もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツ

目次

アイラインの正解とは?

真っ黒で太いアイラインはNG!今のアイラインの正解はわかりやすいメイク感ではなく、さりげないデカ目効果。

やりすぎない、それでいて目が大きく見えるアイラインを目指しましょう。

ミルクブラウンアイラインでふんわりデカ目

ブラウンアイライナーを持っている人は多いのではないでしょうか。ブラウンアイライナーと一口に言っても、ほぼブラックに近い暗い色から、赤みの強いカラーライナー寄りの色まで様々です。

今回おすすめするのはこちら。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの1枚目の画像

ラブライナーリキッド  ミルクブラウンは淡いブラウン!こんなに明るい色で大丈夫?と思われるかもしれません。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの2枚目の画像

この明るさがアイシャドウ以上、くっきりアイライナー以下の、絶妙なデカ目効果を生み出すんです。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの3枚目の画像

黒目のふちから目尻にかけて引くと、ふんわり目の横幅を広げてくれます◎。

リキッドアイライナーだから、シャープなラインが描けるのもおすすめな理由です。

グレーアイラインで上品な目力を演出

グレーのアイラインはナチュラルデカ目メイクにおいて名脇役!ブラウンアイライナーより、メイク全体をキリっと引き締めることができます。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの4枚目の画像

エクストリームラッシュグレーアイライナーはウォータープルーフ。インラインに引いてもにじみにくいのが特長です。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの5枚目の画像

グレーはモード系になりがちな色なので、使い方にコツがあります。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの6枚目の画像

目頭側は目の粘膜を埋めるインライン、黒目の上はまつ毛の隙間を埋めるように塗ります。

目尻は目のきわから少し離して塗ると、目が一回り大きく見えます。

POINT

広がり方を計算してラインを引くと、ナチュラルでデカ目に見えます。

もうこれで失敗しない!ナチュラルなのにデカ目に見える♡アイラインのコツの7枚目の画像

アイライナーの色と引くポイントを工夫すれば、さりげないデカ目メイクができますよ。ぜひ試してみてください。

関連記事