイントを押さえて、こなれ感のあるおしゃれ顔を目指してみてくださいね♪

イラスト:Pyom

「#垢抜けメイク」の記事をもっと見る

関連記事