ナチュラルだからどんな年齢&シーンでも使える♡究極のデカ目テク

目次

デカ目メイクBefore→After

ナチュラルだからどんな年齢&シーンでも使える♡究極のデカ目テクの2枚目の画像

Beforeはアイシャドウ、アイライン無しのマスカラ下地(透明)のみ済ませた写真、Afterはデカ目テクを施した写真です。

いかがでしょうか?

Beforeは平面的で、なんだかパッとしない印象…。Afterの方は立体感があり、目が縦にも横にもひと回り大きく見えますよね♡

メイク方法でこんなにも目の見え方が違うんですね。実際に並べてみると、目の大きさが全然違うのでビックリ!

ただ何となくメイクするより、このようになりたい目をイメージしてメイクすると、それに近づけるのでメイクって楽しいですね!

では実際にどのようなメイクを施したのか詳しく解説していきます。

アイシャドウテク

まずはアイシャドウです。

締め色をたっぷり広範囲に塗ってしまうと目が逆に小さく見えてしまうのはご存知ですか?

二重の方は特に、二重幅を潰すような塗り方は要注意です!締め色は目尻のみなど部分的に使用し、しっかりとぼかすことが重要です。

ナチュラルだからどんな年齢&シーンでも使える♡究極のデカ目テクの3枚目の画像

また二重に見せたい方や、二重の線が薄く強調したい方は、先にアイブロウペンシルで二重のラインを描き、上からアイシャドウを重ねると自然に仕上がります。

この時二重の線は濃く描いてしまって大丈夫です!自然なくらい濃く描いても、上からアイシャドウがのるので、自然にボカすことができます。

アイラインテク

アイラインは粘膜をしっかりと埋めていきます。抜け感メイクが流行っていますが、まつげの間はしっかりと埋めてあげた方が、目力がでますよ♡

ナチュラルだからどんな年齢&シーンでも使える♡究極のデカ目テクの4枚目の画像

ウォータープルーフタイプのジェルライナーが、するすると引っかからずに描けるのでおススメです。

特におすすめは、キャンメイクのクリーミータッチライナー。とろけるような描き心地と細芯がとっても描きやすいですよ!

カラーはブラックよりブラウンがナチュラルでおすすめです♡

インラインをジェルライナーで引いたら、目尻はリキッドアイライナーを使用し、流れるような自然なラインを描きましょう。

気持ち目幅より長めに仕上げると目幅が広がりますよ!

ナチュラルだからどんな年齢&シーンでも使える♡究極のデカ目テクの5枚目の画像

また、明るいベージュ系やラメ入りのアイシャドウペンシルで下まぶたの粘膜を埋めると、白目が拡張し、さらに目が大きく見えます。

私のおすすめはDAISOで購入できるUR GLAMのアイシャドウスティックです。

02のオレンジベージュのラメ入りが明るさもあり、とってもかわいい♡下まぶたの粘膜に塗ったり、ハイライトとして使っています。

ナチュラルな涙袋の作り方

薄いブラウンのアイライナーを使用し、下まつげの隙間を点置きすると毛の密度が増したように見え、目力がアップします。

また涙袋は膨張色のピンクベージュや、オレンジベージュを乗せるとふっくら見えますよ。

ナチュラルだからどんな年齢&シーンでも使える♡究極のデカ目テクの1枚目の画像

黒目の下のみハイライトをのせるとよりさらに立体感が出ます!ぷっくりさせたい部分の下に影を入れれば、涙袋の完成です。

いかがでしたか?バレずに、「ナチュラルだけど盛れるテク」なので、シーンを選ばすどなたでも活用できます。ぜひ試してみてくださいね!

関連記事