ダサ見えしちゃうNGマスクメイクを垢抜けメイクにするコツ♡

目次

野暮ったく見えちゃう…NGマスクメイク

ダサ見えしちゃうNGマスクメイクを垢抜けメイクにするコツ♡の2枚目の画像

まずはマスクメイクでしちゃいけない、NGポイントを紹介します。

重ための前髪

前髪の量が多いと、顔の範囲が狭い分、暗い印象に。前髪が光を遮り影になりやすく、目元も影ができて暗く見えてしまいます。

ハイライトが見えにくい

肌が出ている範囲にハイライトがないと、ツヤ感がなく見えてしまいがち。

眉毛の色が暗い

眉毛を暗い色でベタっと塗ると、さらに暗い印象になりがちです。また凛々しく見え過ぎてしまうかも。

アイシャドウがダークトーン

アイシャドウの色が暗いと、肌までくすんで見えちゃいます。マスクをているときは暗い色は避けるべし!グレーやダークブラウン、バイオレットは暗めな印象になるので避けたほうが無難です。

アイラインが真っ黒

アイラインが黒いと瞳ははっきりするものの、抜け感が出にくくなります。きつめの印象にも。

これでマスクでもこなれた印象に♡OKマスクメイク

ダサ見えしちゃうNGマスクメイクを垢抜けメイクにするコツ♡の1枚目の画像

続いて、グッと垢抜けた印象になれるOKマスクメイクをご紹介します。

前髪は軽く

前髪を薄めに、軽くすると顔の面積が広がり肌が出て明るい顔色になります。

前髪が普段重たい人は、オイルやワックスを少しつけて束感を出してみると、肌も少し出て空間が生まれ、抜け感が出ますよ♡

目元は明るめで華やかに

目元のアイシャドウは明るめのカラーをチョイスしましょう。ベージュやラメ、オレンジやピンクなど色味のあるものを使ってみて。

目元に色をプラスすることで、肌が明るく見える効果にもあります!

ハイライトはマスクをしても見える位置に

ハイライトはマスクをあててみて、マスクから出る部分に入れましょう。パッとみてツヤがある素敵な肌を演出してくれます。

特に目の横のCゾーンと鼻の付け根に乗せると抜け感アップ!

眉毛は脱色して自分の髪色よりも明るく

アイブロウは髪の毛よりも少し明るめのカラーがおすすめです。

眉マスカラで明るめのカラーをヴェールのようにまとって抜け感を出すのもおすすめですが、セルフ脱色をするのも手間が減っておすすめ。眉の色が明るいと、それだけで垢抜けます!

アイラインはブラウンで抜け感を

アイラインはブラウンのアイライナーをチョイス。自然に見せつつもしっかりデカ目を叶えてくれる上に、カラーのアイシャドウとの相性も抜群なんです!

イヤーカフでイマドキ感

垢抜けに大切なアクセサリー。イヤーカフをつけることでトレンドを簡単に感じられる上に、こなれ感アップ!

ピアスやイヤリングよりもマスクにも引っかかりにくいので、ストレスフリーに垢抜けが叶います。

私自身もNGメイクからOKメイクに改善したことで、マスクをしていてもメイクや顔色を褒められることが多くなりました!

マスクをつけたときも、とった時も可愛くいられるメイクなのでぜひお試しくださいね♡

関連記事